最初で最後のキスの作品情報・感想・評価 - 3ページ目

最初で最後のキス2016年製作の映画)

Un bacio

上映日:2018年06月02日

製作国:

上映時間:106分

3.9

あらすじ

不器用な僕らが誰よりも輝いていた日々 イタリア北部・ウーディネ。個性的なロレンツォは、愛情深い里親に引き取られ、トリノからこの町にやって来るが、奇抜な服装で瞬く間に学校で浮いた存在に。 ロレンツォは同じく学校で浮いている他の2人――ある噂から“尻軽女”とのそしりを受ける少女ブルーと、バスケは上手いが“トロい”とバカにされるアントニオと友情を育んでいく。 自分たちを阻害する生徒らに復讐を…

不器用な僕らが誰よりも輝いていた日々 イタリア北部・ウーディネ。個性的なロレンツォは、愛情深い里親に引き取られ、トリノからこの町にやって来るが、奇抜な服装で瞬く間に学校で浮いた存在に。 ロレンツォは同じく学校で浮いている他の2人――ある噂から“尻軽女”とのそしりを受ける少女ブルーと、バスケは上手いが“トロい”とバカにされるアントニオと友情を育んでいく。 自分たちを阻害する生徒らに復讐を試みるが、それを機に少しずつ歯車が狂い始める・・・。

「最初で最後のキス」に投稿された感想・評価

このレビューはネタバレを含みます

みなさん書いてらっしゃいますが、幸福度の高い序盤、中盤とショッキングなラストの落差がすごいですね。
私自身、何も知らずに見たので鑑賞中かなり驚きましたし、ダメージを受けて帰路につきました。


Netflix配信の「13の理由」のような、ティーンに向けた映像作品で、これが誰かの救いになればいいと思いますし、大人は救いの手を差し出せるといいなと思います。

この映画の1番キッチリしてるなと思うところは、「みんな考えてね」という開放的なラストにするのではなく、最後にIFの世界をあえて見せるところだと感じました。つまり、あえて模範解答を見せることが素晴らしいなと思います。この模範解答によって、最も根本的なテーマの「個の尊重」が浮かび上がりますし、よりティーンに伝わりやすくなったのかなと思います。(説教くさいと感じる人もいるかもしれませんが…)


あの彼が自分のセクシャリティを受け入れられず、ああいった行動をしてしまったのは、彼が育つ中で身につけてしまった差別意識が原因の1つだと思います。この映画は観客個人の中に眠る偏見みたいなものを認識できる良い機会になるのかなと思います。
日本のティーン向けの映画やテレビドラマなどで、このタイプの映像作品が多くの若い人の目に触れるようになればいいのになと願っています。
記録

なにか一つでも違っていたら、と思わずにはいられない。ラストの夢のように幸せな光景に、視界が滲んでしまった。
事件のことを先に知ってしまったので結末を知った上で見に行ったのですが、知っておいてよかったかも…知らずに見てたら結末がショックすぎると思うので…
ロレンツォの初登校シーンで胸を撃ち抜かれました
pigrekko

pigrekkoの感想・評価

4.1
吉祥寺の小さなシアターで。
予想しない展開でびっくらこいた。実話なのが衝撃すぎる。
思春期っていろいろ色々あるなあ
uca

ucaの感想・評価

3.9
はあ、、胸にグサグサ刃物刺されたような重たい鈍痛がずっと続く感覚、、なにこれ、、
はみ出し者たちの青春?ウォールフラワーみたいな感じか と思って観てたら全く違った。
予備知識なしで観たからラストの衝撃がすごいのなんのって。
なにより実際に起きた事件が基になってる事を知れてよかった。

中盤の、観てるこっちが「ずっと続いてほしい」と願ってしまうほどのハッピーで最高の青春。
すごく楽しそうで、ちょっとダサいところがリアルなダンスシーンはどれも素敵だったし、3人でディナーパーティーするシーン、ペンキ塗るシーンもだいすき◎
音楽もとてもよかった。

ロレンツォの「僕は絶対に自殺しないよ」という言葉が忘れられない。
だからこそわたしはアントニオを許せなかった。。
彼なりに悩み、もがき、苦しんだ結果だとしても。
アントニオの弱さはわかる。ロレンツォを受け入れられるほどの心のスペースがないことも。
ただでさえ閉鎖的な田舎の中の学校っていう狭い世界で、当事者たちはそこで起こることが世界の全てで。チームメイトからの心無い言葉や、お兄ちゃんのこと。
そんな環境のせいもあるんだろうけど、それは理由にはならない。
この事件で誰も悪くないって言う人はかなりのレイシストだとわたしは思う。
もし何かがひとつでも違っていれば、、としか考えられないなあ。

ロレンツォはちょっと変人だけど あんな中でもちゃんと自分を持って、好きな服着て、悪口言われても笑顔で中指立てちゃうの最高だった!
この前見た「ワンダー 君は太陽」にも共通する、辛い時に幸せな空想をするのが 楽しくもちょっと切なかったり。

ブルーが動画見せられたところからの流れが同じ女性として本当に見ていられないほど辛かった。

後半の 何が起きてるか明確に映されないけど、確実に何か起こってるであろう描写とか音楽が精神的にジワジワきつかったなあ。

高校生は本当に多感な時期で、多かれ少なかれそれぞれが複雑な事情を抱えてるもの。
誰にでも起こりうる物語として、自分の中に深く刻まれた作品。
人生は"もしも"の連続で成り立っているんだ、と改めて思い知らされた。
aipon

aiponの感想・評価

2.9
結構びっくり。予想外。
見る人によって感想違いそう。個人的には切なすぎたし、悲しすぎた。
たったひとつの行動で運命は変わっちゃうんだなあ。
ちょっと待って…これは…これはかなりの衝撃作…😭
最初で最後のキスって、そういう意味だったの…。
思わず、開いた口が塞がらなかった。

ネタバレしない程度に、でも詳しく書きます。この映画は是非、予告だけ見て、詳しいことは何も読まず観て欲しい。ありのままの彼らの等身大の人生を、スクリーンで体感して欲しい。

Born this way に合わせて、ブルー・ロレンツォ・アントニオがファッションショーしながら踊るのも最高にかわいいし、その周りにいたお客さんもまざってファッションショーして、その表情や他の人の拍手が、子供も大人もおばあちゃんも男性もみんな、自信満々で自分を愛してるのが伝わってきてとっても幸せな瞬間だった。

ブルーが、どんどん可愛くなっていく!
ロレンツォと二人で同時に曲をヘッドフォンでかけながらブルーが学校の外から、ロレンツォが教室から踊り出して、真ん中で合流して、アントニオに手紙渡すシーンのブルーが一番好き♡

あの衝撃のシーンで、ズドーン!と心に大打撃が走って一瞬固まってしまったけど、あのあとの理想の世界が、何とも優しくて、夢みたいで、こうしておけばよかったって言うのは簡単だけど、現実はやり直しがきかないもので… でもあの終わり方で、幸せに遊んでる3人の姿に逆に胸が締め付けられた。

ロレンツォの、ずっとにこにこ僕は大丈夫負けないからって言ってる笑顔がいたたまれなくて、でもあれで彼は大切な親友を見つけてとびきりの恋をして一瞬でも愛されてキスをして、幸せな朝を迎えたんだろうな。パパとママは棺の中に、あの額に飾るシャツも入れてくれたかな…

ブルー、とってもいい…。口を大きく開けてあははって笑った笑顔がとっても可愛くて印象的で、人の心を掴む笑顔だった。
人に偏見を持たなくて、かかってこいよ精神で、でも心の中はぐちゃぐちゃに傷ついていることもあって、まさに思春期の女の子だった。
これからの人生、自分のことを心の底から愛してくれる人に愛されてほしい、大切にされてほしい、そう切実に願った。

アントニオに関しては、なんて言ったらいいの…( ; ; )
私は正直アントニオの感情を、今の私は、きちんと理解できないかもしれない、なんて言ったら正しいのか、分からない。でも、あれがあの時のあの朝のアントニオの精一杯で、自分の心の奥底にあるふつふつとした感情に突き動かされて、実行した。
キスをした時、どんな気持ちだったの?
ロレンツォが許せなかったの?それとも自分が許せなかったの…?
でも誰かアントニオをぎゅーって抱き締めてあげてほしい
大丈夫だよ、大丈夫だからって頭を撫でてあげてほしい
ブルーに言った「僕には君は眩しすぎるよ」の一言に、アントニオの気持ちの全てが凝縮されてるね。

この映画、想像を絶するタイプでした。
久しぶりに度肝を抜かれました。
思春期、男と女、友情と恋愛、揺れ動く三人は、甘酸っぱくてほろ苦い。それどころかとてもビターで、しまいにはパンッと弾けてしまった。
一生忘れられない大きすぎる傷が、癒されるだけじゃなくきっと幸せになれるんだよね… そう信じたい。

予告を観ただけだと現代版ドリーマーズ的な感じかなと思っていたけど、違った。
たまに出てくる幸せな妄想が可愛い。
ロレンツォから蝶々や星がきらめき飛ぶの、すごく愛くるしかったなぁ。

どう描かれているのか、『バレンタインロード』も観てみたい。

昨日はジュラシックワールドでブルーを見、今日はこの作品でブルーを見、頭の中ブルーだらけ❄️🦋🐬🌎💎💙💠🏳️‍🌈
remy0101

remy0101の感想・評価

3.9
日本の高校生よりちょっとイカしていて、でも大きく変わらないイタリア高校生たちのストーリー。
色々な意味で、すごく切なくさせられる。

そして主演バレンティーナ・ロマーニの魅力がすごい。
Mg

Mgの感想・評価

4.0

このレビューはネタバレを含みます

上半期に観たCMBYNと君の見つめる先にがゲイであることを受け入れてくれる系だったから油断してた。

LGBTだけでなく、女性の性被害の問題、学校内での発砲事件、終盤にこれだけ詰め込むとか半端ねぇな。
性被害に関しては、日本も他人事ではいれない状況あるため、見れてよかったと思う。
同意のない性行為は犯罪、これ絶対。

ロレンツォの言っていた「完璧な人間なんていない」って言葉、泣けちゃう。
やっぱりゲイであることを欠点みたいに思ってたんかな…、そういう社会だもん。友達思いでユーモアもあってお洒落、勉強もできて芯の強いロレンツォ、憧れる。

ロレンツォには4Pのこと明るく言っていたけど、ブルーはあの壁の落書きを見る度に突っかかりがあったんだろうな。あれはいじめじゃなくてセカンドレイプだよね。

コンプレックスにまみれ追い込まれてしまったアントニオ。本編で彼が知的障害であるかどうか定かでなかったが、もし、そうであるなら学校側の配慮が足りない。障害を考慮せず留年ってそんなのだめでしょ。彼はこれ以上欠点を増やしたくなくて、過ちを犯してしまったんかな…。

映画全体としてはポップな青春ドラマだったのに、ラストはシリアスな社会ドラマしててこの緩急にやられた。

これを供給してくれた映画会社に感謝。
ll

llの感想・評価

3.0
『癒えない傷はない』など
大人の言葉が胸に残った。
なぜなら、この映画は、
17才の気持ちで見られる作品だから。