万引き家族の作品情報・感想・評価

上映館(21館)

万引き家族2018年製作の映画)

上映日:2018年06月08日

製作国:

上映時間:120分

ジャンル:

4.0

あらすじ

「万引き家族」に投稿された感想・評価

全然大したことない。中盤まではそこそこ面白かったが、後半からは一気にどうでもよくなってしまった。ただ、リリーフランキー(『美しい星』を観てからマジで嫌いになった)と子役の男の子の最後の方のやり取りは良かった。2人で寝るとことか良いし、つい追いかけちゃうのも良い。松岡茉優にちょっとお色気な役をやらせても全くエロいと感じないマジック(エロいと感じる人がいたらすみません)。あと疑似家族達よりも一瞬出てくる池松がヤバすぎて映画を見終わった後もこいつの事ばかり考えてしまう。
きょん

きょんの感想・評価

4.0
내가 일본 영화에 익숙해진 건지.
이건 짠해도 너무 짠하고, 깊어도 너무 깊어서
여태 안보고 뭐했어! 하고
머리를 콕 쥐어 박힌 듯한 느낌.
piyohiko37

piyohiko37の感想・評価

4.3

このレビューはネタバレを含みます

おもしろかった
前半は自然なストーリーの中にいつかこの生活が終わるかもしれないという緊張感がいいアクセントになっていた
後半からストーリーが動いて人間関係が明確になる楽しさもあった
俳優としてのリリー・フランキーは苦手だったけどこの映画で評価が覆ったほんとうに役にハマってた

リリー・フランキーが将太に泊まってけよというシーンで泣いてしまった
犯罪の裏側にある動機を知ることって本当に大切だと思う。表面だけみて決めつけることの悲しさがよく分かる。
n

nの感想・評価

3.0
現代社会の闇てきな
Chiaki

Chiakiの感想・評価

-
5-6歳の間だけ育ててくれた私の叔母のことを今でもお母さんと呼び間違える時がある
RYOTAFUKAI

RYOTAFUKAIの感想・評価

4.9
ゆりがご飯をたべれてよかった、ゆりがしょうたを心配するなんて、りんの方がいい、わざと捕まったんだ、、
緊張感はあるが重苦しさは思ったほどない。大体のホームドラマは、悲しい部分を悲しく描き過ぎなんだと思う。この映画は、幸せなシーンからふっと過去の悲しみが浮かび上がって来て、なんとも沁みてくる。
クライマックス若干混乱したけど、しょうたが疑問を感じ始めたことを含めて最後に食べたコロッケそばがまた泣ける。何度も見たい。
かみ

かみの感想・評価

4.0
血の繋がりより大切な事がある。
家族それぞれが家族の為を思っての行動に涙が出る。
一人ひとりの演技力がすごい
安藤サクラさんの演技力がすごい。
あや

あやの感想・評価

4.1
安藤サクラの最後の

おばあちゃん(仮)の死体遺棄について
「捨てたんじゃない、誰かが捨てたのを拾ったんです」

とか
「母親になる?それって子どもを産んで母親自身がならなきゃいけない(セリフが違う)って思ってるだけでしょ?」

とか、あの迫真の演技とセリフを言われて正直グサグサとくるものがあった。

家族って何か
絆って何か

そういうものすべてを考えさせられる映画
>|