娼年の作品情報・感想・評価 - 5ページ目

娼年2018年製作の映画)

上映日:2018年04月06日

製作国:

上映時間:119分

3.4

あらすじ

主人公は、森中領(もりなかりょう、通称:リョウ)。大学生活にも退屈し、バーでのバイトに明け暮れる無気力な生活を送っている。 リョウの中学校の同級生で、ホストクラブで働く田島進也(たじましんや、通称:シンヤ)がある日、ホストクラブの客として訪れた女性を、リョウの勤めるバーに連れてきた。女性の名前は御堂静香(みどうしずか)。恋愛や女性に「興味がない」という領に静香は“情熱の試験“を受けさせる。それ…

主人公は、森中領(もりなかりょう、通称:リョウ)。大学生活にも退屈し、バーでのバイトに明け暮れる無気力な生活を送っている。 リョウの中学校の同級生で、ホストクラブで働く田島進也(たじましんや、通称:シンヤ)がある日、ホストクラブの客として訪れた女性を、リョウの勤めるバーに連れてきた。女性の名前は御堂静香(みどうしずか)。恋愛や女性に「興味がない」という領に静香は“情熱の試験“を受けさせる。それは、静香がオーナーである秘密の会員制ボーイズクラブ、「パッション」に入るための試験であった。 最初こそ戸惑ったが、「娼夫」として仕事をしていくなかで、女性ひとりひとりの中に隠されている欲望の不思議さや奥深さに気づき、心惹かれ、やりがいを見つけていくリョウ。「女性は退屈だ」と言っていたかつての姿が嘘のように、どんな女性の欲望も引き出し、彼との時間を過ごすことによって、彼を買った女性たちは自分を解放していく。やがて静香に対しても想いを寄せるようになるのだが・・・。

「娼年」に投稿された感想・評価

エロいと言うよりも松坂桃李君の悶絶する様子や情けない声を上げる様子を笑って楽しむ映画です。

人の性のぶつかり合いを正々堂々と描くと同時に汚いだけでは無い欲望やより深い部分を真面目だからこそ滑稽で思わず笑えてしまう様に作られてる。

ただしラストのSEXシーンがイマイチ、突然別空間にワープして3人の顔面モンタージュでエクスタシーは安っぽくて嫌だった。それ以外は淡々と生々しくて飾ってない感じが良かったのに急に雑になった感じ
あと、売春のデメリットが一切無し。一応逮捕されたりエイズになった人が出てくるけど、ほぼノーダメージ
万引き家族を犯罪の肯定だと言ってた人は「娼年」を観た方が良い。
賛否割れるだろうけど良い映画
好きな人に一ヶ月分のバイト代払って泣きながらせっ○○してるシーンは心にきた
一番最後の試験はちょっと合わなかった
なんだあの演出
監督からの要望なのか 局部を写さないための演出なのか腰の振り方と名前連呼に癖あった(笑)

性癖って色々あるんだなあとおもうと面白い。(笑)ところどころ笑ってしまった。
初めてのお客様は女の私でもドキドキした。

ひとの仕事にあれこれ第三者がいう筋合いはないし自分の価値観を正統派するのは気を付けようとおもった。
これ舞台ってどうやってしてたのか
気になるー。

桜井ゆきさんはモンテ・クリストをリアルタイムで色気ある女優さんだなと見てたから、おお!ってなった。
sui

suiの感想・評価

4.0
いろんな意味で衝撃的な映画。
間違いなく桃李くんの代表作になるんだろうな。って思いました。
三浦大輔最新作。監督作品観ているのですが、「ボーイズ〜」「愛の渦」とかは気負いすぎて、ボンヤリした印象。前作「何者」から「あーただ意地悪なだけじゃないんだ」って思った次第です。
そして本作。
松坂桃李くんの頑張りもあって、よりこの人がやりたいテーマがわかり易く伝わりました。それは恐らく「生きてる証は他者の交流からでしか、測れない」っていうことではないでしょうか。
という意味でいうと性交っていうのは、シンプルでストレートですよね。なので、股間も好感も膨らませ、面白く観れました。
SAZ

SAZの感想・評価

2.6
エロからの視点からのレビューが多いので、自分は身体の物質性と孤独の観点から。
ふつうセックスを映画で描く1番の効能は、普段意識しないこの身体が、いかに物質によって出来ているのかを観客に意識させることにあると思う。つまり、普段理性的である人間が、身体が先行する欲望のままに行動することにより、自分が世界において確かに肉を持って存在しているということを、観客に実感させるという目的があると思っている。
しかし、この映画は特殊な性癖の女性が多数現わされるように、どちらかというとセックスによる身体性よりも、身体性に付属して後付けされる、歪んだと一般的に考えられる理性のあり方の多様性と、最終的に身体が持つ生きてるという実感には敵わないというところに帰着しているように感じた。だからコメントとしては、なんというか、そりゃそうだろ、という感じ。
それより着目すべきは、松坂桃李演じる主人公が理性の結晶である大学に飽き飽きし、生きている実感をより感じるセックスを職業的にこなす事で、最終的に彼の持つ孤独は、理性的に考えても物質的に感じても乗り越えられる物ではなく、むしろその中間にある、何かを意識的に決断し実行することで孤独との折り合いをつけることである、という結論こそ見るべきものであると思う。
そして最後に、松坂桃李の体当たりの演技については単純にすごいと思った。というのも、自分のイメージでは、松坂桃李の本質は、たくさん女性がいる環境が苦手そうな、朴訥とした印象だったので、まず現場がかなりストレスフルだったろうなと思ったからである。
n

nの感想・評価

-
雰囲気はシリアスだけど笑えるシーンが多々。最近の桃李くん半端ないって、、
うむむ、これを高く評価している人とは相容れないかも。。
松坂桃李にとって、この出演歴は黒歴史と言えるんじゃなかろうか。

もう単純に松坂桃李がヤリまくるだけの作品。女性を悦ばせる充実感と身体を売ることの葛藤とかいろいろ描いてるっぽいんだけど、そんな心理描写なんか全然入ってこない。

全編シリアスなトーンで進行するけど、これはギャグなのか。松坂桃李のベッドシーンと言えば「彼女がその名を知らない鳥たち」の変態セックスがハマり役だったけど、本作は妙にカッコつけちゃってイマイチ。良い役者さんなのに残念。

それから西岡徳馬も、もう少し仕事選んだほうが良いと思うw
桃李君、よくこの役をやったなあという感想。彼女がその名を~の時も思ったけど比じゃなかった。欲望の形は人其々は分かるが、真飛さん母娘の関係は全く理解できない。いかにも元男役演技の異質感がこの役には合ってたかな。
1059

1059の感想・評価

3.5
面白かった。
ちょっと笑ってしまうような。
女の欲望を叶えながら成長していく松坂桃李が素敵だった。
キャストの演技力すごい👏