娼年に投稿された感想・評価 - 5ページ目

「娼年」に投稿された感想・評価

公開当時この映画の応援上映やったってまじ?!??!えっ応援…どこを?!

このレビューはネタバレを含みます

欲望のままに人は生きる。

松坂桃李さんの冴えない大学生感が凄いうまい。
そして男っぽいSexの独りよがりとか
イッた時の感触とか
情けさとか
荒々しい感じとか
演技だけでいえば評価は5だと思う。

日本のピンク映画の中では群を抜いて良い作品だと思うし
AVと比較されてしまう作品だけど
リアリティで言えばAV越えている。
所々、ナレーションで入っていたり
あくまで’’主人公目線’’で物語が展開していくから女性は裏方というのがAVと違う。
だから’’エロ’’というより卑猥で欲望のままな作品。

結局は夜の仕事。
イメージが良くないから友達は離れてく。
ここはほんとに人の価値観で変わるから全てを捨ててでも娼夫になるというのは凄いと思う。
→類は友を呼ぶじゃないけど
元々母親が娼婦だったり憧れの静香も元娼婦だったり娼夫になるべくしてなったというのがすごい悲しい。
自分で選んだわけじゃないかもしれないというのが。


娼夫を頼む女性達はかなり歪んだ性癖を持つ人々。
彼女らはおばさんが多く綺麗揃い。
そこはリアルさはあまり感じられないが、
欲望のままにSexをしているのは
演技といえど本当に気持ちが良さそう。
西岡徳馬さんが演じた夫婦のシーンは普通に笑えたし3人で始めたところはめちゃくちゃ笑えたなぁ笑笑

恵をお客側として始めるところや
最後の3人でのシーンは観ていてとても情けなくなる。
→とはいえ憧れの人とか
好きと思われてる友人とのSexは格が違う。
誰かが上質なAVって言ってたけどそうだと思う

記録すんの忘れてた
アートより日活ロマンに少し寄せたのかな。適度に笑いを取りに行ってる。
K

Kの感想・評価

3.3
あまりにリアルな描写が強すぎて、もっと人間模様にフォーカスしたバージョンがあったら面白いのではと思った。
夜の世界と昼の世界という言い方、この言葉って不思議。
松坂桃李がずっとセックスしてる!!!
かなりリアルで驚いた。
西岡徳馬シーンの「えっ」には声出して笑った。
愛する人と出来ないセックスを娘を通して互いに絶頂に達するシーンは超人。
fontaine

fontaineの感想・評価

2.9
男娼の話し。
松坂桃李が男娼になってみたら、意外と才能あって売れっ子になっちゃうという話し。
Kaori

Kaoriの感想・評価

2.0
応援上映で松坂桃李の腰使いに合わせて太鼓が叩かれたってツイートを見て興味をひかれた。
大学生が男娼になるって話なんだけど、面接?のセックスで
「こんな前戯で金取ったらクレームしか来ねえだろ・・・」と思ったらどんどん人気になっていってこの世界での正解が分からなくなった。

所謂イケメン俳優のカテゴリだと思っていた松坂桃李が想像以上に身体張っててビックリした。
松坂桃李主演のAVだな、、
女優は名を売るためにここまでしなければいけないのでしょうか?
体を張っているのに、申し訳ないけれど笑ってしまうセックスシーン。
オーナー?が一番理解できない。娘に何させてんねん。
き

きの感想・評価

-
松坂桃李体張ってるな〜と思った
初めの方冴えない大学生感がすごく出てた
直視できない

あなたにおすすめの記事