アクト・オブ・キリングの作品情報・感想・評価

アクト・オブ・キリング2012年製作の映画)

The Act of Killing

上映日:2014年04月12日

製作国:

上映時間:121分

3.7

あらすじ

「あなたの行った虐殺を、もう一度演じてみませんか?」 男は粋なスーツに身を包み陽気に微笑んでいる。 残虐なシーンのないこの映画が、しかし、私たちを最も慄然とさせる映画になった――― これが“悪の正体”なのか―――。60年代のインドネシアで密かに行われた100万人規模の大虐殺。その実行者たちは、驚くべきことに、いまも“国民的英雄”として楽しげに暮らしている。映画作家ジョシュア・オッペンハイマーは人…

「あなたの行った虐殺を、もう一度演じてみませんか?」 男は粋なスーツに身を包み陽気に微笑んでいる。 残虐なシーンのないこの映画が、しかし、私たちを最も慄然とさせる映画になった――― これが“悪の正体”なのか―――。60年代のインドネシアで密かに行われた100万人規模の大虐殺。その実行者たちは、驚くべきことに、いまも“国民的英雄”として楽しげに暮らしている。映画作家ジョシュア・オッペンハイマーは人権団体の依頼で虐殺の被害者を取材していたが、当局から被害者への接触を禁止され、対象を加害者に変更。彼らが嬉々として過去の行為を再現して見せたのをきっかけに、「では、あなたたち自身で、カメラの前で演じてみませんか」と持ちかけてみた。まるで映画スター気取りで、身振り手振りで殺人の様子を詳細に演じてみせる男たち。しかし、その再演は、彼らにある変化をもたらしていく…。

「アクト・オブ・キリング」に投稿された感想・評価

tossy

tossyの感想・評価

4.7
深いテーマなどなく見るもの全てが真実だ。
いかに自分が無知で小さな世界に生きてきたかがわかる。
人間が如何に弱く不器用で、愚かな生き物だと。。
自らの生のために共産主義者を虐殺してきた暗殺部隊のアンワル・コンゴが当時を振り返りながらその殺戮の模様を再現していくという話。
人生で一度は観ておきたい。
aiueo

aiueoの感想・評価

-
屋上へのドアを開けるシーン。カメラが被写体の後ろからではなく、屋上側からなのが気になる。
進藤昴

進藤昴の感想・評価

3.8
前半長い。後半にかけてこのドキュメンタリーの深さに凄味が出てくる。ドキュメンタリー映画はじめよう
インドネシアの闇…1965年に百万人以上の大虐殺に関わったギャング・軍人・新聞記者など本人たちが普通に登場、監督の呼び掛けで当時を再現した映画を作ることに。英雄だと自負しているギャングは、最初は楽しそうに虐殺・拷問の様子を再現するけど、被害者側を演じることで少しずつ心境の変化が起こる…。
色々と日本の状況とかけ離れてて強烈。鑑賞後も色々考えさせられる。

黒幕の規模が大きすぎて現状を変えることは困難すぎるだろう。罰せられる環境がないと、罪の意識が生まれないことがただただ悲しい。

女性達への虐待のシーンと、実際に当時父親が殺された男性が被害者として出演するシーンは見てて本当に辛かった。

インドネシアのアートやパンクバンドのヒリヒリする感じって、こういう歴史や環境がベースになってるんだろうなと納得した。
前に見たドキュメンタリー映画だけど題名を忘れそうなので記録。凄まじい映画だった。
disco

discoの感想・評価

3.6
1965年にインドネシアで起きた共産主義狩りの主謀者プレマンの実話。100万人の犠牲者が出た悲惨な9.30事件。にも関わらず、主謀者達は今でも英雄として扱われている。この話だけでも相当恐ろしいが、実際にその人たちに事件をもう一度カメラの前で演じてみませんか。と提案する監督もすごい。

共産主義者が美人だったらまずは強姦とかさらっというの怖い
あー胸糞悪りぃ…とか口悪く罵ってしまわないと、なんだかやり切れない内容だった。
イタリアの「ゴモラ」は一応フォーマットはフィクションでもしんどい作品だったけど、これ、ガチだからなぁ……本当にまともじゃ無い。凄い。
目が点、呆然、我が耳を疑うシーンの羅列。
でもまぁ直接手を下してない輩もウジャウジャ丸見え。
終盤にいくに従っておっさんの心情の変化が、これまたしんどい。サイレンスオブ〜の方も観たい。
sawak

sawakの感想・評価

4.5
インドネシアでは、1965年にクーデター未遂事件「9・30事件」が起きており、共産主義者と見られた100万人ともいわれる人々が殺害された。この殺戮にあたっては、治安維持のため「プレマン(地元の“チンピラ”)」が関係しており、またその過去をプレマンたちは隠そうともせず、ひけらかす事すらもある。
そんなプレマンに実際の殺害の様子を再現してもらい、当時の様子やプレマンの戦いぶりを後世に残そうという名目で映画を撮影した過程を追った作品が本作である。

やはりもっとも象徴的なのは、悪びれもしなかったプレマンの一人が見せた、グロテスクなまでの変化を捉えたラストシーンがすごすぎる。ドキュメンタリーって本当にすごい。
is

isの感想・評価

3.6
なんかメモが残っていた
きっと途中だったろうけどそのまま
——
インドネシアで1965年に起きた"共産主義者"の大虐殺の加害者に、当時の殺人を再現する様子を撮ったドキュメンタリー。
当初は、虐殺の被害者を取材していたが、当局により接触が禁じられたことや、映画の中での発言から差別がまだ生きていることを知る。
その反面、行為を行った彼らは"プレマン"と呼ばれ、英雄扱い。

罪の意識があるのか/ないのか。
「仕事」として割り切っていたのか。人間だと、認めないようにしていたのか。

(戦争って、こういうことだよね?)

わからなかった。
混乱。

手を下した人々は、"実行者"の意識はある。だから、"英雄"なんだろう。
実行させた人々や、追いつめた人々が、間にいたことも映る。彼らは、加害者ではないとおもっている。知らんふりをして済むとおもっている。

混乱。

加害者たちは日常を生きているのに、"共産主義者"はいまも怯えて暮らしている。
natsuki

natsukiの感想・評価

4.5
一言でいうと、心苦しい映画。
私が今まで観てきた映画とは一線を画しており、後半の1時間に心を抉ってくる不快感を感じます。
前半はポピュリズムによる民主主義の不完全さを感じる程度です。ここに登場するギャングスターたちは彼らなりの正義があって虐殺を行ない、そこに罪悪感はないようにみえました。
しかし後半、このドキュメンタリーの撮影によって彼らの正義に変化をもたらした事が明らかにみてとれます。

出演者にも鑑賞者にも啓蒙させるこの映画、少しだけ目も当てられないようなシーンもありますが観てよかったと思える映画でした。
>|