シリアからの叫びの作品情報・感想・評価

シリアからの叫び2017年製作の映画)

Cries From Syria

製作国:

上映時間:111分

4.1

あらすじ

混迷の極みを増し、解決への糸口が全くつかめないシリア危機。本作は現地の活動家や市民ジャーナリストたちから寄せられた約100時間にもおよぶ映像素材や、政府軍から離脱した将校などから新たに集められた証言等から構成されたシリア危機の全貌を検証するドキュメンタリーである。アラブの春から約5年間の紛争を包括的に捉え、その救いのない身を焦がされるような現状への理解と助けを世界へ訴える衝撃作。叫び声を上げるシ…

混迷の極みを増し、解決への糸口が全くつかめないシリア危機。本作は現地の活動家や市民ジャーナリストたちから寄せられた約100時間にもおよぶ映像素材や、政府軍から離脱した将校などから新たに集められた証言等から構成されたシリア危機の全貌を検証するドキュメンタリーである。アラブの春から約5年間の紛争を包括的に捉え、その救いのない身を焦がされるような現状への理解と助けを世界へ訴える衝撃作。叫び声を上げるシリアに対し、私たちには何ができるのか―。

「シリアからの叫び」に投稿された感想・評価

Soh

Sohの感想・評価

4.2
ダルアーから始まったシリアにおけるアラブの春。そのきっかけとなったのは、政府批判の落書きをした少年たちが非人道的な拷問を行ったことである。革命を志す民衆には気概を感じた。しかし政府の弾圧は強く、シリア内政は混乱を窮めていく。政府軍と対峙する自由シリア軍。中心となったのは政府のやり方に反発し政府軍を脱退した者たちである。そこにヌスラ戦線やISが介入し泥沼化していく。現代シリアの複雑な状況が時系列で分かりやすく描かれており、映像も所見のものばかりで非常に情勢を把握するのに役に立つものである。