カメラを止めるな!の作品情報・感想・評価

カメラを止めるな!2017年製作の映画)

上映日:2018年06月23日

製作国:

上映時間:96分

4.0

あらすじ

「カメラを止めるな!」に投稿された感想・評価

chommin

chomminの感想・評価

3.0
思いの外平和な物語でびっくりした。
よろしくでぇーす。
これにむかついて思わず舌打ちしてしまった。

たしかに面白かったんですが、そんな爆笑するようなことはありませんでした。
ただ、ワンカットの撮り方が大変なんだろうなー、どうやって撮るんだろうと漠然と思いながら鑑賞。

本当に最後のエンディングが一番興味深く観ました。
ゼロ

ゼロの感想・評価

2.0
低予算を逆手に取ったアイデア作品。

ゾンビ映画としての37分、ゾンビ映画じゃない部分の59分を観ると、ハッとさせられる点が多い。本作品はENBUゼミナールのワークショップとして撮影しているのもあり、俳優は無名だ。お金を懸けられないかこそのゾンビ映画としての撮影、お金を懸けられないからこそのゾンビ映画じゃない部分がエンタメ作品として昇華している。

この映画のキャッチフレーズが「最後まで席を立つな。この映画は二度はじまる。」の意味は全てを目撃した時に実感する。ゾンビ映画としての37分に、こんな意味が合ったのかと見返したくなる。

もう一度、観たいと思わせる作品の力は凄い。何を言ってもネタバレになるので、とにかく観ろの勧め方しかできないのも良い。人気が出る理由は十分は分かる。

反対に期待値を上げて観ると、拍子抜けしてしまう部分もある。あれだけ話題の作品として祭り上げられていたのに、観終わってしまうと、こんなものなの?と困惑してしまう部分もある。その感想もある意味、正しいと思う。

この映画の正しい楽しみ方は、偶然、レンタルショップで映画を借りてみたら、めちゃくちゃ面白い映画だったと知人に勧め、盛り上がるような作品。
ゆうき

ゆうきの感想・評価

4.0

このレビューはネタバレを含みます

金曜ロードショーにて。面白い面白いと聞きすぎていたので、正直な感想は、あー、そういう感じなのねというところ。でも、最後まで観てから、もう一度観たくなる、上手い作りになっていると思う。キャストのギャップが上手く演出されていて、面白かった。元の作品である舞台も気になる。
hayato

hayatoの感想・評価

4.1
【ゾンビ、うわー!ゾンビだ。(注)これは単なるゾンビ映画ではありません。】

★名台詞

●監督『撮影は続ける!カメラは止めない!!』

名台詞!!この焦って台詞を言うところが好き。

●日暮晴美『ぽんっ!!』

みなさんもご一緒に…

● 松本逢花『よろしくでーすー』

イラっとするけど、なんだか憎めない。

《ストーリー》○
《演技》△
《音楽》○
《展開》◎
《笑い》◎
《感動》○
《泣》△
《ハラハラ度》◎

★感想

やっと観ましたよ!
テレビを観て、もう一回副音声で観て、二回楽しめた!!

映画の制作作りの大変さを感じ、低予算で良くもこれほどの大作ができたな!っと敬意を払いたい。

ヘアバンドが100円だったりとか、低予算な所もそれを感じさせないでいる。
初めて観る方は最初のノーカットの目線とか気にした方が面白いかも!

演技云々に関しては微妙だと思ったけど、それでもエンドロール観ると、個性派揃いだけど、いやいや素人でない。俳優の中の俳優だよ!と思った。

撮影裏話が面白すぎて、観た後も楽しめる作品に仕上がっている。
こんなに計算されて出来た映画なんて、そうそう無い。上田監督が素晴らしすぎて次回作に期待したい!
まさかこんなに笑える映画だとは思わなかった!
個人的には最後の本物の撮影スタッフさんの映像がすごくよかった
つよ

つよの感想・評価

3.5
ゾンビ映画撮影中に役者が本当のゾンビになっちゃった?
種明かしが面白かった。
ゾンビや生々しいのはちょっと苦手。

話題だけどDVDでいいや、新作じゃなくなるまで待とう、TVでやるなら借りなくていいじゃん、でようやく。

予備知識ゼロで見たらもっと楽しめたろうな。
「いや〜面白かった!」

本当、始めは「売れない俳優さんの自主制作映画?ガッカリ^^;」て感じて見てたんだけど、その後の転換にびっくり‼️
一気に始めの場面に深さが出てきて、しかも仕事で「てんやわんや」しながら頑張ってる感じが、仕事アルアルな感じで親近感が湧いた。
進行よし、見せ方よし、親近感あり、笑いあり、そして、ちょっと感動あり☺️
レンタルで見たけど、買って家に置いときたくなる一本o(^▽^)o
SatoruAsai

SatoruAsaiの感想・評価

3.9

このレビューはネタバレを含みます

『「ゾンビ映画を撮ってるヤツら」が巻き込まれるゾンビ映画』を撮ってるヤツらの話。

「違和感」を絶妙に料理したところがこの作品の30%で、「熱意」をダイレクトに届けたところがこの作品の70%だと思う。

違和感こそが伏線の全てなんだけど、この作品だからこそ、その違和感を伏線と思わせなかった、ってこと。これを計算でやったところが素直にすごいんだよね。

入れ子構造の理解はもちろんのこと、監督も脚本家も役者も、すべてのスタッフが自分の立ち位置、自分の拙さ、自分の不足を受け入れてないと撮れない作品。

だからといって、「インセプション」以上の点をつけられるような作品ではないと思うんだ。階層構造の難解さもシナリオを面白さも向こうが遥かに優っている。
ピエロ

ピエロの感想・評価

4.1
最初は
え、、、?
という感じだったけど、
途中でなんとなく気づき始めて
笑えてくる映画!

こんな物語だったんだーって
感心して
監督の感じにも
スカッとした!!!

いや、素晴らしかった!
>|