娼年の作品情報・感想・評価 - 5ページ目

娼年2018年製作の映画)

上映日:2018年04月06日

製作国:

上映時間:119分

3.4

あらすじ

主人公は、森中領(もりなかりょう、通称:リョウ)。大学生活にも退屈し、バーでのバイトに明け暮れる無気力な生活を送っている。 リョウの中学校の同級生で、ホストクラブで働く田島進也(たじましんや、通称:シンヤ)がある日、ホストクラブの客として訪れた女性を、リョウの勤めるバーに連れてきた。女性の名前は御堂静香(みどうしずか)。恋愛や女性に「興味がない」という領に静香は“情熱の試験“を受けさせる。それ…

主人公は、森中領(もりなかりょう、通称:リョウ)。大学生活にも退屈し、バーでのバイトに明け暮れる無気力な生活を送っている。 リョウの中学校の同級生で、ホストクラブで働く田島進也(たじましんや、通称:シンヤ)がある日、ホストクラブの客として訪れた女性を、リョウの勤めるバーに連れてきた。女性の名前は御堂静香(みどうしずか)。恋愛や女性に「興味がない」という領に静香は“情熱の試験“を受けさせる。それは、静香がオーナーである秘密の会員制ボーイズクラブ、「パッション」に入るための試験であった。 最初こそ戸惑ったが、「娼夫」として仕事をしていくなかで、女性ひとりひとりの中に隠されている欲望の不思議さや奥深さに気づき、心惹かれ、やりがいを見つけていくリョウ。「女性は退屈だ」と言っていたかつての姿が嘘のように、どんな女性の欲望も引き出し、彼との時間を過ごすことによって、彼を買った女性たちは自分を解放していく。やがて静香に対しても想いを寄せるようになるのだが・・・。

「娼年」に投稿された感想・評価

とても感動する映画なので、ぜひご家族、おとうさん、おかあさんと観に行くことをお勧めします!!!!
とても元気が出る映画です!
333

333の感想・評価

3.5
けっこう笑ったけどそれだけ〜〜
あとエンドロールであんなにみんな喋り出す映画初めて見た

TOHOなんばシアター11
G9でちょうどいいぐらい🙌


いやなんか良いと評判だったから
期待してみた。


うん、松坂桃李の演技力やなこれは。

構成と内容はよくある話だし、
何より過剰演出はこの映画にマッチするのか?と考えるとどうかなと。


ただ、直接すぎるメッセージは逆に清々しくて今のまわりくどいものよりかは見やすく内容は大人向けやが考えてる事はシンプル
松坂桃李さんの演技、とても良かったです。「娼夫」として働きながら成長していく主人公の姿にドラマを感じました。
destiny

destinyの感想・評価

3.2
観終わってなかった旅人からの桃李くん
#不能犯 では少し物足りなさを感じたけれど
今回は話題になってたしみて観た
いやーなんといってよいものか

たしかに綺麗は綺麗だった
そして若干ひいた( ̄▽ ̄;)
こんなに沢山...いーらーなーいー

でも桃李くんは頑張った
でもって凄く真面目なんだろうな
という感想...を持ちました。はい。

おひとりさまで行くのがおすすめかな💦公式サイトでは感想かけるようになってて皆さんリョウくんに会いたい買いたいってありましたが
私は娼年になりたいと思いましたわ
松坂桃李のAV単体作。ひたすらエロい。

大人のお姉様方の欲望と向き合いながら普通の大学生が娼夫として成長していく物語。

主人公、リョウ君の設定に凄く惹かれた。過去に闇を抱えながらも無機質な生活を送る高学歴青年、あー、いいね設定で満点。そして彼を演じる松坂桃李の演技。普通の演技は普通だけど、セックスシーンの演技がガチ。陰部以外全出しでキスから本番まで熱演。中盤ぐらいからはもはやギャグの域に達します。濃厚でした。すごい。

ツッコミどころが多過ぎるのが難点かなぁ。娼夫は本名でやったり行為の撮影許可したりはまずない。あくまでファンタジーかな。もっと現実味持たせてくれた方がより良かったかも。

内容は先述の通りだが、全体を見ると起承転結の流れが綺麗だとは思わなかった。でも俳優陣の演技や作品の雰囲気には目を引くものがあるので、とても見応えがあって良かった。凄く楽しめました。
むぎこ

むぎこの感想・評価

3.2
松坂桃李が頑張って色々だしてたけど、最後の最後にアレな演出がギャグすぎて引く。
かなき

かなきの感想・評価

3.2
『僕を、買ってください。』

主人公は男子学生だけど、物語の本質的には女性向け。
劇場も女性が圧倒的に多かった。
劇中の女性たちが織りなす様々な欲望を、「引く」のではなく「寄」ってその欲を知ろうとする主人公の姿は、女性なら好感が持てるような気がした。

個人的には咲良役の冨手麻妙にかなり惹きつけられた。
松坂桃李はこれを舞台でも演じていたというから凄いとしか言いようがない。

引きのカメラワークではなく、細かく丁寧なカメラワークだったのも印象的。
しかし、これを舞台でやったというのが未だに信じられない。

このレビューはネタバレを含みます

サングラスと和太鼓ズンドコの回はクソワロだった。
あと最後のシーンの三位一体の演出が笑いすぎてしんどかった。

骨折るシーンいらないしあそこ必要だったかなー?
あみ

あみの感想・評価

4.0

このレビューはネタバレを含みます


桃李くん好きだから見るのなんかめちゃくちゃ緊張してたけどいや〜〜本当に〜〜松坂桃李ってイケメン若手俳優から演技派にずんずん進んでいってるんだなあと

オーナーのお姉さんに告白するシーンでまじで泣いてしまったびっくり。笑
肩貸してくださいって言って泣くシーンもめちゃくちゃ好きだなあああ

原作読んでああやっぱりこういう感情の動きがあったんだなあって何度も思った!やっぱ桃李くんすごい!!!!!
そしてレディースデイの娼年の需要が高すぎ!!!映画館二件回ったわ!!!!