国葬の作品情報・感想・評価

国葬2019年製作の映画)

State Funeral

上映日:2020年11月14日

製作国:

上映時間:135分

3.7

あらすじ

「国葬」に投稿された感想・評価

eddiecoyle

eddiecoyleの感想・評価

3.4
過去のアーカイブから作品を仕上げる感じはDJのそれに近い感覚で、葬儀に向かう群衆をモノクロとカラーの映像を織り交ぜ一定のリズムで延々と繋いでいく編集はミニマムテクノ。
高1で学校やめて、受験や大学でも日本史しか学んでこなかったから、世界史の知識がぜんぜんない。
スターリンといわれても、あまりスターリンに関する知識がない。ソビエト、レーニン、共産党、社会主義国、、、くらい?

映画を見ながら、スターリンて死ぬときにこんなにありがたがられる存在だったんだっけと頭にハテナを浮かべながら見ていたから、最後の字幕でやっぱり!という気持ちと、それでもなお、こんなにも支持され、慕われていたのは何故?という理解できないことに対する驚きがあった。
映画に映る人は本当にほぼ漏れなくかなしがっていたけれど、2人くらいあんまりかなしそうじゃないひとがいた。

やっぱり歴史を学びたいという気持ちにさせられる映画。
あの広い旧ソビエトの国国でスターリンの死が与える異様な厳粛さ 新聞を買い漁り国営放送を村民全員で聞き弔いの行進をする、どういった感情が込められているのかわからない人々に戸惑い、それでも葬儀の盛大さにスターリンっていい統治者だったのか?と心が揺らいだ後にエンドロールのテロップで特大の冷や水を浴びせられた

スターリンを讃えるスピーチはどれも抽象的な言葉ばかりで具体的に何をしてどうだったと語るものは(映像中ではほとんど)なかった

現代ではもう2度と見られないであろうレベルの国葬に異次元さを感じた この映像を見ることができて本当に良かったと思う
mh

mhの感想・評価

3.5
映るのはひたすら顔ばかりで時間の経過を感じなくて冗長で辛いけど、人間の滑稽さはよく伝わった。古代文明もこんな感じだったのかな。
1953年3月3日、ソビエト連邦に属する諸民族の労働者や農民たちのもとにスターリンの死の報せが駆け廻る。モスクワだけではない。ウラジオストクにも、タジンにも、ビリニュスにも、そしてキエフにも。放送を聞く民衆は一様にこうべを垂れ、帽子を脱ぎ、独裁者の死を悼む。歎き悲しむ者もいる。この仰々しい国葬がなされたあと、10年も経たずして国家の英雄は大犯罪者となった。やがて各地に建てられたスターリン像の多くは破壊された。そうした歴史のその後を知っているだけに、この映像はいっそう興味深い。それではプーチンはどうなるのだろう。21世紀の独裁者の死にさいして、はたして涙を流す民衆はどれぐらいいるのだろうか。プーチンの像はどれくらい建てられるのだろうか。そしてそれはまたすぐに毀されることになるのだろうか。すべてがあまりに虚しく思えてくる。
とんでもないセレモニー。

絵面ほぼスター・ウォーズ。もちろんフィクションが現実を模倣した順番だけど、現実がこんな風に映像として記録されていることは珍しいから、まあものすごい〈群衆〉。恐らくCGじゃない、生身の人間が映っている数でいったら映画史上最多クラスじゃないか。

こんな異様な儀式が行われていたということは、背後にある悲劇を考えると不謹慎ではあるが、面白い。

もちろん当初はそういう目的で撮影されていた素材だから当然だが、パッと見はものすごいプロパガンダ映画。でも最後の文章で全部ひっくり返る。

全員が全員、同じ方向を向いてるってやっぱり異常なことで、本来人間は皆違う方向を向いてるべきで。
集団として結束すると強くなったような気になって、そういうことも必要な時はあるかもしれないけど危うさも多分に孕んでいて。
民族とか思想とか世代とか性別に関わらず人間はそもそもそれぞれ独りっきりで全員が自分とは違う他人で分かり合うことはできないんだという絶望的な孤独さとしっかり向き合わないといけないと改めて思った。超寂しいし怖いけど。その寂しさや怖さの先で、人は人と繋がることができるようになるんじゃないだろうか。お互いの違いを認め合った上で。

【一番好きなシーン】
最後。レーニン廟に入れられるスターリンの棺。発射される大砲、機関車が汽笛を上げ、集団が一斉に脱帽。
ちひろ

ちひろの感想・評価

3.4
こんなに悲しめる?ってぐらい、悲しそうな国民。
あ、これはあれだ、北朝鮮国民と一緒だ、と思った。
それに引き換え、政治家達の冷静な表情よ。
ソ連各地で訃報を聴く様子が、ああ、広いんだなぁ、と。
ここに映ってる人々は、ソ連が50年も経たず崩壊するとはよもや思ってなかったろう。
でも数年後にスターリン批判があったんだから皮肉なもんですよね。
すごいもの観た。

あんなに沢山人がいるのに、
誰も私語をしない。
じっと耳を傾け、何も語らず
ただ待ち続け、何かに思いを巡らす。

時々向けられるカメラへの目線も
何だかぞっとした。

この大勢の中に違う気持ちの人はいるのだろうか?心の内は誰にも分からないけど、
皆んなが皆んな、この全ての人が同じ思いで忠誠心を持っていたとしたら、本当にすごいな、というより怖いなと思った。

平和慣れしている今の日本では考えられない。今誰かが亡くなったとしても、ここまでの巨大な御葬式はないだろうなと思う。

この映画というより映像は
当時の歴史を伝える、
本当に貴重なすごいものだと思う。
リアルに勝るものはない。
何人もがデッサンするスターリン
血のような赤(それが国に流れている)
ウクライナ

描かれなかったもののはかりしれない重たさを。夜と霧が過去からの答え。
Gocta

Goctaの感想・評価

-
社会主義国の独裁者の世界最大規模の葬儀の記録。記録映画としての価値はあろうが、正直なところ、同じようなシーンが多く2時間以上見続けるのは退屈だった。演説の内容からは、現在のウクライナ侵攻に通じるものを感じる。
>|

あなたにおすすめの記事