アランフエスの麗しき日々の作品情報・感想・評価

アランフエスの麗しき日々2016年製作の映画)

Les beaux jours d'Aranjuez

上映日:2017年12月16日

製作国:

上映時間:97分

2.9

あらすじ

100%思いのままに撮った生涯で初めての映画だ―ーヴィム・ヴェンダース ルー・リードの名曲『パーフェクト・デイ』とともに映し出される無人のパリ やがてカメラは、柔らかい夏の風が吹く木陰のテラスへ… 巨匠ヴィム・ヴェンダースが、盟友ペーター・ハントケの戯曲を映画化、『ベルリン・天使の詩』以来となる二人の5本目のコラボレーション。ヴェンダース最新作にして初のフランス語作品。主演は、『ヒポクラテ…

100%思いのままに撮った生涯で初めての映画だ―ーヴィム・ヴェンダース ルー・リードの名曲『パーフェクト・デイ』とともに映し出される無人のパリ やがてカメラは、柔らかい夏の風が吹く木陰のテラスへ… 巨匠ヴィム・ヴェンダースが、盟友ペーター・ハントケの戯曲を映画化、『ベルリン・天使の詩』以来となる二人の5本目のコラボレーション。ヴェンダース最新作にして初のフランス語作品。主演は、『ヒポクラテス』で、セザール賞助演男優賞を受賞したレダ・カテブと、ヴェンダース映画は『愛のめぐりあい』に次いで2本目となるソフィー・セミン。

「アランフエスの麗しき日々」に投稿された感想・評価

茉実

茉実の感想・評価

-
やっぱりフランス映画は「何が言いたい?」という作品多すぎ。
途中断念で評価なし
レナ

レナの感想・評価

2.8
小説家が執筆する内容という設定なんだけど、むしろ小説として読みたい笑 映像として観るには退屈に感じてしまった。
男と女の会話だけど、全部小説家の頭の中というのもあって独り言のように聞こえる。
naomisa

naomisaの感想・評価

3.3
男女2人がセックスの思い出を詩のように語る話を執筆中の劇作家の話。
木々や草花が風に揺れる庭が舞台となって台詞が出来ていく。
全て劇作家の頭の中の世界だという設定は興味深い。
劇作家が女性の服は青が良いと思いついて途中チェンジさせていた。
服でセックスの春夏秋冬を表現するのは舞台演出っぽい。
セックスのメモワールみたいなイメージで更年期くらいの人が観たら共感するかも。
もともと淡白な人には不向き。

懐かしいルー・リードのパーフェクト・デイとニック・ケイブのサプライズ生演奏がいい。

このレビューはネタバレを含みます

ネタバレではありません。
ごめんなさいm(__)m

【自分用メモ】
途中で寝てしまい2日がかりで鑑賞。
映画館ならアウトだ(^^;
三人の魔女こそ登場しないが
戯曲らしさは伝わった。
しかし内容は分かるようで分からず、
もどかしい。
執筆中のストーリー上で
女と男の関係は?
男は何故女に体験談を語らせる?
途中で衣装を変え、又戻した事の意味は?
男が語っていたのは旅の話しなのか
それとも女の話しに対しての比喩的な答えなのか?
ラストで作家は何故愛について思い巡らせ涙したのか?
半レム睡眠の中、
クエスチョンマークが丸い円を描きながら夏の風に演舞していた。
理解しようと思いながら観てはいけないということなのか?

評価は迷う(´-ω-`)
素敵な景色、夏の風、音楽、
可愛い犬、
美味しそうなサンガリア?とリンゴ、
机の上のミニチュアテーブルセット、
ジュークボックスの分を加点かな。
あと、女優さんの長台詞すごい(笑)

録画は消去しようかと思ったけど
眠れない夜の為にまだ残しておこうかしら?
なんて発言は失礼よ!
ごめんなさい(^^;
GoMaeda

GoMaedaの感想・評価

1.8
会話劇は好きだけど、、、
会話の中身が抽象的すぎて
ついていけなかった。
不眠症の人にオススメ(●´ω`●)
〰点数の付けようが無い
ヴィムヴェンダースの私的詩的な作品!?WOWOW録画期待したけどほぼ1.5倍速観賞、冒頭のルーリードのパーフェクトデイとニックケイブの弾き語りのみ普通に観ました😃
miho

mihoの感想・評価

3.0
10分で目と脳が画面から離れた。
木々のざわめきは耳に心地いい。

これは演劇だな舞台だなと
思ったら戯曲ベースなのね。
劇作家が作品を生んでるときの
頭の中。

言葉がたくさん出てくるのに
全然言葉が入ってこない。
私にとって今日はこの映画を観る為の
パーフェクトデイじゃなかった。

妙に終盤のまとまりがいいのは
ヴェンダースの世界観だからかな。

犬かわいい。
イントロのルーリードのパーフェクトデイと一切人が映らないパリ?の様子、音楽が流れてくるワーリッツァーのジュークボックス。は良いがそのあとは…。ポエム。そして、突然のニックケイヴ(本人!)謎な映画。思い出のモノローグなのかな…と思いつつも、なぜかSF的な終末感も感じさせる。緑の飲み物とか。でも、眠い。エンディングの曲も好き。ガスブラック。ヴェンダースといえばベルリン天使の詩、パリテキサス。
小説家の気分が味わえる。大人のファンタジー。大人の遊び。大人の妄想。大人の悪ふざけ。男と女が会話しているのだが、独り言みたいな感じ。こんな会話してる人 私は見たことない。とても不自然。まぼろし~!
いやー 寝てしまって分からなかったです。
心地よい眠りに誘う映画でした。