犬猿の作品情報・感想・評価 - 5ページ目

「犬猿」に投稿された感想・評価

この映画の長女みたいな兄と、新井浩文には及ばないけど粗暴な兄がいるだけに、描かれる兄弟あるあるネタに覚えがありすぎて身悶えしっぱなしに。
一見、善良そうな弟が垣間見せる、人を殺しそうな眼にはドキッとさせられる。
長男と長女は案外と気が合ってるのが可笑しかった。

後半は分かりやすく自分の心情を吐露したり、ウェットで安っぽい場面が続いてガッカリ。
映画冒頭と対になってるとも言えるけど、それにしても長くてクドくて冷めてしまった。そういうことじゃないだろと。
全体的にも分かりやすく説明するようなシーンが多かった気もする。

程度の差はあれど、この監督はいつもこんな感じだったような。
(さんかく、ヒメアノールは好きだけど)
miya

miyaの感想・評価

3.1
兄弟、姉妹っていいなー。
お互いに想い合ってるからこそのいがみ合いは、見ていてなんだか微笑ましい。
kamotaro

kamotaroの感想・評価

3.7
よくできた人間ドラマ。一番ハマっていたのは筧美和子の浅はかな女っぷり。
ナム

ナムの感想・評価

3.8
もうちょい歳食ってから見たかったな、僕の場合。
個人的には最初に新井浩文が窪田正孝にマウントとる時にグーで殴ってないのがすごく兄弟感あった。ボーイのした時はゴリゴリやったのに的な。

「ウォーリアー」とはまた違う興奮がありましたとさ。
非常に面白かった!兄弟っていうのは少なからずこういう一面があるよなぁ。他人なら楽なんだろうなって思う。
KURI

KURIの感想・評価

2.4
予告みてて、もっともっと激しくケンカしてどろどろしてんのかと思ったけど、意外とそうでもなくてちょっと期待外れ。
新井浩文はクズかっこいいし
窪田正孝はマジメかわいいし
江上敬子は可哀想面白いし
筧美和子はあざとエロいし。
同じコミュニティにいる人(特に同性)を
羨んだり妬んだりするのって
常日頃からありふれてるよなぁ。
それが家族になると、より愛憎が
めちゃくちゃになるんだよなぁ。
最後の4人の顔がまさに「犬猿」。
行き過ぎた兄弟あるある。
窪田正孝さんの腹のなかで考えてる黒い部分が薄っすら顔に出ちゃってる弟と
新井浩文さんの分かりやすくバカだけど自分なりにまっすぐな兄。
2人の絡み面白い。

ニッチェ江上さんのコントでも魅せている演技力とコメディ感 最高。

筧さんにあの役であんな言葉をぶつけまくるという辺り 妙にリアルで
結果 映画スタッフもなかなか悪!
むら

むらの感想・評価

4.4
4人とも全然違う人間だから、それぞれ対峙しあってる兄弟/姉妹だけどその対峙の仕方は全く違う。
でもどちらの兄弟/姉妹も共感するし、どの人物にも共感する。
どんなに違っても家族だし、どんなに違って見えても同じ血が流れてる。
吉田監督作品絶対血が出てくるし、ほのぼの系だと思っても絶対ぶっ飛んでいくから油断ならないんだけど、ぶっ飛ぶまでの過程がとてつもなく丁寧だからぶっ飛んでも「ぶっ飛ばしたかったのね!」系ではなくて、ああ、ぶっ飛んだねって思っちゃうグゥの音を言わせないところある。
Y

Yの感想・評価

3.7
ストーリー 8
映像 7
音楽 7
演技 8
感動 7

前から気になっていたので、Netflixで発見し鑑賞👀
最初のイメージとは少し違って、意外と重くてグッとくる話だった。
私は弟しかいないから、同性の兄弟の気持ちはよくわからないけど、1番近くにいる存在で、死んでほしいほど憎いけど、それでも大事っていうのはなんとなくわかるなー。
筧美和子が可愛かった♡