鉱 ARAGANEの作品情報・感想・評価

鉱 ARAGANE2015年製作の映画)

ARAGANE

上映日:2017年10月21日

製作国:

上映時間:68分

3.7

あらすじ

ボスニア・ヘルツェゴビナ、首都サラエボ近郊、100年の歴史あるブレザ炭鉱。この知られざる地下世界をひとりの日本人が単身、カメラを持ち生々しく捉えた。 一筋のヘッドランプの光だけが映しだす、闇に蠢く男たち。爆音で鳴り続ける採掘重機と歯車、そしてツルハシの響き。死と隣り合わせのこの場所で、人は何を想い、肉体を酷使するのか。

監督

「鉱 ARAGANE」に投稿された感想・評価

アピチャッポンのフィーバールームはまさにこんな感じ。
他の人がちゃんとしたレビューを書いている。
やべー、私、小学生みたいな感想しか持たなかったんですけど…。や、やべー。まぁいっか…。

音がすごいです。
あの炭鉱?で働いてる人、すごく大変そうだなぁと思いました。
でもなんか、生きる・働く・生きる…って感じでした。
とか言いながらトロッコでワクワクしてしまった私の脳は平和ボケしまくってるんでしょうな。

併映の短編は眠かったので寝ました!ごめんなさい。おわり
浮浪者

浮浪者の感想・評価

3.4
いつ終わってくれるんだろうと思い続けられることもまた珍しい。光を産出する暗黒へ赴き、そこで安眠する闇ちを叩き起こすような無礼な光であったなぁ。
skip

skipの感想・評価

-
画面に惹かれない。耳がキーンってした。音がかっこいいのはちょっと前から知っていたと思う。うるさいっていう感想も老人の戯言っぽくて必要悪だと思う。
ほし

ほしの感想・評価

4.5
あのトロッコの16ビートよ!無機物好きとしては垂涎の一本。考えれば考えるほど映画における「運動」が分からなかったが少し見えた気がする。つまりそこに動線があるということだ。『機械』が撮り逃したものがここにあり、『息の跡』と双璧を成す。

併映は『呼応』(2014、小田香、19分)。羊も牛も人も回転ブランコも等価に見つめる。まさに機構。
炭鉱作業員。
音。
光。
暗闇。
余分なものはなく、そこにあるもの、聞こえるもの、見えるもの、見えないもの。
それらをそのまま映し、そして、そこにいるかの様に見せられた。
すごいドキュメンタリー。
インダストリアル・フィーレコ映画。うるさいけど眠くなる。単調といえば単調で、単調だからスゴイというとこまではいかないし、うるさいだけじゃダメなんだよなあ〜とか。「リヴァイアサン」並みのヤバさ期待したけどそこまでは達せず。ただ、映画館出た後、街の人工音の聴こえ方は間違いなく変わる。
隣で見てたおばさんが、あの設備じゃ事故起きるだろうねと言ってたけど、なんでそんなに詳しいのか元坑夫かなにかなのか?
炭車に乗って切羽に降りていくシーンは見てみたかった光景。感動した。
紫色部

紫色部の感想・評価

3.5
2017.11.1 K's cinema(『ひらいてつぼんで』併映)

全くもって未知の映画的体験であったとどうしても形容せざるを得ない。劇場を離れて鼓膜を掠めるあらゆる音の質感が180°変容する。一瞬の静寂がこれほど騒がしく感じられる日が来ようとは!ペットボトルくんも圧倒的な存在感。ワイズマンの赴かぬ深淵へと小田香は潜ってみせた。
リアルノイズサウンドを浴び尽くす。七拍子に取れるところもあったりして(相当ゆらいでますが)。家でちんまり観るようなもんじゃない。爆音上映にいいんじゃないのかな。

併映「ひらいてつぼんで」2012年, 13分
>|