アクト・オブ・キリング オリジナル全長版の作品情報・感想・評価

「アクト・オブ・キリング オリジナル全長版」に投稿された感想・評価

100万人の大虐殺に関わった人を取材し、実際に再現させるっていう超異色ドキュメンタリー。
すごく伝わってくるof the year
〝あなたが行った虐殺を、もう一度演じてみませんか?〟

1960年代のインドネシアで、100万人以上の共産党関係者と見なされた人たちが虐殺された。その模様を〝加害者側〟が再現映画として撮る様子を映したドキュメンタリー。

当初、監督はこの事件を撮るため〝被害者側〟にアプローチしたが、当時のことを語りたがる被害者はおらず、撮影は難航。
そこで監督は〝加害者側〟にインタビューを試みる。すると、自分の犯した殺人について喋る、喋る。

それもそのはず、虐殺を推奨した軍部は現政権として権力を維持したままだ。当時、積極的に共産党関係者を虐殺した「パンチャシラ青年団」は国の英雄として扱われていた。

この作品で再現映画を撮るのは、主に2人。虐殺を実行した殺人部隊のリーダー(アンワル)とその側近(ヘルマン)。
彼らはプレマンと呼ばれるギャングで、アンワルは1000人近く殺害しており、地元では今のインドネシアを作った1人として、英雄となっている。

彼らは当時の現場に赴き、「あーこの柱でさぁ、殺したんだよ。ナイフだと血が凄いから、針金で首を括ってなぁ。まあ殺した後は、酒飲んで、歌って踊って、忘れんだ」と懐かしげに話す。
国営放送(日本でのNHK)では、虐殺の詳細について意気揚々と語り、拍手を受ける。アナウンサーは「効率的な殺し方を編み出していったんですねぇ」などと合いの手を打つ。

彼らが虐殺の模様を語るだけで、こちらは許容オーバーだが、この映画のキモは〝加害者側〟が撮影する虐殺の再現映画だ。

それはもう酷いクオリティだ。大学の映画サークル以下の力量なので、いくら金と人を使っても、かなりシュールな絵面だ。
しかも側近のヘルマンは、なぜか要所要所で女装して出演。西田敏行似の中年デブ男が女装姿で、画面に映っているので虐殺の再現をしていても、シュール過ぎて、笑って良いのか悪いのか、わからない感覚がまた気持ち悪い。
その撮った映画を観て、彼らは「傑作だな」とご機嫌な様子。倫理観と共に美的感覚が欠如しているとしか思えない。

しかし彼ら、特にアンワルは、虐殺についての発言を除けば、好々爺のようにも見える。2人の孫を愛しており、孫が動物を傷付ければ、それを窘めるような描写もある。
そんな様子に観客は、グルグルとした矛盾と、あまりに超現実的な話に、平衡感覚を失ったような錯覚に陥る。
ただそれは観客だけでなく、虐殺を再現することで自身の行いを見つめ直していくアンワルも同様で、次第に彼の様子はおかしくなっていく。

自分の親が子供の頃、人を殺していた人間が英雄として扱われ、殺人自慢をしている。戦国時代とかそういう時代ではなく、この現代で。
自分の倫理観では、殺人=悪で、映画を観終わっても、それは変わっていない。ただ虐殺を実行した彼らは、〝悪〟で間違いないと思うのだが、それは本当に彼らの意思だったのか。国が、時代が、そうさせたのだとしたら、自分がその立場だったとしたら、自分も悪にならないと言い切れるのか、といった自問がやめられない。

ここからは映画の内容と少し離れますが、大虐殺が行われていた時、冷戦下で、アメリカと日本は、共産主義者側のスカルノ大統領(デヴィ夫人の夫)が邪魔で、クーデター側に加担していたようです。つまり虐殺を知りながら、黙認していたのだ。
当時デヴィ夫人は、クーデター側に監禁され、いつ殺されるかわからない状況だったが、日本大使館は助けてくれなかったそうだ。
またこの映画が公開されるに当たって、記者会見として、デヴィ夫人は今回の出来事について語ったが、メディアはそのことについては、まったく触れず、報道しなかった。

とにかく自分の倫理観や悪の基準(かっこつけですが)揺さぶられることは間違いない、超ブッとんだ映画でした。
クオリティの低い虐殺再現なので、スプラッタ描写とかは、そうでもありませんが、視覚より心情として気分が悪くなります。

余談ですが、エンドロールの出演者の表記がほとんどanonymousとして表記されていて、いかにこの映画が危険な立ち位置なのかがわかります。
しのの

しののの感想・評価

4.5
1000人以上を虐殺したガチの元ヤクザがガチで更生するドキュメンタリー
前半では平然と虐殺自慢してたもののラストになるにつれて元々抱えていた罪の意識が爆発していくのが見てて衝撃だった
ko8yac

ko8yacの感想・評価

4.0
心身ともに健康で余裕のある時でなければ直視できない
異色のドキュメンタリー作品。

1960年代のインドネシアで行われた大量虐殺の
虐殺者たちが自分の偉業!を誇らしげに再現する映画を作る(演じる)というイカれたドキュメンタリー。

演じていくことで生じる心の変化
グロテスクだが見ものだ
とても気分が悪くなるけれど。
Kyuqq

Kyuqqの感想・評価

-
インドネシアの現実って感じ。50年前の虐殺のドキュメンタリーやけど、今も根強い負の思想が映り込んでるなと思った。
インドネシアの人たちは、この映画を見て何を考えるんやろう?
yuki0426

yuki0426の感想・評価

4.8
インドネシアの大量虐殺を元に「虐殺した側」を撮影したドキュメンタリー作品。
勝てば官軍、勝利した側には殺戮も勲章というように、高らかに笑顔で自分たちがやってきたことを再現しながら演じる。
彼らの行いもまた、ある角度からは正義であるジレンマ。
そこを理解しながら感情を抑える監督の、本当の狙いは再現などではない、淡々と時にコミカルな彼らと笑いながら、じわじわと彼らの行為を自覚させて行く。
壮大なアクティングアウト。どんなに荒くともシーンを設定して演じると、見えてしまうものがあることを伝えてくれる。
yume

yumeの感想・評価

3.5
顔をしかめてしまうくらい恐ろしいことを言っている人も居たけど、中にはちゃんと考えている人も居た。考えた上での正義で善で真実だったのだと告白する人が居た
何を持ってして悪と言えるのだろう。倫理的に?環境が違えば倫理は変化しうるものなのに?そういう根本的な所から沸々と疑問が溢れかえる、もしかしたら人間に平和は築けないのかもしれない、なんて絶望にも見舞われる
車の中でインタビューに答えるある男の発言が印象深い「真相を解き明かすのなら最初の殺人からやれ カインとアベルだ」
これは本当に物凄いドキュメンタリーです。本物の大量殺人者が、共産主義者を虐殺した時の事実を再現する映画を撮っていく内に段々罪の意識が芽生えて行き、自分が拷問される立場を演じた時には、虐殺された者の気持ちになっていく。なんか、もう胡散臭くて極悪な顔のおっさんのオンパレード!二カウさんみたいな殺人者とデブがもうコメディみたいで爆笑。時折挿入される生活描写や、ピンクフラミンゴみたいな衣装のダンスシーンが面白すぎて。演技とは何か?という本質が描かれる瞬間が見事!贖罪の気持ちのシーンももしかしたら演技かも?というスリリングな瞬間が凄い。このおっさんたち、何も反省してないよ!軍隊も。空恐ろしくなる映画?ドキュメンタリー?でした。これを撮った監督は凄い。
Chichang

Chichangの感想・評価

3.3
“英雄か、罪人か”
1965年〜66年にかけて100万人以上の人々が共産主義者という理由で虐殺された歴史をもつインドネシア。その虐殺の当事者が時代を経て、自ら行ってきた事を映画にする様子を捉えた観察映画。
国内で英雄として称えられ、殺人を正当化してきた彼らが、手にかけた共産主義者を自ら演じる中で、徐々にその気持ちに変化が見られる。
Yukiko

Yukikoの感想・評価

4.3
2018年4月15日
『アクト・オブ・キリング』2012年イギリス・デンマーク・ノルウェー制作
監督、ジョシュア・オッペンハイマー。

1965年、インドネシアのスカルノ大統領が、スハルトの
クーデターにより失脚した。
事件の黒幕は「共産党」と決めつけられ、インドネシア全土で
共産党支持者や中国人の100万人規模の大量虐殺がおきた。
その後、スハルト政権のもと、事件に触れることはなく、
加害者達は何の訴追もされていない。
大虐殺を隠すスハルト政権を日本や西側諸国は支持し続けた。

その事件をオッペンハイマー監督は、被害者に取材していたが
軍の圧力で撮影できず、代わりに加害者に取材をした。
すると、加害者達はその事件の多くのシーンを自慢気に語り、
加害者達が行った行為を、自分達で演じて再現した。
虐殺を生き抜いて、加害者達を恐れながら今現在も同じ地域で
生きている被害者達と共に、映画作りに参加をした。
それらの様子を記録したドキュメンタリー映画である。
映画に出演をしているのは皆、当事者達なのだ。


日本や西側諸国は安い賃金と豊かな資源が魅力である
インドネシアの土地を支配するため、スハルト政権を支持。
反共の旗印を掲げた。
ソ連とアメリカは冷戦状態の時代だった。
加害者達が指示する人達は、その時代インドネシアの政治家や
要職に就いていた。
それ故、大量虐殺の訴追を免れていた。

重い内容の映画だ。
加害者が残虐行為を行ったことを悪い事だと思っていずに、
喜んで楽しく話すのが堪らない。
観ていて辛く、何度も観賞を中断した。

加害者側で、ちょっと小太りな体格の良い方が、オアソビで
女装しているシーンが笑える。
重く残虐な内容の映画だが、そのオアソビやミュージカル
部分が内容を軽くし、救っているとも言えるが、それほどに
自分たちがした行為に罪悪感を感じていないんだと驚く。

主人公役のアンワルが次第に心の闇を垣間見せていく
のが良い。
アンワルは落ち着いた物腰で、知性ありそうに見えるので、
単純に人を殺して良しとするだけの人間には見えない。

「現代社会は巨大な暴力の上に成り立っている」と
オッペンハイマーの弁。
しかし、「ペンは剣よりも強し」と、ブルワー・リットンの
言葉もある。

2014年には『ルック・オブ・サイレンス』として、
今度は被害者の立場から描かれた映画が公開された。
>|