戦場のレクイエムの作品情報・感想・評価・動画配信

「戦場のレクイエム」に投稿された感想・評価

映画fan

映画fanの感想・評価

3.2
唐山大地震や芳華の監督ということで期待して観たがイマイチはまらず。
戦死した47人の戦友が失踪と処理されたためその名誉を取り戻すために奔走する中隊長の話だが・・・。
どうやら実話ベースらしい。
中国の戦争ドラマ。
最初はプライベートライアン的でただただ戦争シーンで、誰にも感情移入できないな~と思っていたら、戦争が終わってからがはじまりですね。
自分が多くの隊員を死なせてしまったと悔やむ隊長が、自責の念に苦しみながら、隊員の尊厳を取り戻そうとする。

綺麗に映画的になってる感じが結構しますが、本当にこういう人がいたとしたらすごいと思います。
39fuji

39fujiの感想・評価

4.5
良い映画でした。

戦って勝ちましたやったーって話ではないです。
戦いもその後の話もぐっと来るものがありました。
戦闘シーンは面白かった。
いい意味でも悪い意味でも少し変わったストーリー構成。
ものすごく寒そうな感じは、バンドオブブラザーズを思い出させる。
月島のブロードメデシアスタジオ試写室で鑑賞。

中国の内戦の物語。次々と戦死する男たちの姿が映し出される。
映像が埃まみれのような色であった。
なんだか映画を観ても実感わかない映画であり、感動する映画でもなく、中途半端な印象しか残っていない。
公共内戦を描いたのが今作です。前半は戦場のシーン、後半は生き残った主人公が死んだ部下たちの名誉回復ために奔走する話です。

前半の戦場のシーンの血生臭さはなかなかです。持ってる武器のレベルの違いが当時の事をわかりやすく伝えています。

そして、後半は生き残った主人公が部下の名誉回復の為に奔走する姿は、なかなか熱くなれます。

こういう戦争系の中でもしっかりと描けている作品だと思うので、興味があれば是非どうぞ。
名作です。

ところで旧(?)共産圏の映画なり芸術なりを語るにあたって何を見てもプロパガンダとしか言えない人って芸術に対して失礼じゃない??ちゃんと作品を見てやってよ(キレ気味
temmacho

temmachoの感想・評価

3.2
初体験の国共内戦モノ。
そのまま朝鮮戦争まで。
装備ショボい!
こんなのにアメリカ韓国連合軍は押し込まれてたんだ。
人海戦術万歳。
Keity

Keityの感想・評価

2.6
2009,1月 新宿ジョイシネマ
中国内戦実話に基づくストーリー
今でこそ戦争映画好きと自覚しているがこの頃は自覚なし。戦場シーン迫力が凄かった記憶。重厚感あふれるフォンシャオガン監督作品。
☆☆☆★★

2009年1月24日 TOHOシネマズ/シャンテシネ3
>|