桜桃の味の作品情報・感想・評価

桜桃の味1997年製作の映画)

TA'M E GULIASS

製作国:

上映時間:98分

ジャンル:

4.0

「桜桃の味」に投稿された感想・評価

主人公が自殺志願者なのだけど、重い内容ではなく生と死について穏やかな気持ちで考えることができる。イランの風景も美しくそこにいるような気分にさせてくれるキアロスタミの撮る作品は素晴らしい。久々に観たけどこの「桜桃の味」は歳を重ねるごとに良さがわかってくる気がする。
渋い人生経験の話。
まだ若いからようわからへん。
セリフの深さと哲学さはわかるけど。
友達のうちはどこの方が好き...
1997年カンヌ パルム・ドール受賞作。恥ずかしながらキアロスタミ作品は本作が初鑑賞。えー残念ながら私には良さが分かりませんでした。自殺志願のおやじが車で山道を走って自殺の補助者探し。その車内の会話と、走る車を写す遠景が延々続き、睡魔との闘い。寝落ち~巻き戻しを繰り返し100分を1日で観終わらず。ラストシーンの意味も分からず悶々とするばかり。最後の老人の説教は確かにいい話だったし、自殺したくなったら思い出すかもしれないけど、風景も美しかったけど、なんか時間を無駄にした徒労感が拭い去れない。
自殺志願者の男性が人の手を借りたくて、
その辺の青年やらおじいとドライブして話をするだけの一風変わった映画。

ぐにゃぐにゃと曲がった道が印象的。
生きたいやろが!
jim

jimの感想・評価

4.5
単純なストーリーに展開もゆっくり。静かで盛り上がりのない映画。
しかしその映像美には圧倒され、会話ひとつひとつが胸にひびく。
ラストも不思議な終わり方をする。
人生とは、人の命とは何かを考えさせられる映画。

年に1回ほど、もし死にたいと言う友達に出会ったら自分はどういう言葉をかけるだろうかということを考える。

そんな私の頼りない妄想を静かに補強してくれるような作品。
深い悲しみに沈んでいる人を理解したいという時にも、すごく役に立ってくれそう。
ユーキ

ユーキの感想・評価

4.0
生きることの意味、喜び、苦しみ
そんなことに疑問をもった人に贈る
キアロスタミ流のエール
舞台のイランの高原もキレイで見応えアリ
退屈に感じる時間が長い映画だけど
長い道のりは人生そのものを表しているよう

老人の言葉が忘れられません

最も静かに絶望から救ってくれる素晴らしい映画
Taul

Taulの感想・評価

5.0
行ったり来たりに地味な会話とアクロバティックな感動。
これがキアロスタミだ!
はぎの

はぎのの感想・評価

4.5
自殺志願者の男性を通して生と死を見つめ直す100分間。車に乗り込む”誰か”が語る言葉は決して説教臭くなく、その舌は在るべきものとして存在している。

キアロスタミ監督は時折くどく感じるほどカメラに映るべきものを映さない。だからこそカメラの外側の世界の奥行きは計り知れず、流れるゆったりとした時間も外側を見つめることでまったく退屈しないし居心地が良い。

ラストの意味は色々考えられるけど実は答えはもっと単純でシンプルなものだったらいいな。観客が深く考察すればするほど、監督がにやりと天国で笑っていたらいいな。

「神は人間に命を与え、時が来れば取り上げる
だがその時を待てない時もある
疲れ果てて待てなくなる
だから自分でその時を作る
それが自殺と呼ばれる行為だ」

時が来れば取り上げる、という表現にも目から鱗。
>|