桜桃の味の作品情報・感想・評価

桜桃の味1997年製作の映画)

TA'M E GULIASS

製作国:

上映時間:98分

ジャンル:

4.0

「桜桃の味」に投稿された感想・評価

自殺志願者の男性が人の手を借りたくて、
その辺の青年やらおじいとドライブして話をするだけの一風変わった映画。

ぐにゃぐにゃと曲がった道が印象的。
生きたいやろが!
jim

jimの感想・評価

4.5
単純なストーリーに展開もゆっくり。静かで盛り上がりのない映画。
しかしその映像美には圧倒され、会話ひとつひとつが胸にひびく。
ラストも不思議な終わり方をする。
人生とは、人の命とは何かを考えさせられる映画。

年に1回ほど、もし死にたいと言う友達に出会ったら自分はどういう言葉をかけるだろうかということを考える。

そんな私の頼りない妄想を静かに補強してくれるような作品。
深い悲しみに沈んでいる人を理解したいという時にも、すごく役に立ってくれそう。
ユーキ

ユーキの感想・評価

4.0
生きることの意味、喜び、苦しみ
そんなことに疑問をもった人に贈る
キアロスタミ流のエール
舞台のイランの高原もキレイで見応えアリ
退屈に感じる時間が長い映画だけど
長い道のりは人生そのものを表しているよう

老人の言葉が忘れられません

最も静かに絶望から救ってくれる素晴らしい映画
Taul

Taulの感想・評価

5.0
行ったり来たりに地味な会話とアクロバティックな感動。
これがキアロスタミだ!
はぎの

はぎのの感想・評価

4.5
自殺志願者の男性を通して生と死を見つめ直す100分間。車に乗り込む”誰か”が語る言葉は決して説教臭くなく、その舌は在るべきものとして存在している。

キアロスタミ監督は時折くどく感じるほどカメラに映るべきものを映さない。だからこそカメラの外側の世界の奥行きは計り知れず、流れるゆったりとした時間も外側を見つめることでまったく退屈しないし居心地が良い。

ラストの意味は色々考えられるけど実は答えはもっと単純でシンプルなものだったらいいな。観客が深く考察すればするほど、監督がにやりと天国で笑っていたらいいな。

「神は人間に命を与え、時が来れば取り上げる
だがその時を待てない時もある
疲れ果てて待てなくなる
だから自分でその時を作る
それが自殺と呼ばれる行為だ」

時が来れば取り上げる、という表現にも目から鱗。
もしかしたらパルムドールなんて邪魔かもしれません アッバス・キアロスタミ「桜桃の味」

「友だちのうちはどこ?」と同じく主人公の目的はひたすら一本道を歩むように真っすぐです。
寄り道ひとつせずに進んでいるにも関わらず容易には目的を果たせません。
肩の一つでも叩いて「少し考え変えてみないか?」と問いかけたくなります。
が、主人公が聞く耳持たぬのは言うまでもありません。
途中イライラしながらも何たる不思議か?
いつのまにやら主人公と同じように真っすぐ目的を見据えている自分がそこにいます。

「パルムドール」というブランドからこの作品に近づいてきた者には絶対に見えてこない目的です。

まさにキアロスタミワールド
Hero

Heroの感想・評価

5.0
思いつめた男がひとり車に乗りイランの砂塵巻き荒れるジグザグ道を進みながら自殺幇助してくれる人物を探す旅を描いた生きてるうちが花なのよ死んだらそれまでよ党宣言生きてるだけで丸儲け映画。そこにはCGも無けりゃ特機撮影も無い。制作費なんて2桁、あるいは1桁かも。ゴミを売って故郷に仕送りするもの、若い軍兵、砕石機の見張番、神学生、剥製師。死ぬなよ生きろ、っていう老若男女森羅万象に当てはまるグローバルなテーマをこんなにもローカルな視点かつ単純な手法で撮ってしまうその凄さと映画そのものが持つ本来の意義を再確認。いやむしろローカルにこそグローバルが潜んでいるのではないかと、無いものばっか見てないで今持っているもの大切にしろや、“映画はグリフィスで始まりキアロスタミに終わる”っていうゴダールの言葉が真の意味で理解できたような気がする。人生なんて捉え方次第さ、視点を変えてみろ生きているから死ねるのさ、まぁあとは各々で頑張れや、というメッセージが込められた衝撃のラスト、、、なんて言われているがあれは必然だしキアロスタミは完全に全てを計算して撮っている。だからこそ凄い。ほんまにマジで死ぬほどいい映画。さくらんぼは嫌いだけど明日も生きようと思った。
人間賛歌。老人と話ながら山を下って行くと、味気ない斜面に木々が見え始める。その変遷をワンカットでおさめる手腕は、毎度見事。影の演出も◎
>|