J005311の作品情報・感想・評価・動画配信

『J005311』に投稿された感想・評価

Yuya

Yuyaの感想・評価

-

話題になってたやつ!
やっとこさ鑑賞。

おおー!
退屈に感じる方が長いけど、喫茶店辺りから動き出す物語り。タバコ、ラストまでとても良い!!

その為に、我慢すると反動が大きくて何だかとても大作を観…

>>続きを読む

ただ長いシーンも多く退屈はする。
けどその長さと退屈は必要だし、その長さから生まれてくるものがあった。

まあでも実際のリアルなんてこの映画のように、沈黙の方が多いし、なんとなく動きなんとなく感じ取…

>>続きを読む
はい

はいの感想・評価

-
ほかげに出演してた河野監督を知って、こちらの作品も観てみました。ザクザクした生々しさがある映像でした
酸基

酸基の感想・評価

3.5

ダルデンヌ兄弟の「ロゼッタ」を思い出す。技術に関しては何処を切っても学生の自主制作映画のように不出来で荒削り。しかし、確かにメッセージは伝わった。ファーストカットから役者の表情に向かった寄りの長回し…

>>続きを読む
橘

橘の感想・評価

3.7

このレビューはネタバレを含みます

忘れられない表情が多くあった。最後、神埼が向かっていた先に待っていたのはきっと死ではなかっただろうが、山本に押し倒されて雪道を戻る横顔には、それまで彼の抱えていた絶望や、行きずりの逃避行に対する訣別…

>>続きを読む
dropham

drophamの感想・評価

3.8

神崎は何かを思い詰めて、外に出かける。タクシーを拾おうとしたが、中々拾えずにいた。道端を座り込んでいたときに、ひったくり現場を目撃する。神崎はひったくりをした山本に声をかけ、100万円を渡す代わりに…

>>続きを読む
絶賛されていたので視聴。
正直良さがよくわからない。
映画に求めているものが違うのかも…。
『ほかげ』で屈折した帰還兵を演じていた河野宏紀が監督/脚本/出演を務めた作品。

非常に粗くて生々しいけれどこういうのもまた映画だよなと感じ入る。思いの丈は確かに伝わった。

説明的な描写はほとんど無く、登場人物に密着するようなカメラワークはとにかく見づらく、1カットが極めて長く何も変化が起きないような時間が大半を占める。録音環境も劣悪で、登場人物が何を言っているのかもは…

>>続きを読む

このレビューはネタバレを含みます

今年はこれが観れたからもういいや…
って思えるくらいぶっ刺さる映画だった。

映像もカメラワークも音も展開も
見づらくてしょうがない。
ただ、そんな事はどうでもよくて
この映画に込めた想いみたいなも…

>>続きを読む
>|

あなたにおすすめの記事