屋根裏の殺人鬼フリッツ・ホンカの作品情報・感想・評価 - 2ページ目

上映館(9館)

屋根裏の殺人鬼フリッツ・ホンカ2019年製作の映画)

Der goldene Handschuh/The Golden Glove

上映日:2020年02月14日

製作国:

上映時間:115分

ジャンル:

あらすじ

「屋根裏の殺人鬼フリッツ・ホンカ」に投稿された感想・評価

gigiro

gigiroの感想・評価

3.4
気持ち悪い、汚い、刺激臭、臭い、不快が粘っこい。

電車とかでたまにいる気持ち悪い不審者と同じ列車に乗ってしまった感覚に似ています。感覚が想像できる分、映画として切り離してみることができなかったので、生々しく感じてしまいました。
なんなら列車移動して不審者とおさらばしたいのに、知りたくもない不審者の日常を観てしまった感がすごい。役者さんのキモメイクや演技が本当すごい。

映画みてこんな気持ち悪いと思ったのは初めてです。よい体験ができたので満足です。
の

のの感想・評価

3.6
思っていたより秀作で汚さを描く事に真摯で好感が持てる。
汚いキモい関わりたくない三重苦。見境無く引っ掛けるババア共も汚く醜くてすごい。

おまけにエンディングに実際の写真が出るが部屋の再現度もすごい。フリッツの特殊メイクもそうだが細かいところまで丁寧に作り込みがされているのでイヤーな内容ではあるがなんやかんやじっくり見れてしまう。殺人シーンもひとつひとつ違っていて飽きさせないしね。

ところでフリッツ役のヨナス・ダスラーが若くてイケメンでびっくりした。監督の奥さんの提案でオファーしたらやってくれちゃったらしいが、怪演である。イケメンのままの作品も知りたい。
ババァがみんな魅力的
ババァがコート脱ぐのを、別のババァが手伝うシーンが最高
amemamema

amemamemaの感想・評価

3.5
こみ上げる吐き気。
ホンカ自身や彼の部屋だけでなく、街全体が物凄く臭い。ように感じる。
この作品はエンタメとして切り離せる部分が全くなくギリギリ想像できる範囲での描写が多すぎてほんと気持ち悪かったです。
これもある意味映画だから体験できることだなと思いました。

俳優さんたちの体当たり演技にはただただ脱帽…。
hi1oaki

hi1oakiの感想・評価

4.0
直接的な描写を最低限に抑えつつのこのキモさ! トーチャー・ポルノにはしていないのがこの作品の曲者さ。これ恋愛映画だよね?ものすごく歪んでるけど。
一歩引いたカメラワークが感情移入の余地を与えない。観客は(あたりまえなんだけど)ひたすら第三者として救いようの無い物語を見せられる。

そして…そこに青春ぶっ込んでくるセンスがすごいんですけど! なにコレ!

主人公であるホンカを演じている、実はイケメンなヨナス・ダスラー、よくこの役を引き受けたよなぁ。役者魂。
1970年代にバーで引っ掛けた娼婦を家に招き入れては次々と殺し遺体をバラバラにして隠蔽していた実在の殺人鬼、フリッツ・ホンカの話

見た目が醜男なので女性に声をかけても相手にされず、いつも女性に飢えている男で、お酒の力を借りないと何も出来ないようなフリッツは、酒癖がすこぶる悪く、見た目だけでなく心も醜い男で本当に救いのようのない奴だなと思った

エンディングに実際のフリッツと彼の住んでいた屋根裏部屋の写真が出てきたけど、かなり再現性が高く、細部にまで拘っていてびっくり

というかフリッツに扮したヨナス・ダスターの素顔を見てさらにびっくり

メイクだけでなく、演技も凄い
成り切り度がハンパない!
ウラキ

ウラキの感想・評価

3.5

このレビューはネタバレを含みます

食欲と性欲の減退が著しい
ここ最近で1番ヤバイ映画。
仕事終わりで疲れてたのもあるのか、見るのがめちゃくちゃしんどかった

めっちゃ汚くて、強者ではなくより弱者をボコボコにするジョーカーって感じ。平日なのに結構客入ってたけど、皆どういう気持ちでこの映画見てるんだ、、、笑

終盤、今まで消費期限切れのババアで欲求を満たしていた(満たされてない?)ホンカが、ついにメインディッシュにありつくか!と、ワクワクさせてからのオチ。ガッカリ。ガッカリしている自分がホンカ応援サイドになっていることにもショック。この映画を見て、多少なりとも共感や面白みを感じてる人はヤバイ人だと思いますよ〜(そもそも劇場に足を運んでる時点で世間一般からは乖離してるよ)

ミッドサマーといい、最近ババアの裸体見すぎてる自分
ピケ

ピケの感想・評価

3.0
む、胸糞が悪い〜〜〜〜!!全ての女性が感じている見知らぬ男への薄っすらとした嫌悪がちょっと濃くなっちゃうかもしれない
体に収まりきらない異様なまでの性欲を抱えてしまったのは酒の力を借りないと背すじも伸ばせない卑小な男、酒に溺れて女を見下しながら哀れなくらい必死に腰を振る様は滑稽だけど、うえ、笑えないんだよな。臭くって吐きそうだ
音楽は良かった
百

百の感想・評価

-
作業映像
色々とあっけなかったけど、でかくてつよい女かっこよかったな
服に小便かけられるのは勘弁
時代背景気になる

このレビューはネタバレを含みます



備忘録

良い顔と良い身体を持つ俳優のキャスティング
ロケーションや衣装や美術も加わって、敗戦後のドイツの糞詰まり感を感じる


監督の過去作とまた違う作品
ファティ・アキンの球種の多さ

ラストの長回し○

ホワイトアウトとブラックアウトでのシーン変わりは少し気になる