カメラを止めるな!の作品情報・感想・評価

上映館(2館)

カメラを止めるな!2017年製作の映画)

上映日:2018年06月23日

製作国:

上映時間:96分

あらすじ

「カメラを止めるな!」に投稿された感想・評価

もともとスプラッターは苦手で、さらに邦画のゾンビということで避けていたけど、TV放送で見つけたので、世間から遅れに遅れて初観賞。
やはり最初の40分間は、グロ苦手の人にはキツいのでは。
ただし、ワンカットで撮影し続ける様は、素晴らしいの一言。
映画バードマンを思い出した。
作品後半、伏線の回収が楽しく進む。
アイデア次第で、こういう映画も作れるんだなあと感心。
テレビで観て、ちょうどよい感じでした。
映画業界で頑張ってる若者に、勇気と希望を与えたという点で、このスコアです。
最初37分間?はワンカット撮りと聞いてから見たけど、なにこれってなって、途中から答え合わせ。あーなるほどって家で家族としゃべりながら見てるのがちょうどよかった。映画館で見てたらしんどそうだなと。笑 最後まで見て、エンディングも見て、もう1回最初のワンカットのところ見たくなった!今までにない映画!そういう意味でめちゃくちゃおもしろかった!
ゼロ

ゼロの感想・評価

2.0
低予算を逆手に取ったアイデア作品。

ゾンビ映画としての37分、ゾンビ映画じゃない部分の59分を観ると、ハッとさせられる点が多い。本作品はENBUゼミナールのワークショップとして撮影しているのもあり、俳優は無名だ。お金を懸けられないかこそのゾンビ映画としての撮影、お金を懸けられないからこそのゾンビ映画じゃない部分がエンタメ作品として昇華している。

この映画のキャッチフレーズが「最後まで席を立つな。この映画は二度はじまる。」の意味は全てを目撃した時に実感する。ゾンビ映画としての37分に、こんな意味が合ったのかと見返したくなる。

もう一度、観たいと思わせる作品の力は凄い。何を言ってもネタバレになるので、とにかく観ろの勧め方しかできないのも良い。人気が出る理由は十分は分かる。

反対に期待値を上げて観ると、拍子抜けしてしまう部分もある。あれだけ話題の作品として祭り上げられていたのに、観終わってしまうと、こんなものなの?と困惑してしまう部分もある。その感想もある意味、正しいと思う。

この映画の正しい楽しみ方は、偶然、レンタルショップで映画を借りてみたら、めちゃくちゃ面白い映画だったと知人に勧め、盛り上がるような作品。

このレビューはネタバレを含みます

本当に最初は「なんだ、、?このクッソB級ホラー映画、、こんなのが騒がれてたんか、、、」って思いました。

いやー良い意味で途中から裏切られたましたね!

前半の一つ一つの疑問点が後半に解消されていく感じ。
好きですよ。私こういうの

何より評価したいのは役者陣の演技。
とっても素晴らしかったと思います。

普通に楽しめた作品でした

このレビューはネタバレを含みます

金曜ロードショー。話題になってたのはもちろん知ってるんですが、あんまり興味がわかなくて、いつか配信されたら…と思ってたら地上波放送が来たのでラッキー!って感じで観ました。

期待値を上げてたわけでもないんですが、周りの観てきた人が「ネタバレしちゃうとダメなんで…」と言ってたわりに、あ、そういうことね、みたいな感じで、ちょっと拍子抜けしたことは正直に告白しておきます。

ただ、映画の後半の、作品を作り上げる過程で起こる様々なハプニングにどう対応していくか、映画の裏側を見せる過程でのちょいちょい愛情ある描き方は素直に好感持てました。

が、しかし、そんなに大騒ぎするほどかなぁ…と思ったことも事実でして…、ごにょごにょ…。好みの問題なのかなぁ。

まあ、そんな感じです。
あり

ありの感想・評価

4.0
前半はクソつまらんけど後半面白いっていう周りの意見に納得。
どんでん返しっていう前情報は、知らずに観たかったなと思ったので、早く観なかった自分に後悔。
面白かった!

このレビューはネタバレを含みます

メイクさん「ポンッ❗」「ポンッ❗」(笑)

ヒロイン「よろしくで〜す」(イラッ💧)

監督役「作品は君のものだって分かってるだろ?!→本番:作品は俺のもんなんだよ、リハの時からガタガタ言いやがって→ビンタ」(笑)

最初のノーカットの約40分…それはもう想像以上に辛かった💧何せ、女性、女の子の悲鳴という甲高い声が大の苦手だからホラー系を好んでみる事は無い

・・・但し、本作は話題になってたので、テレビ放映を待って、今まで落ち着き余計な情報を入れて無かったのが功を奏した…鑑賞後はまだ頭の中の整理がつかなかった、そのまま就寝→夢に出て来るくらいだから、何かしら不思議なインパクトがあったのは確かだろう?!😅

まさにアイデア勝負の二部構成・・・そして観客の不可解な疑問・謎への興味を上手いと言うより、ギリギリの賭けで後半の盛り上げに繋げた秀作だと思った

前半の大袈裟で謎の演出・展開…とにかくゾンビホラー映画で大人や子どもを問わず、女性が過剰に「キャーキャー、ギャーギャー泣き叫ぶ」のが心底苦手な自分としては、ヒロインのウザキャラ感が、かなりキツくて前半ノンストップの40分間を良く乗り切れたという《ギャップ効果》も大きかった

前半の謎や、イラつく展開のフラグを丁寧に拾って繋げていくネタバラシ的な手法が安心感も高め、改めてアイデアの勝利と感心した

前半には出て来ない、アナログ的な低予算映画作りの裏側は、特に女性スタッフ達のまるでチームスポーツの連携プレーのような動きは、血だらけで死体が転がる現場とは思えない、むしろ爽やかな笑いさえ感じてしまった

この作品のいわゆる(二匹目のドジョウ)狙いの類似作は見たくない…予算やキャストの多さに関わらず、良い物は作れる手本が近年の作品に出来たのだから、この上田監督をはじめ、またアイデア勝負のオリジナリティ溢れる作品が観たいと思う😏👍
この映画はすごい!

まさかの展開にびっくり!
Kazumi

Kazumiの感想・評価

4.0
始めの40分が退屈すぎて、席を立とうと思った。退屈すぎてポップコーンが捗った。

その後からは、もう面白すぎて!
制作現場のあるあるがギッシリすぎて、ツライ(笑)
映画館で観たのは失敗だった。周りの目を気にして思いっきり笑えなかったのが残念。
技術は詳しくないので、あれ?と思ったところは後日知り合いに聞くとする。
娘着用の映画Tシャツ、欲しい!
SatoruAsai

SatoruAsaiの感想・評価

3.9

このレビューはネタバレを含みます

『「ゾンビ映画を撮ってるヤツら」が巻き込まれるゾンビ映画』を撮ってるヤツらの話。

「違和感」を絶妙に料理したところがこの作品の30%で、「熱意」をダイレクトに届けたところがこの作品の70%だと思う。

違和感こそが伏線の全てなんだけど、この作品だからこそ、その違和感を伏線と思わせなかった、ってこと。これを計算でやったところが素直にすごいんだよね。

入れ子構造の理解はもちろんのこと、監督も脚本家も役者も、すべてのスタッフが自分の立ち位置、自分の拙さ、自分の不足を受け入れてないと撮れない作品。

だからといって、「インセプション」以上の点をつけられるような作品ではないと思うんだ。階層構造の難解さもシナリオを面白さも向こうが遥かに優っている。
>|