犬猿の作品情報・感想・評価 - 4ページ目

犬猿2017年製作の映画)

上映日:2018年02月10日

製作国:

上映時間:106分

3.9

あらすじ

印刷会社に勤める真面目な弟とは対照的に乱暴者でトラブルメーカーの兄。見た目は悪いけど頭がよく勤勉で家業の印刷所をテキパキ切り盛りするブスな姉と、要領は悪いがその容姿と人当りの良さで人気者の妹。この二組の兄弟・姉妹の関係に、あるとき変化が訪れる。それぞれの思いが交錯し、相性最悪なW犬猿ペアの抗争は次第にエスカレートしていく。

「犬猿」に投稿された感想・評価

みゆ

みゆの感想・評価

3.1
きょうだいは同じ親から生まれ、ほぼ同じ環境で育てられてるから性質の違いが浮き彫りになる。さらに同性だと劣等感などがダイレクトなんだろうなと想像しながら観てた。
ミナ

ミナの感想・評価

4.0
なんかもう直視できない感がすごい。こんなに自分と置き換えて観た映画ないなあ〜兄弟の悪口他人から言われるのってほんまに嫌よな、共感しすぎて涙出た。姉と一緒に笑いながらこの映画観たい
分かる分かる!!
わたしも兄と不仲なので、すごく分かる。
特に窪田君に共感しまくり。
おススメだけど、
序盤の兄の暴力シーンがきつかった。
TheThe

TheTheの感想・評価

3.7
思い出します。幼い頃、兄の後ばかり付いて回って、撒かれた記憶。兄の真似ばかりしていた。
何故だろう⁈初めて自分以外のライバル比較できる対象だったからなんでしょうか。
兄ばかり祖父からプレゼントを良くもらってたように感じて、兄がいなければ僕がもらえるのにと嫉妬した思い出…
でも一番信頼できるし大好きな兄なのにね。ということを思い起こさせる作品でした。

追伸、「ヒメアノ〜ル」ほど過激ではなかったけど、これって永遠に続くだろうジワジワと
悪意100%のオープニングシーンの掴みは、吉田恵輔監督の意地の悪さが全開で良いですね。しかも単純なdisに終始せず、ラストにガツンと効いてくるから巧者な手口。

吉田恵輔作品は、人間関係の本音と建前の矛盾を躊躇なく曝け出す厭らしさが魅力だと思っていて、本作もその傾向の強いダークコメディ。

本人にとってはそれしかない、合理的な判断の上の行動だったとしても、側から見ると、偏狭で滑稽な行動に見えてしまう、そんな痛いシーンが満載。

行動原理がわかりやすい人物は、兄の新井浩文と姉のニッチェ。長男、長女の責任感を背負っている人と、その責任感を放棄した人物造形。

逆に性格が屈折してるのは弟の窪田正孝と妹の筧美和子。この2人の方が、一見すると順風満帆に見えるけれど、兄弟間のコンプレックスに基づく闇の深さを感じた。
セイ

セイの感想・評価

4.5
お姉ちゃんで爆笑してお姉ちゃんで号泣した。血がつながっているだけに、それはそれで面倒くさいのかも。そう簡単に縁を切ることもできないしね。とにかく兄弟姉妹の対比がめちゃくちゃ面白くて兄弟あるあるだよなとか思いながら観ていたんだけど、できが良いとか悪いとか、そんなもんどうでも良いよね。本当に大事なものは何かと終盤でつきつけてくるからたまらなかった。序盤は、ほぼお姉ちゃんの童貞映画になってしまってるから、とにかく爆笑した。 「万引き家族」とは、また違う家族間の映画で、これを観て改めて家族というものを考えさせられた。 個人的にお姉ちゃんに100点。大丈夫、俺もなにも無い(笑)
【兄弟姉妹の劣等感や嫉妬感そして絆そして・・・】
兄弟格差の描き方がとても良くて共感するところがあり笑えた!
ひとつひとつの小さな兄弟ネタや感情の抱え方が上手く表現できてて、泣きそうになる。
ニッチェの江上の演技最高でした!


ホントおもしろい!!!

このレビューはネタバレを含みます

ストーリーはいいけど共感できなかった。そんな複雑な兄弟関係持ち合わせてないからだとおもう。窪田くんいいし、新井さんもいい。ニッチェさん、嫉妬深すぎ。あんなになる?笑 まじ失恋したときがやばい。モテない女ってあんなにやばい?そんなことなくない?ニッチェ自殺がまじ草。あそこいる?結局、弟妹は兄姉がすきなんだよってことでした。憎しみあっても切れない仲、すごいなぁ〜
ぽん吉

ぽん吉の感想・評価

4.0
兄弟あるあるが描かれて、
心にピシピシきた。
なんだこの映画は。。。おもしろすぎる。

ニッチェの江上さん、
もうね、笑っちゃう。
監督さんも徐々に江上さんの魅力にやられてる気がする。
もっとドラマや映画で活躍してほしいな。
くろ

くろの感想・評価

3.8
みんなどっかでこういう感情抱いてるんだろうな。羨ましい、妬ましい、憎い、鬱陶しい、劣等感、優越感、でも家族、でも友達、でもやっぱり、、、