タクシー運転⼿ 〜約束は海を越えて〜の作品情報・感想・評価 - 5ページ目

「タクシー運転⼿ 〜約束は海を越えて〜」に投稿された感想・評価

ナ

ナの感想・評価

4.0
すごくすごく良い映画に出会えた。
なんて心に突き刺さる内容なんだろう。

こんな惨状の中でも、人々はあたたかくて、優しい。地獄の中にさす光だった。

色々な人の助けと犠牲により命がけで伝えてくれた貴方に敬意を。

涙と笑顔にあふれた最高な映画です。

これが実話…
もちろん脚色も交えてると思うけど…
凄まじいです。


1980年の出来事だとはとても信じがたい。


ソンガンホいいなぁー

今回の役は特にソンガンホにぴったりな気がした。
この映画が史実に基づくって本当にしんどい。
マンソプも欲が無ければ巻き込まれなかったろうに、でもマンソプじゃないと成し遂げられなかった事だっただろうなとも思う。
広州の現状を伝える為に犠牲になったタクシー運転手達のおかげで二人は帰ってこれた。
帰ってこれたから良かっただけじゃなくて、帰るに至るまでの犠牲が大きかった事、この事実を届けられた事、そしてこれが現実で起きた事
一昔前の韓国は本当に生き辛そうでこの時代を生きた人達を思うと悲しくなる。
ジェシクの屈託のない笑顔を思い出すと辛くなる。
最後のタクシー運転手には会えなかったというのも、彼のその後の安否は分からないけど余韻が残る終わり方でした。
ぱりこ

ぱりこの感想・評価

5.0
昔といっても割と最近の話なのに全然知らなかった。
観て本当によかったです。
人は犠牲になるやも知れずとも闘う、
愛する家族の将来の為に。

こんなに号泣するとは。
あのタクシー運転手さん、この映画見たのかな。
mmmmm

mmmmmの感想・評価

3.5

このレビューはネタバレを含みます

全くもって内容を知らずにずーっと観てみたいと思っていたのだが、パッケージのほのぼのさとは全く無縁の、かなり衝撃的な内容であった。

さすがのソン・ガンホ。

後半に進むにつれて目を覆いたくなるような残虐な映像に、本当に辛く、疲れているときに観るには本当に重い。

しかし、これらは事実を元に作られた映画であり、危険な目にあいながらもそれを伝えなきゃならないと奮闘した記者と、良心の呵責に苛まれるタクシー運転手、光州の人々が苦悩しながらも温かい人柄が残された、世界が知るべき映画であった。

最終的には再会することは無かったが、出来れば会わせてあげたかった。
事実というのはそんな簡単な、感動するうまい話ではないところも哀愁が漂う余韻が残る
taka

takaの感想・評価

4.1
韓国映画っぽいコメディー要素と桁違いに高いレベルでのシリアスな要素が絡み合ってこの事件の繊細な部分まで伝わってくる映画だった。表情が始まりの時は全く違う精神的に削られきっている様子が場面ごとに分かって心を完全に掴まれてしまった。ベストな一本だった
もはやハリウッド製作の映画と比べても何の遜色もない出来と、韓国映画ならではのユーモラスさ、エグさも失わないまま、ホラー的な描写も加えつつ湿り気マックスのエンディングまで、レベルが高すぎ。
うめ

うめの感想・評価

4.2
とんでもない。
この作品はすごかった。

最初に出る文のように
かなりの脚色はされていると思う。
でも
そんな事は気にならない。
伝えるべきものにちゃんと寄り添っている。
だから
これほどまでに胸を打つ。


「弁護人」もそうでしたが
実際の事件とソン・ガンホの組み合わせは外さないですね。
このソン・ガンホという役者さん。
喜怒哀楽の表現がべらぼうに上手い。
それぞれがはっきりしていながら、気持ちの変化が複雑にして滑らか。

そして
支えるユ・ヘジンがまた最高。
熱さとコミカルさの融合が素晴らしい。


光州事件。
今まで、大雑把にしか知らなかったが…
ここまでの事件だったとは。
これを作品として自国で作りきってしまう韓国映画。
やっぱスゲえ。
鰹

鰹の感想・評価

-

このレビューはネタバレを含みます

歴史に疎いので初耳でしたこの事件…。
おじさんの泣き顔に涙腺うるみっぱなしだったんだけど、いやいや何も知らんのに流されすぎちゃいけないよ、と耐えました。しかし最後のビデオレターでべしょべしょに。結局会えなかったなんて…。名乗り出なかったのは、娘さんを一番に想う、という決意というか、けじめなのかな、なんて妄想。前半からは考えられないような後半のどシリアス。面白かったし、勉強になった!