15時17分、パリ行きの作品情報・感想・評価

15時17分、パリ行き2018年製作の映画)

THE 15:17 TO PARIS

上映日:2018年03月01日

製作国:

上映時間:94分

ジャンル:

3.6

あらすじ

「15時17分、パリ行き」に投稿された感想・評価

Filmarksの試写会で鑑賞
2015年にフランスで起きたテロ事件を基に、実際の当事者3人を演者として起用した作品
実話物は数あれど、こんなにもリアリティに溢れた映画はやっぱりイーストウッドにしか撮れないと思う!
自らの危険を顧みず、テロリストに立ち向かう姿にはただただ感動!
すすり泣きも聞こえてきたけど、わたしは賞賛の拍手を送りたかった!
インスタ映えを気にするようなごく平凡な青年たちのなんてことない旅行
たとえ非日常でも、住んでる人にとっての日常でもテロは何も問わず一瞬にして全てを奪う 幼馴染3人の半生や長い旅行シーンを観ていたせいで、小さな葛藤や困難を乗り越えながら築き上げた人間ひとりひとりの小さな世界ひとつひとつが全て消えてしまうテロの脅威に震え汗だくになった。
もっと残忍で惨い映画はたくさんあるだろうけれどこの作品はいつ起きてもおかしくない現代の現実だった けれどちゃんと映画でもあり本人を起用していただなんてイーストウッドはすごい
JB

JBの感想・評価

3.6
寝る前にサクッと鑑賞。
映画というか再現ドラマで、アンビリーバボーの再現VTRとはよく言ったな(笑)
座布団一枚!

鑑賞後に本人出演と知ってビックリ!
どこかぎこちない演技やバトルシーンがえらいリアル(プロや演出が入ると着色され、有り得ないと感じる)で納得。

まぁDVDでヒマな時に見るくらいがちょうど良い作品でした。
Yume

Yumeの感想・評価

3.6
最強の再現ドラマ
90分ほどの映画なので、寝る前にサクッと観ようと鑑賞。

クリント・イーストウッド監督の実際にあった電車テロの話…しか情報を持たずに観てると、一体何の話なの?と70分は過ぎたあたりで不安になったが、ラスト10数分でやっとテロ現場へ。

観終わって、本人主演の映画と気付き、
「へー、すごい。」
と思いました。それくらい。
時間軸が混乱した
友達がおもろいって言ってみたけど全然面白くなかった。途中まで一切盛り上がりを見せず1時間ぐらいずっと自己紹介やった。もっと惹きつけるようななにかが欲しい、途中なんか電車のシーンとか挟んでたけど2.3秒すぎて全部惹かれへんかった。ただこの映画はこーいう3人がいたんですよ、忘れないでくださいっていうことだけやと思う。最後のスピーチだけでいいような感じした。すごいのは本人出演ってとこぐらい。
見終わってからキャストが本人だと気付いて大ビックリした。
偶然と言えばそれまでだけど、こういうなるべくしてなったというか、お導きを信じたくなるような話は好きだ。
とし

としの感想・評価

3.5
やっぱ人間なにか意味があって生かされてるのかね
>|