万引き家族の作品情報・感想・評価・動画配信

万引き家族2018年製作の映画)

上映日:2018年06月08日

製作国:

上映時間:120分

ジャンル:

3.9

あらすじ

「万引き家族」に投稿された感想・評価

詳しくは書けないけど、最後のシーンのあたりの
一言がいまだにゾクゾクしている
とっても考えさせられる映画でした
暖かさと良い意味での小汚なさに包まれてる
生活感
wimps396

wimps396の感想・評価

4.0
ずっと勿体なくて観れなかった(笑)のを
やっと観ました!!!

ダメだ!すごく良かった!!!

安藤サクラと池脇千鶴のシーンの
「なんだろな」が1番心に残ってる。


しばらく余韻に浸ります。
AtsushiA

AtsushiAの感想・評価

3.8
暗い映画だと思っていましたが、確かに暗い。
ただ出ている役者陣が上手すぎて惹きつけられてしまいます。
むぎ

むぎの感想・評価

2.7
視点によってとんでもない悪党集団映画にも、家族愛映画にも観えてしまうことが怖い。
Emi

Emiの感想・評価

-
捉え方が観る側に委ねられる作品。
良いとか悪いとか一言では表現できない。
家族って何だろう…。確信したのは、誰しも誰かに必要とされたい。私は、家族とは、お互いそうであるものと思いたい。
aknv

aknvの感想・評価

4.1
やってることは悪いことなのに、なんでこんなに優しくて愛がある家族なん?って思った
パラサイトという似たテーマの大物が出てしまったが、下克上でハリウッド的痛快感があるあちらと比べて、慟哭と非情を描いた日本らしい映画であり、こちらももちろん傑作
hulk

hulkの感想・評価

3.7
是枝監督ということで、やっぱ誰も知らないと比べる部分があるけど、本作の方が絶望感は少ないかも。いや、どっちも観ていて辛いし、本作も要所要所に辛かったり絶望的だなと感じるシーンはあるけど。ただし、家族の絆を強くフォーカスしている分、なんとなく救いがある感じ。

この手の映画を定期的に観ることで、現実を見つめることができる気がする。

リリー・フランキーや安藤サクラの演技、上手いというか、すごく自然。自然ってのが上手いってことかもだけど。
indy

indyの感想・評価

4.0
キャスティングがこれ以上のものはない!というくらい最高だった。愛の形ってなんだろう。きっと決まった形は無いんだろうけど、あの家族にはたしかに愛があったような気がする。そしてちゃんと家族だった。
柄本明と池松壮亮が一瞬の出演にも関わらず素晴らしい演技で鳥肌がたった。
子役の名演と安藤サクラさん、松岡茉優さん、池脇千鶴さんらの強い女優魂を堪能できる一本。

万引きなどで食いつなぐ暗い生活描写、それぞれが抱える人には知られたくないような過去を持ちながらの繋がりをなどを見て「家族」とは何なのか少し考えさせられる。

二人で協力しながら次々と気づかれずに万引きをしていくオープニングなど印象に残るシーンもたくさんあり、面白いかどうかは別として邦画の良さがちゃんと出ている作品。
>|