犬猿の作品情報・感想・評価 - 5ページ目

犬猿2017年製作の映画)

上映日:2018年02月10日

製作国:

上映時間:106分

3.9

あらすじ

印刷会社に勤める真面目な弟とは対照的に乱暴者でトラブルメーカーの兄。見た目は悪いけど頭がよく勤勉で家業の印刷所をテキパキ切り盛りするブスな姉と、要領は悪いがその容姿と人当りの良さで人気者の妹。この二組の兄弟・姉妹の関係に、あるとき変化が訪れる。それぞれの思いが交錯し、相性最悪なW犬猿ペアの抗争は次第にエスカレートしていく。

「犬猿」に投稿された感想・評価

この一言を言ったらこいつはキレると、兄弟だからわかるラインを兄弟だからこそ超えちゃう、絶妙な会話がうまかった。吉田恵輔監督の意地悪な感じが全開で最高。
K

Kの感想・評価

3.7
多かれ少なかれ比較や意識をしてしまう存在、兄弟または姉妹。誇張されている部分もあったけど、その独特の嫌な感じがとてもリアル。お姉ちゃんの境遇が一番やりきれなさを感じたし印象に残った。ざわざわした。ですよねと言いたくなるラスト。
orokamono

orokamonoの感想・評価

3.7
ニッチェ江上なかなか上手いね。会話中の一つの言葉で表情がコロコロ変わる演技が面白い。
”共感”

吉田恵輔。
邦画で面白い作品が撮れる男であり
人の嫌な部分に的確なボディブローを放つ男。
本当に勘弁してほしい
もう辞めてほしい
と何度願ったか…
とにかく死にたくなった(良い意味で)
本当に嫌な監督だ(良い意味で)

冒頭の掴み演出の飛び道具的演出においては石川慶監督の「愚行録」のバスのカメラワークにおける邦画ならざる不気味さと同じよう作家性を感じつつ、吉田恵輔という男は、邦画の安い感動と安い共感に敵を剥き出しで映し出す。そして始まっていく、ダイナミックなアクションを排した、つまりは殴り合いで決着をつけるような陽なバトルアクションではなく、言葉や仕草において相手からマウントをとって優位な位置からボコ殴りにするような陰なアクションを提供してくる。

犬猿の仲の兄弟、姉妹の嫉妬と愛情の間で噛み合って噛みつきあって噛み合わない、人の愚かさや憎い部分を言葉や所作の弾丸に込めて近距離で打ちあう、ある種の精神的な銃撃戦映画を作ってみせている。

あなたは誰に”共感”する?
あなたは誰の立場に”同情”する?
あなたは誰と同じだと”恐怖”する?

嗚呼、早く終わってくれよ~

本作の嫌なところは人間の醜いところを笑えない領域で闘わせながら、ギャグを散りばめて、そしてときにそのギャグをとがらせてブラックユーモアして大砲の如く打ち出してくるところだ。そしてクライマックスのMAXにエモいボルテージを引き上げる感動演出と音楽と過去回想を入れて、ついには涙してしまうような領域に突入させながら、最後にドスンと本質だろ?という悪質な嫌味のスパイスを効かせるところでもある。中盤で伏線として張られた目にまつわる一言がラストショットで見事に決まるのも笑えるのだが笑えない嫌な雰囲気だった。

演出面で過剰にセリフで説明し、作品のヴィジュアリングを阻害している傾向を感じるが、逆に冒頭の演出から逆算すてば、むしろ言葉を弾丸化して腹部をガンガン狙って撃たれているようで、本当の意味で”共感”させることは彼ら彼女らのズルくて卑屈でノンデリカシーで、そして本性の部分の言語化なのだと思った。

本当は☆4.0でのフィニッシュと思っていたが、今私自身を取り巻く環境、職場であり人間関係であり、家族の問題であり総合して本作に”共感”してみると、本作における弟の決定的な狡さや利害の考え方に私自身ボコボコにされてしまったからだ。私は本当にズルい人間であろうと鏡写し的に思えてしまい、他者の好意的なモノを利用し、都合の良い解釈と逃げ場の確保と、責任感がゆえの好意の発信の打算性に吐き気がするほど嫌気がさしたからである。私は本当にズルくて醜くくて、責任感という免罪符を盾に生きているんだなと本当に嫌な気分になった。だから自分の写し鏡映画であれば+0.4点であり今年TOP10クラスに内臓機能が処理できずにこびり付いた映画なのだと実感した。

自分の人生の限界を知らされたような夏だったな~
と思いながら、深夜にジャンクフードに噛みつくのだった。
仲の悪い2組の兄弟のパワーバランスが、行ったり来たりを繰り返し、ずっとキリキリとした嫌な感じが続く100分間。(最高)

4人全員がクセのある人物だが、彼らに共感できるところが多く、嫌いになれない。
兄弟姉妹という切っても切れない関係の可笑しみや苦しさを、優しく肯定した傑作。
劇場で見逃したからBlu-ray買ったけど面白い。主要人物4人それぞれに感情移入できたし、随所笑えた。ギャグ線高い。

このレビューはネタバレを含みます

皆さんの高スコアに驚いてます

私は一人っ子です
なので正直に言うと
こんな兄弟姉妹ならいなくて良かった

友達なら嫉妬や比較したり
陰では何言われてるかわからないけど
合わなかったら付き合わなくていい

でも身内なら一生付き合わなくちゃならない

いくら、迷惑な人間でも
縁が切れない

親は自分が生んだんだから仕方ない

あんな兄ちゃんいらない
あんな妹いらない
と憎んでもどうしようもない

やっぱり兄弟ってなんやかんやあっても
絆があるんやと思わせといて

がっかりさせられた

兄弟姉妹って足かせみたい

ラストは一人っ子で良かったと思いました

新井さんの狂気
窪田君の静かな怒り
筧美和子とニッチェ江上の演技力は良い

キャスティングは良かった

映画はエンターテイメント
楽しむ為のツールだと思うのです

救いが無くて何も楽しく無かったです

受け止め方は人それぞれなんだな
と言うことです
SHIGE

SHIGEの感想・評価

3.6
あー
すごい犬猿ーと思いながら
終始すごく面白かった

ただこれ、ラストどう落とすんだろう
って思いながら…

ラストの落とし方はもっと
派手にやって欲しかったかなーと思った
KG

KGの感想・評価

4.5
キャスティングと演出の妙。
「そこにある日常」の語り口が巧みで、「抜け出し様のない地獄」のやるせなさや痛さが際立つ。
兄弟役の二人はもちろん、姉妹役の二人も適役。特に姉役の吹き芸には爆笑。
ただ個人的には、両親の演出(ふとした会話や仕草)が作品としての説得力を支えていると感じた。
悪意ある愛情に溢れた映画。
あぶを

あぶをの感想・評価

3.8
これコメディなの?って思うほど序盤はヒメノアール感臭ったけど。

兄弟喧嘩したくなった。
オアシスほどじゃなくていいけど。
姉貴しかいないから兄や弟は羨ましくなる。

人間だからみんなそれなりに最低な部分があると思うのですが、取り繕わずに善き人に見せようと思わずに、みんながみんな最低な部分を剥きだしてさらけだせる事が普遍的な世界になったとしたら愛おしいくらい平和だろうなってなんとなく思う

筧美和子おっぱいだしてくれんかのう