アクト・オブ・キリングの作品情報・感想・評価

アクト・オブ・キリング2012年製作の映画)

The Act of Killing

上映日:2014年04月12日

製作国:

上映時間:121分

3.7

あらすじ

「あなたの行った虐殺を、もう一度演じてみませんか?」 男は粋なスーツに身を包み陽気に微笑んでいる。 残虐なシーンのないこの映画が、しかし、私たちを最も慄然とさせる映画になった――― これが“悪の正体”なのか―――。60年代のインドネシアで密かに行われた100万人規模の大虐殺。その実行者たちは、驚くべきことに、いまも“国民的英雄”として楽しげに暮らしている。映画作家ジョシュア・オッペンハイマーは人…

「あなたの行った虐殺を、もう一度演じてみませんか?」 男は粋なスーツに身を包み陽気に微笑んでいる。 残虐なシーンのないこの映画が、しかし、私たちを最も慄然とさせる映画になった――― これが“悪の正体”なのか―――。60年代のインドネシアで密かに行われた100万人規模の大虐殺。その実行者たちは、驚くべきことに、いまも“国民的英雄”として楽しげに暮らしている。映画作家ジョシュア・オッペンハイマーは人権団体の依頼で虐殺の被害者を取材していたが、当局から被害者への接触を禁止され、対象を加害者に変更。彼らが嬉々として過去の行為を再現して見せたのをきっかけに、「では、あなたたち自身で、カメラの前で演じてみませんか」と持ちかけてみた。まるで映画スター気取りで、身振り手振りで殺人の様子を詳細に演じてみせる男たち。しかし、その再演は、彼らにある変化をもたらしていく…。

「アクト・オブ・キリング」に投稿された感想・評価

Yohby

Yohbyの感想・評価

4.0
実際にあった出来事。
ドキュメンタリーの視点が180度、いや540度変わった。
落合

落合の感想・評価

3.9
企画が良かった。
ヨヨ

ヨヨの感想・評価

4.3
60年代インドネシアの軍事クーデターに乗じた大量虐殺の加害者たち(救国の英雄として裕福に暮らしている)に、当時やった殺人の模様を演じて映画化しませんか、と持ちかけると、快諾してくれて、活き活きと「俺たちの考案した血で床が汚れない殺し方」の解説から始めた...というドキュメンタリー。
なのだが、なんだか随分「フィクションみたいに」美しくデコレートして観せているようにもみえて、このことについて少し考え込んでいる。美しい英雄譚を撮ろうとした彼らへの皮肉が交じっているようでもある。風景のビビッドな色調や、「俺当時マーロンブランドが好きでさ〜、あとジョンウェインね」ぐらいの温度で語られる気が遠くなるような話題も相まり、現実離れした浮遊感がずっとあって、それは彼らが作った映画の浮遊感にも似ている。

アクト・オブ・キリングは、カメラの前で演じることが人にもたらす変化を描写した映画でもあり、つまり、英雄的行為をリアルに再現したのに、映像を観てみるとどうしても自分達が悪役みたいに映ってしまうので皆で相談したり、あるいは逆に被害者を演じることで...縛られ、ナイフを突きつけられ、恫喝され、目隠しをされて「さあ、首にメダルをかけてあげよう」...彼らの想像力が彼らを窒息させていく、その過程を、明らかに悪意をもったカメラが撮影し続けるのだ。
この作品、特にエンディングにおいて、油断するとすぐにシンプルな「要するに人間ってのは」というような物語に回収させてしまいそうになるが、それは留保したまま、慎重に観たほうがよさそうだ。
まじめなこと書いたら長くなってしまった。
細野

細野の感想・評価

4.4
善悪、価値観違いの恐ろしさ。
Yoshiyuki

Yoshiyukiの感想・評価

3.0
正直、なんかレベルの低い劇を観てるみたいで、終始よく理解できなかった。
でもそこがミソなのかなとも思いつつ、、、。

過去に何人もの人々を殺した男が、罪悪感を全く感じず、ヘラヘラと生きている。あることで急に子供みたいに理解し始める。

たぶん、きっと主人公に対して感情移入とか理解ができないせいで、この映画が好きになれないのかなって思う。

もう一回授業で見せられたら、違う視点で見れそう。でも、家で自分で観たいとは思わない笑 そもそも、結構長いし、、、(汗
玉露

玉露の感想・評価

3.0

このレビューはネタバレを含みます

机の下からの首の締め方

ごっこのままならいいのに、再び同じような世界がこないといいけど。
人はそんなに成熟してるのか

人殺しにも家族がいて体温がある

ラストには、あまり聞いた事ない音

エンドロールのanonymous

あまりにも残虐で正直見てて楽しいものではなかったけど、これがドキュメンタリーであり、事実であるのがすごく生々しくて怖い。
Mirei

Mireiの感想・評価

5.0
ポレポレ東中野で鑑賞
deadcalm

deadcalmの感想・評価

4.2

このレビューはネタバレを含みます

ほぼほぼ内容はもう知っていたけれど、 Netflix にあったのでちゃんと観賞。

ラストシーンがよく言及されるけど、個人的には、スヨルノっていう、子どもの頃に継父を虐殺で殺されて自らその死体を墓に埋めた経験を持つ人が、再現映画の中で自分が殺される役をやらされるところが一番キツかった。(自分の体験を話すときの気の使い方がまたリアルすぎて辛い・・)

アンワル氏はおしゃれで喋りもうまく、根っこの感性は豊かな人なんだろうな、と思った。最後には自分の中の罪悪感にちゃんと向き合えるまでに至れたのは本人のそういうところによるんだろう。監督インタビューでも、この人は41番目に取材した加害者で、初めて自分の中の痛みに正直な人だったと語られていた。平常時の人柄だけを見れば、むしろ魅力的な人物に見えた。
マツコ・デラックス似のヘルマン氏もどことなく憎めないところがあったけど、この人もやはり思うところがあったそうで、撮影後にパンチャシラを抜けてまでインドネシア国内での上映に尽力してくれたという。
不良がたまにいいことをするとめっちゃ良いやつに見える的な話かもしれないけども。

関連作品として松井稔監督の「リーベンクイズ」と、アイヒマンのドキュメント「スペシャリスト」を押さえておきたい。
カツミ

カツミの感想・評価

3.8
1965年インドネシアの虐殺実行者に虐殺再現映画を作らせ、そのドキュメンタリーを本作品とする。とても斬新(?)な映画。
共産党員もしくはその決めつけで、問答無用で殺害していった彼等。
殺害方法はアメリカ映画から得たとの表現も。
彼等の虐殺行動にまともな信念などは全く無く、自分達の主張と欲の為でしか無かった。
人類学、社会学、歴史、心理学等の教材にどうぞ。
>|