アクト・オブ・キリングの作品情報・感想・評価

アクト・オブ・キリング2012年製作の映画)

The Act of Killing

上映日:2014年04月12日

製作国:

上映時間:121分

3.7

あらすじ

「あなたの行った虐殺を、もう一度演じてみませんか?」 男は粋なスーツに身を包み陽気に微笑んでいる。 残虐なシーンのないこの映画が、しかし、私たちを最も慄然とさせる映画になった――― これが“悪の正体”なのか―――。60年代のインドネシアで密かに行われた100万人規模の大虐殺。その実行者たちは、驚くべきことに、いまも“国民的英雄”として楽しげに暮らしている。映画作家ジョシュア・オッペンハイマーは人…

「あなたの行った虐殺を、もう一度演じてみませんか?」 男は粋なスーツに身を包み陽気に微笑んでいる。 残虐なシーンのないこの映画が、しかし、私たちを最も慄然とさせる映画になった――― これが“悪の正体”なのか―――。60年代のインドネシアで密かに行われた100万人規模の大虐殺。その実行者たちは、驚くべきことに、いまも“国民的英雄”として楽しげに暮らしている。映画作家ジョシュア・オッペンハイマーは人権団体の依頼で虐殺の被害者を取材していたが、当局から被害者への接触を禁止され、対象を加害者に変更。彼らが嬉々として過去の行為を再現して見せたのをきっかけに、「では、あなたたち自身で、カメラの前で演じてみませんか」と持ちかけてみた。まるで映画スター気取りで、身振り手振りで殺人の様子を詳細に演じてみせる男たち。しかし、その再演は、彼らにある変化をもたらしていく…。

「アクト・オブ・キリング」に投稿された感想・評価

まど

まどの感想・評価

3.9
2018⑤
マツコデラックスみたいなおっちゃんのクセがすごい
インドネシアの大虐殺における加害者側に、再現映画を撮影するというアプローチで深堀するという異色のドキュメンタリー。

[1人殺せば犯罪だが、100万人殺せば英雄]というメッセージに100%否定できない自分がいて、深く考えさせられた。
社会の同調圧力がどこまで高まると、人は歯止めが聞かなくなるのだろうか。今の自分たちにはインターネットがあり多様な意見を取り入れる事が出来るのが救いだが、もしこの環境に自分がいたらどうなっていただろうか。

グロデスクなシーンが多少あるが、史実を見つめる素晴らしい映画。
Atsushi

Atsushiの感想・評価

5.0
ギャングの副リーダー的な男が、リーダーから「映画にはユーモアが必要だ」と言われて無意味に女装させられるのだけれど、その姿がマツコデラックスにそっくりで、それだけでも大満足。
MTAK815

MTAK815の感想・評価

3.6
久々のドキュメンタリー
ただただ非道い、、、
胸糞悪いけど全部見ちまった
Shizka

Shizkaの感想・評価

3.6
歴史を知っていれば興味深いドキュメンタリーだが、自分たちのしたことに気づいた瞬間がどうもボヤけている。

役者じゃないんだから当たり前か
inabow

inabowの感想・評価

4.0
結局何を伝えたかったのかよく分かりませんでした。
殺人はいけない!なのか、殺人とは!?なのか…
どちらにしても、当事者に大量虐殺を"映画"で再現させるという普通では考え付かない荒々しい手法(?)で、今まで出会ったことのない新感覚ドキュメンタリーに仕上げています。
終盤、特にラストのアンワルのあの行動は希望が垣間見えたと同時に、アンワルの今後を考えると、恐怖を覚えました。あのシーン、よくカメラに納められたなと。
アンワルたちが作る映画の世界観も、
もう頭おかしい、、怖すぎる。
史上最悪のドキュメンタリーといっても過言ではないですが、いろんな意味で絶対に観た方がいい映画です。
Moeko

Moekoの感想・評価

4.3
インドネシアの共産主義者・
華橋人大虐殺の加害者に
もう一度それを演じてもらうという
ドキュメンタリー。

カメラという異物、
第三者を介入させることで、
被写体が通常以上に自身を意識し、
客観的に自分を見るようになる。
そうして被写体に
何らかの表出や変化が
現れていくところを見るのが
ドキュメンタリーの醍醐味だと
思ってるけど、それがここまで
分かりやすく効果的に作用してる
ドキュメンタリーはなかなか無いのでは、、。
観れて良かった。

これはやっぱりインドネシアでは今も観れないのかな?
YuAriyoshi

YuAriyoshiの感想・評価

3.8
直訳すると「殺人行為」。
ドキュメンタリーだが、こういう映画作成もできるんだと感じた。
本当に昔殺人行為してた人なんだろうか?と疑問に思う。
ふと「ディア・ハンター」のロシアンルーレットがなぜか脳裏によぎった。
人は誰しも、犯罪者にも英雄にもなれる。それを証明した映画。
人に薦めたい映画のひとつ。
みー

みーの感想・評価

1.9
胸糞悪い。
主人公の心に変化が訪れるってあるけど、ラストのシーンはわざとらしく、もし本気の感情だったとしても、気がつくの遅くない?
>|