娼年の作品情報・感想・評価 - 5ページ目

娼年2018年製作の映画)

上映日:2018年04月06日

製作国:

上映時間:119分

3.4

あらすじ

主人公は、森中領(もりなかりょう、通称:リョウ)。大学生活にも退屈し、バーでのバイトに明け暮れる無気力な生活を送っている。 リョウの中学校の同級生で、ホストクラブで働く田島進也(たじましんや、通称:シンヤ)がある日、ホストクラブの客として訪れた女性を、リョウの勤めるバーに連れてきた。女性の名前は御堂静香(みどうしずか)。恋愛や女性に「興味がない」という領に静香は“情熱の試験“を受けさせる。それ…

主人公は、森中領(もりなかりょう、通称:リョウ)。大学生活にも退屈し、バーでのバイトに明け暮れる無気力な生活を送っている。 リョウの中学校の同級生で、ホストクラブで働く田島進也(たじましんや、通称:シンヤ)がある日、ホストクラブの客として訪れた女性を、リョウの勤めるバーに連れてきた。女性の名前は御堂静香(みどうしずか)。恋愛や女性に「興味がない」という領に静香は“情熱の試験“を受けさせる。それは、静香がオーナーである秘密の会員制ボーイズクラブ、「パッション」に入るための試験であった。 最初こそ戸惑ったが、「娼夫」として仕事をしていくなかで、女性ひとりひとりの中に隠されている欲望の不思議さや奥深さに気づき、心惹かれ、やりがいを見つけていくリョウ。「女性は退屈だ」と言っていたかつての姿が嘘のように、どんな女性の欲望も引き出し、彼との時間を過ごすことによって、彼を買った女性たちは自分を解放していく。やがて静香に対しても想いを寄せるようになるのだが・・・。

「娼年」に投稿された感想・評価

tipsy806

tipsy806の感想・評価

2.8
原作は何年も前に読んですっかり忘れてたけどこんな話しだったかなー、、。
なんと感想をかけばいいのかわからないんですが、とにかく半分以上濡れ場です。もう松坂桃李くんよくぞここまで頑張ったなー!という言葉が感想!お疲れ様でした!コレを踏まえ今後もっと幅広い演技になるのかなーとか、それはとても楽しみにしてます。
Yuya

Yuyaの感想・評価

2.7
まぁ 乱れまくりの演技は 確かに体当たりだった

人それぞれ 足りない部分や抱いた傷の 埋め合わせや治癒の方法は十人十色で 当然 性の処理や満足感も無限なのは それはまぁそうなんだろうけど
環境やトラウマからくる衝動は どう大胆に描いても やっぱ傷つかない為の予防線にも思えてしまうんだよなぁ
それが いかに自暴自棄で変態的であっても やっぱ なんか臆病さが見え隠れしてた気がする

もしかすると 虚しさからの防衛本能こそ 性欲なんだろうか…?

ま あの旅館のジイさんと 若いカミさんと 松坂桃李
全員が ちゃんとイク事ができてんだから みんながハッピーで 良かったんじゃないの?

ただ 休日にわざわざ夫婦で観るのは 間違いだったかなぁ
男ですが気になって見ました。
松坂さんが寡黙で色っぽい。
仕事を一つ一つこなしていく娼年もそれを求める女性達も悲しくて良かった。
画面が暗く、連続してAVを見る感覚と近く、真面目に見ると見る側もけっこう辛い。
AVを超えてるのではと思うほどダイナミックなシーンが並列的にあるので、丁寧に表現したい気持ちもわかるのですが、重要じゃないラブシーンはまとめて緩急にしてくれると嬉しい。
桜井ユキさんの「頂戴」、良いですね。
17

17の感想・評価

3.6
色々すごい。これよくやったなあみたいなのがぽんぽん出てくる。いや何それみたいなのもありながらも、きちんと人対人なのが好印象です。テンポもよく順序もわかりやすかったのでドラマでもみてみたいと思いました。多分無理だけど。でも舞台と応援上映やったならこわいものなくない?
ino7010

ino7010の感想・評価

3.3
評判どおり邦画としてはかなり大胆に攻めた描写が続き、松坂桃李のすごさをまた認識できた。
映画としては後半一部分で少し切なさを感じられる部分もあったが、音楽とスローモーションの演出の古臭さと盛り上がりに欠けるストーリーがなんとも言えなかった。
クールな松坂桃李さんが、いやらしい言葉を発したり、一心不乱に腰を振ったりと、仔細なベッドシーンが多い映画です。

一見、ありがちな18禁映画と捉えられがちですが、

男女問わず人間の欲望は果てしなく深く、傷ついた心の癒しを求めるように互いを求め合うことができれば、十分に満たされるものだと。

主人公(松坂桃李さん)が出会う女性の湧き出るようなリビドーと向かい合い、それを受け入れて享受できた時、

お互いが通じ合える、お金という尺度でははかれない、かけがえのないナニカが生まれるものだなと感じました。
hofukuMiyu

hofukuMiyuの感想・評価

3.2

このレビューはネタバレを含みます

性って未知!わかんなすぎぃ!
松坂桃李に抱かれたいに限る映画
やぐ

やぐの感想・評価

2.0
松坂桃李、すげー

慌ててボリューム下げた。
でもなんだろうこのちょっと古臭い演出。地名のテロップ出したり。音楽もなんか…昭和かっ!
そしてキチガイ母子。2回目の桜とのセックスの演出が一番ないわ。結局マザコン男の執着みたいになってるし。

でも、松坂桃李、すげー

松坂桃李だけ見れば★5つ
でもこの仕事は果たして彼にとってプラスになったのだろうか…。

あ、何気に西岡徳馬も頑張ってたと思う。
エロい、うん、エロイ(/ω\*)
でも、それだけじゃなぃ
ただただ、松坂桃李目的でレンタルした作品だったけど、大学生のコールボーイのりょうくんを演じる松坂桃李に圧巻。。

見終わった時には、
松坂桃李をではなく、
コールボーイのりょうくんを観ていた。
それぐらい、惹き込まれてました。

この作品が舞台でやってたなんてすごいなぁー。
buhi

buhiの感想・評価

3.3
人の表と裏が、すごくリアルに表現されてました。闇や恥じらいが悪いことでは絶対に無くて、ああいうことでしか表現できないこともあるのかなあ。人間って奥深いなあ。

リョウくんが魅力的になっていく姿がステキでした。
いちばん欲しいものは手に入らない。もどかしい。

メグミとのシーンは切なくて切なくて泣けた。
ずっと両想いだったんだろうな。

指を折るシーンだけは目をつぶって音も消しました。あれは無理だった、、、うげってなった😑