生きるの作品情報・感想・評価・動画配信

「生きる」に投稿された感想・評価

KUBO

KUBOの感想・評価

3.8
イギリスでリメイクされる黒澤明監督作品『生きる』を鑑賞。

黒澤明作品はほとんど見てたんだけど、この作品を見ていなかったのは、時代劇でもないし、単純につまらなそうだったから(笑)。

でも、若い頃に見てたらそう思ってたかもしれないし、今見てよかったかも。

主人公の渡辺さん(志村喬)は病院で「軽い胃潰瘍」と言われるが、その実、余命半年の胃がんだった。

昭和27年、この当時の癌の宣告は死刑の宣告と同じ。だからこそ、この当時は本人へは告知しなかった。

憔悴しきった志村喬の演技が怖いくらいなんだが、公開当時、志村喬は47歳! 伊藤英明と同じ歳! 福山雅治より歳下だ! 当時の日本人の老け方は今とは全く違うな。

「(家が)40〜50万もあれば建つ」!
「公務員の退職金が60〜70万」

台詞から当時の物価がわかるのも興味深い。

「60歳で定年退職」は1998年から。それ以前は55歳定年だったらしい。(65にも見えるけど、47歳の志村喬が定年間近という役も変だなと思ってググってみた豆知識です)

胃がんと宣告された(思い込んだ)日から、それまで役所でミイラと揶揄されていた渡辺さんが「生き」始める。

伊藤雄之助演じる小説家と、今まで行ったことのなかったパチンコやキャバレーで遊ぶがひとつも楽しくない。

役所の若い女子職員とお汁粉屋に行ったり、映画に行ったり…

これは『最高の人生の見つけ方』になるのかな(逆か)と思いきや、人生最後のやりがいが「仕事」になるところが、戦後の日本らしい。

143分という長尺の内、最後の三分の一を、通夜の場で渡辺さんを振り返るワンシチュエーションの演出にしたのもおもしろい(ただ、少し長いが)。

渡辺さんの人生だけでなく、冒頭の伏線だった「役所の縦割り仕事」への批判がテーマのかなりの部分を占めるのも、戦後日本の実情を反映していて興味深い。

雪の中、ブランコに乗っていた渡辺さんは、最後に「生きた」証を残せて幸せだったのだろうなぁ。

さて、舞台をイギリスに移し、カズオ・イシグロの脚本でビル・ナイが演じる『生きる』はどんな映画になるのかなあ? 楽しみだ。
ymgckntr

ymgckntrの感想・評価

5.0
70年前のブルシットジョブの話
今同じ脚本でやっても全く違和感なく見られると思うな
明日死ぬと思って生きよう
って思うけど、大野くんのやうにはなっちゃうのが人間だよな

戦後直ぐにこんな映画できるのすごいな
いのち短し、恋せよ乙女
ゴンドラの唄
RYO

RYOの感想・評価

4.2
ストーリー4
登場人物5
台詞/言葉4
演出4
テンポ4
音楽4

合計25/30
平均4.2
村田

村田の感想・評価

4.0
🎞僅かな余命を悟った公務員が公園を作る
👍HappyBirthdayToYou
👎第三者の回想で遮蔽される主観的な情感
死んでいるみたいに生きてきた主人公が余命僅かとわかり、少しでも心残りのないように、誰かの為に何か遺せるように奮起する作品。
ずっとClip!していた作品。
今夏、伯母が亡くなり、伯母の笑顔や親戚の集まりでいつも作っていたちらし寿司が大好きだったなぁと良い思い出しか浮かんで来ませんでした。
生きるって…と思い観ました。
何か偉業を成し遂げるとか、そういう事はなかなか出来る事ではなく、向上心がないと思われるかもしれませんが、たった一人でも私との楽しい出来事をふと思い出してくれる人がいたら生まれてきて良かったと思います。
この作品を観て、息子に余命の事を話していなかった主人公が残念でなりませんでした。
私だったら言って欲しいなぁ。
って、作品のレビューになってないがな!😅
観ながら私だったら…と色々と考えた作品です。
2022/188
GOGO夕張

GOGO夕張の感想・評価

4.7
ラストのカットは涙が出てしまった ブランコの場面、ハッピーバースデーの歌で生まれ変わる場面、ヤクザに脅される場面でのクローズアップが特に印象に残った 志村喬の演技凄すぎる 生きるってタイトルも
お彼岸なので黒澤作品の名作を。
まず最初に思ったことは、
戦後7年でここまで復興したことへの驚きと、戦火をくぐり抜けて生き残れた人たちなのに、既に戦争を感じさせるものはなく、享楽に溺れ、縦割り官僚組織のルーチンの仕事でやる気がそがれている人びと。

市民課のワタナベ(志村喬)が死期を悟って市民のために初めてやる気を出したことを通して、社会の風潮を咎めた風刺の作品だと感じた。

しかし、黒澤は絵面も構成もいいが、そこに思想を感じられない。あくまでも娯楽映画であり、一人の人間の深みを掘り下げられていない。

ふと気になって黒澤の履歴を調べたら、やはり、陸軍士官学校の教員でもあった父親の計らいで兵役免除となっている。

戦後7年とはいえ、この時期に戦争のセの字も語らずに初老の男の人生を描くことの違和感。戦争を避けて通りながらの社会風刺と行政批判、黒澤は何を描きたかったのだろうか。

死ぬ気になれば、困難も越えられる。それはわかるし、死期を知って初めて生き始めたことも伝わってきたが、私には今一つ弱いメッセージだった。

志村喬は名優であり、目をカッと見開きかすれた声の演技には死を恐れる恐怖を感じられるが、それ以上に狂気を感じた。演出が過度で、そのまま静かな演技の好好爺の方がより一層に死の恐れを感じられるのに。

大ファンの伊藤雄之助が小説家として登場して気分が上がった💓。うまいなあ。あらゆる感情を表現できる。しかしなぜ彼がチンピラに成り下がったのかは不明。でもそこに恥ずかしさと哀しみを語らずに表していた。天才と言いたい。顔立ちが似ている嶋田久作も好き。大ファンのマックス・フォン・シドーも似ている。このクセある怪演がタイプ。

天真爛漫な女子事務員小田切みきはチャコちゃんこと四方晴美のお母さんだったのね。この満面の笑顔が母娘でそっくりで可愛いくて懐かしかった。

構成がダイナミックでおもしろかった。前半でワタナベの苦悩から決意までの内面を描き、後半はそれを外から見て考え共有しようとする。この構成は面白いんだけど、結局、前半でワタナベの心の内を描ききれなかったことへの、蛇足な後半であり、心の問題を事実の列記でしか表せない黒澤の限界であると思った。

なんて、世界の巨匠を批判してしまったが、社会生活をふつうに営む市井の人びとの細やかな気持ちより、劇的な架空の世界で生きる架空の人間をダイナミックに創造し構成する娯楽映画の監督なんだなと思った。

もちろんすごいと思ったシーンはある。それは志村喬の演技に負っているのだが、小田切みきの芳しい若さに惹かれる初老の男がその理由がわからず、言葉をつまらせながら言葉を探すシーン。生きる力や瑞々しさ、命の輝きへの憧れを言葉に表さないところがよかった。

期待と違ったのでスコア上げられなかったが、黒澤作品の何を味わうべきかがわかってよかった。

同じテーマで他の監督だったらどう撮るかを考えると面白い。

追記
あの事務所は、まるで『未来世紀ブラジル』みたいだった。
kojikoji

kojikojiの感想・評価

4.5
1952年 監督・脚本:黒澤明、脚本:橋本忍、小国英雄 2022.09.21視聴-429 評価4.5
●志村喬(渡邊勘治 市民課長)
●日守新一(木村-課長補佐)
●小田切みき(小田切とよ)

 第12作 日本映画が到達した傑作

 やはり黒澤明はこの映画から始まる。
 これまでの作品も確かに面白かったが、この映画は、一つの領域に完全に到達した作品になっている。死を扱っているのに面白い。

 志村喬のまさに鬼気迫る最高の演技を観よ!
(志村喬は遺影でも演技しているぞ。)
  〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
 この物語の主人公は市役所で働き、30年間無欠勤のまじめな男、渡邊である。この男はある日、自分が胃癌であることを知る。
 こんな感じで映画は語り始める。

 命が残り少ないと悟ったとき、彼はこれまでの役所独特の事なかれ主義的な生き方に疑問を抱き、これまでの30年間はなんだったのかと思う。
 子供に頼ろうとして失望し、夜の街を徘徊する。パチンコ、キャバレー、ストリップ、快楽を求めて、風俗に行っても満足感は得られない。彼は絶望する。
 そんな時かつての同僚の女性小田切から、ものを作ることの楽しさを教えられ、これが希望のヒントとなる。彼は自分が作れるものを必死で探し、ついにある市民から出された小公園建設に関する陳情書に目を留める。
 自身の人生を悔やみ始めていた彼は、最後に市民のために奔走する。

 ここまでが前半。
 普通の映画だったら、後半は、市民課員と共に、公園建設に苦労して、なんとか建設にこぎつけ、出来上がった時の喜びをみんなで喜びあうだろう。そして彼は人生の目的を見つけたことに満足して、みんなに看取られなが死んでいく。(めでたしめでたし。)

 だか、そんなことは全くやらない。
 後半は彼の葬式から始まるのだ。
 この仕掛けがすごいと思う。
 脚本がさすが黒澤監督なのだ。
 ここからが本当に面白く、そしてしっかりこの物語のメッセージを嫌味でなく理解させられる。嫌味でなく。

 時々顔を出す黒澤監督の道徳主義者の側面。その鼻持ちならない説教が説教とならないように、実にうまく工夫してある。この映画が傑作だと言われる所以ではないか。
 
 久しぶりに、観直すと若い時に観た時の印象とは流石に違っていて、何倍も面白く、この映画の良さがわかる気がする。
 特に、長々と描かれる葬儀での彼の同僚、上司の会話は実生活で何度も味わった会話で、どんな感じか手に取るようにわかって面白い。うまい脚本だと改めて感心する。
 
 ※もう少し書かせてもらうけど。どの組織、会社も同じなんだけど、税金で飯を喰って偉そうにしている行政で働く先生たち。この映画観て何も思わないか!あなた方はこの時代にこんな笑い物にされているのに、未だにこのままだ。恥ずかしくないのか!上に行けば行くほど、相も変わらずこのざまだ!今も得意技、たらい回しは健在。
ちと、最後はいらぬ話でした。失礼!
 
※さらに追伸。
この次の「七人の侍」はレビューを書いていましたが、この企画では、どうしてもこの作品を観直す必要があると勝手に判断して、いいね!をいただいている方もいましたが、断腸の思いで削除し、新たにレビューすることにします。申し訳ありません。

パッとしない男だし、決して大きなことを成し遂げたわけではないけど、何か人生において大きな意味を持ったことをやり遂げたと思う。
Po

Poの感想・評価

5.0
志村喬が生き甲斐を感じ始めてからの目の奥がめちゃくちゃギラついていて、生きてるという実感を感じている目てこんな目なのか!て思った。ヤクザの親分、宮口精二(「七人の侍」の頃から大好きです)が志村喬と一切話をせずに、そのギラついた目だけを直視して引き下がるシーン、自分は有名なブランコのシーンよりもこのシーンが一番好きで一番印象に残りました。黒澤明は偉大なり。
>|

あなたにおすすめの記事