ファウストの作品情報・感想・評価

ファウスト1994年製作の映画)

FAUST

製作国:

上映時間:97分

3.8

「ファウスト」に投稿された感想・評価

じゅん

じゅんの感想・評価

3.8
序盤は意味不明で結局おわるカルト映画かなって思ったけど原作がゲーテのファウストだから最後ちゃんと伏線回収されてる。原作はまだ読んだよとないけど今度買ってみようと思う。
人形劇とかチェコって感じですごく好き…
グロ可愛いって感じでした。
廃墟のシーンやっぱりノスタルジアで使われてるところですよね?
monaminami

monaminamiの感想・評価

5.0
荒俣版ゲーテのファウストを読んだついでに、久々にヤン爺。
イマジネーションの嵐に圧倒されっぱなし。チェコのグロ可愛い♡ってだけじゃ済まされないこの本質ッッッ!
ごろんごろん転がってくる悪魔と天使や、コマ送りや粘土のメフィストフェレス、穴を開けたアレ。どれもこれも狂ってて好き。

こちらのファウストはマーロウのフォースタス博士がベースらしいのでそちらも読みたい。
otom

otomの感想・評価

4.8
まさに戯曲。十年振りくらいの鑑賞。わが家的にちょっとノスタルジー。で、今年は何故だかファウストものが多い。シュヴァンクマイエルにかかると悪夢系も喜劇もより研ぎ澄まされた上に斜め上を行く。今回気付いたけど、廃墟のシーンはノスタルジアでも出てくるところっぽい(多分)。混沌とした印象を与えつつも、布石からラストまでの綿密さ。上手いとしか言い様がない。傑作。
daluma

dalumaの感想・評価

3.6
表情豊かなクレイアニメと暴力的な巨大木人形、頭悪そうな人間たち、夢なのか劇なのか現実なのかすべてが同時に混在して展開する悪夢。狂ってないと作れなそうなボーダーレスな世界観に翻弄されます。が、だからこそ好きです。
気味悪い世界観を楽しむ作品。ストーリーを追う性質のものではなさそう。
粘土細工と操り人形な悪魔の召喚
契約にて天使との攻防 笑

不気味さ
堊

堊の感想・評価

3.2
初シュヴァンクマイエル。シュヴァンクマイエルってあんまり映画うまい人ではないのか?
YUKIのふがいないやのPVそっくりのカットが出てくる。
shiori

shioriの感想・評価

4.0
あいかわらず気持ちの悪い食べ物がでてきます。あんな不味そうな麦酒はじめてみました。天才的です。そしてなんといっても音が印象的 。クレイがメコメコしてると思ったら、人形達がかちゃかちゃコツコツと動き出す。カラカラどろどろピチャピチャ…。とにかくそこは完璧な悪夢 。さいごは軽く衝撃。なんてゆーか 「この映画でこのラストは反則でしょ!!」っていう感じの、いい意味の衝撃でした 。ニヤニヤしちゃう。
deadcalm

deadcalmの感想・評価

4.5
劇中劇のような体で進行するファウストの物語が、いつの間にか演じ手を乗っ取り劇世界 (現実?) に侵出していく。「深淵に見つめ返される」のものすごくスマートな表現方法のようにも思われる。

「ファウストゥス、ファウストゥス」とか「ウールルルルゥー」とか「ピルケー!バシルケー!」とか学生時代によく真似したものです。
Qちゃん

Qちゃんの感想・評価

3.2
私がダンテの「ファウスト」を読んだ時に受けた印象と解釈と、この映画との大きな違いに、「捉え方は人それぞれだな」と、ある意味感心した。

やっぱり、観る前に何も食べなくてよかった。あの独特の気持ち悪さに胸がゾワゾワ。でも目が離せない。
>|