タクシー運転⼿ 〜約束は海を越えて〜の作品情報・感想・評価 - 5ページ目

タクシー運転⼿ 〜約束は海を越えて〜2016年製作の映画)

택시운전사/A Taxi Driver

上映日:2018年04月21日

製作国:

上映時間:137分

4.2

あらすじ

ソウルのタクシー運転⼿マンソプは「通⾏禁⽌時間までに光州に⾏ったら⼤⾦を⽀払う」という⾔葉につられ、ドイツ⼈記者ピーターを乗せて英語も分からぬまま⼀路、光州を⽬指す。何としてもタクシー代を受け取りたいマンソプは機転を利かせて検問を切り抜け、時間ぎりぎりで光州に⼊る。“危険だからソウルに戻ろう”というマンソプの⾔葉に⽿を貸さず、ピーターは⼤学⽣のジェシクとファン運転⼿の助けを借り、撮影を始める。し…

ソウルのタクシー運転⼿マンソプは「通⾏禁⽌時間までに光州に⾏ったら⼤⾦を⽀払う」という⾔葉につられ、ドイツ⼈記者ピーターを乗せて英語も分からぬまま⼀路、光州を⽬指す。何としてもタクシー代を受け取りたいマンソプは機転を利かせて検問を切り抜け、時間ぎりぎりで光州に⼊る。“危険だからソウルに戻ろう”というマンソプの⾔葉に⽿を貸さず、ピーターは⼤学⽣のジェシクとファン運転⼿の助けを借り、撮影を始める。しかし状況は徐々に悪化。マンソプは1⼈で留守番させている11歳の娘が気になり、ますます焦るのだが…。

「タクシー運転⼿ 〜約束は海を越えて〜」に投稿された感想・評価

1980年に実際に韓国で起きた暴動、光州事件を題材にした作品。事件の現場となっている光州地区は、情報操作のため軍部によって隔離されている。そこに乗り込もうとするドイツ人ジャーナリストを送り届けるタクシー運転手が主人公。

まず、ソン・ガンホ演ずる主人公のマンソプが、決して善人じゃないところが良い。むしろあざとく、私利私欲のためなら簡単に人を裏切る、嫌なタイプの人間だ。そのため前半は、とても「いい話」になりそうな雰囲気ではない。

そんな自分本位のタクシー運転手が、軍部の横暴を目の当たりにし、ドイツ人ジャーナリスト・ピーターの使命を理解するにつれ、友情を深めていく。その過程が、特に説明的になるでもなく、一つ一つのエピソードを通じ自然に描かれているところがこの映画の良さだと思う。

同じく実話をもとにした「デトロイト」では、特殊な状況で警官が暴走して市民に暴行をはたらいていたが、本作では軍部が同じように市民を虐殺する様子が描かれている。国民を守るはずの軍が国民に銃を向ける異常事態と、その裏に存在した人間ドラマ。緊迫した空気はどちらの作品にも通ずるものがある。

最後のカーチェイスシーンは、まさかの展開。さすがにこの辺は演出だと思うけど、エンターテイメントとしてはまあアリかと。でまラスト意外と簡単に出国できたのはどうして??

おそらく2018年間上半期No.1になると思います。
こっちからしたら、ソン・ガンホの尊顔を拝みたてまつりに劇場へやってきたようなもんなのだ

だからソン・ガンホがニッカーと笑えばこっちだって笑っちまうし、ソン・ガンホがポッローと泣けばそりゃ泣いちまう

緩急の振れ幅は終始まことに絶妙なのだが、目を覆いたくなるような残虐行為に対する、マッドがマックスな仲間たちの反撃にはヤラレタ!

韓国の黒歴史とも称される「光州事件」から40年近く経ち、こんなにも熱量の高い作品が韓国自身から世界へと発信されている事実にも胸を打たれるが、それでは終わらない

約束は海を越え、
友情は国籍、そして言語を越えていく

やられた。
tulpen

tulpenの感想・評価

3.9
おいおいっ!
前半と後半でこんなに違うのか…。
韓国の毒蝮三太夫ガン・ソンホ
この笑顔に騙された!

終盤のカーチェイスは無くてもよかった。

最後の2人の顔がイイねぇ。
それだけで十分でした。
ii

iiの感想・評価

3.5
実話ベースな。これ絶対フィクション部分やろってとこ、わろてまう、シリアスなとこやのに。イーストウッドのがすごぎて、ねえ、まぁ、韓国は韓国のやり方や、映画でも国境を越えるってのは文化とか宗教とか色々あるから並大抵のことではないね
hyak

hyakの感想・評価

-
超かるい気持ちで見に行ったのにポスター詐欺も甚だしいし ほんと同じ国旗掲げて何をしてるんだろうねほんとに、やるせないよ
緑色のタクシーのトミカが欲しい。
タナカ

タナカの感想・評価

5.0
凄い評価高いから期待して観たけど想像以上に素晴らしかった。前半のコミカルな雰囲気から徐々に状況が変わっていく流れがホント上手い、グイグイ引き込まれる。
実話モノのデトロイト思い出したけど、あれとは全く違う。こっちは映画としての見どころをフィクションとして盛り込んでるし、韓国映画お得意の派手なアクションもある。実話モノってどこまでホントか全く分からないけどドキュメンタリーじゃないから、話の膨らまし方はこれ位やったほーがいい。
森将

森将の感想・評価

4.5
今年観た中で今のところ1番。素晴らしかったです。

最初のコミカルな雰囲気から中盤以降の重い空気感への移行していく演出が映画的にも重苦しくなりすぎず、実際に作品の中の主人公と共に現場の環境を体感していく感じになっていたと思う。

作品としての面白さと共に題材としても、是非観てない人は観て欲しい作品。
ko8yac

ko8yacの感想・評価

4.1
前情報ほぼなしで気楽に観に行ったら
ボリュームあり過ぎて観賞後しばし無言に。
コミカルからシリアスへのジェットコースターに揺られて酔ったものの、乗ってよかった。
お隣の国の事ながらほぼ知らなかったことに愕然、あまりのことに唖然としました。

もし観る機会があるならば
光州事件について少し調べておくと良いかもしれません○
これは中々良かった。
ソン・ガンホ演じる主人公のタクシー運転手、下衆い所は有るが、良い所が有ります。こういう人間味有る役を演じさせると上手い俳優です。
光州のタクシー会社の人達が良い人ばかり。ユ・ヘジンも良かった。
こういう報道に規制を掛ける事は、色んな国で有りますね。
barakachan

barakachanの感想・評価

4.8
とにかくいい映画だった。
ひとりのタクシー運転手がお金のために外国人記者の光州行きを請け負い、現地の状況をみて、若者や市民の熱い想いを受け、心境を大きく変化させる。ソン・ガンホが名演。

楽しくて大好きな韓国にこんな辛い事件が今から40年近く前にあったなんて知らなかった
歴史を胸が痛む映像で語り、そこに生きる韓国の人の優しく熱い思いも伝え、途中からは涙なくして観れなかった。

あり得ない軍の暴挙の前に立つのは、一般の市民。彼ら彼女らが命を挺して、立ち向かい、怪我を負った仲間を助けようとしする。今も胸が震える。

タクシー運転手は普通の運転手に戻った。仕事は同じでも彼の心の中は大きく違っていて…歴史を知らないと結局は今の時代も知らないことなんだな…と思った