ファーザーの作品情報・感想・評価・動画配信 - 5ページ目

ファーザー2020年製作の映画)

The Father

上映日:2021年05月14日

製作国:

上映時間:97分

ジャンル:

あらすじ

「ファーザー」に投稿された感想・評価

RINA

RINAの感想・評価

4.1
うちの亡くなった祖父母も認知症で、いつもよく分からないことをしたり、言ったりしていてまだ若かった私はそんな祖父母と距離を置いてしまった時期もあるんだけど、もっと寄り添いたかったと思った。一番辛いのは本人で、何が何だかわからなくて不安だっただろうな。
何とも不思議な、また観ている者が混乱してしまう作品。

認知症を患った主人公の視点で描かれているため、話が繋がらない場面もあり、正に認知症とはこういう現象が起きるのだろうかと恐怖すら覚えた。

これは本人もすごく寂しいし辛い。ボケたもん勝ちと冗談めかして言われることがあるが、介護する家族のみならず、本人の精神的負担も想像を超えたものになるのだろう。

長寿社会になればなるほどこうしたリスクは高まる訳で本当に重いテーマだと、本作を通じた認知症の疑似体験から痛感した。
APACHE

APACHEの感想・評価

4.2
【ファーザー】感想

Netflixで観賞🎞

名優アンソニー・ホプキンスが認知症の父親役を演じ、老いによる喪失と親子の揺れる絆を、記憶と時間が混迷していく父親の視点から描き出す。【羊たちの沈黙】以来、2度目のアカデミー主演男優賞を受賞した人間ドラマ。

ロンドンで独り暮らしを送る81歳のアンソニーは認知症により記憶が薄れ始めていたが、娘のアンが手配した介護人を拒否してしまう。そんな折、アンソニーはアンから、新しい恋人とパリで暮らすと告げられる。しかしアンソニーの自宅には、アンと結婚して10年以上になるという見知らぬ男が現れ、ここは自分とアンの家だと主張。そしてアンソニーにはもう1人の娘ルーシーがいたはずだが、その姿はない。現実と幻想の境界が曖昧になっていく中、アンソニーはある真実にたどり着く。

アンソニー・ホプキンスが出ずっぱりの舞台を見ているかのよう。
出演者たちが画面から消え、次に現れた時は違う人になっている...。認知症側の主観で見た世界が映画として斬新すぎた。

認知症の父は、正しく世界を認知できなくなっていて、観ていて不安になるのは、自分が認知している世界は人の認知と本当に同じものかどうかを揺さぶられる所。自分の世界は自分にしかわからない。多分、人も同じように見えているだろうと思ってはいるけど、この映画を見ていると不確で不安になる。

老いの話ではあるけど、それ以上に人間の知覚と記憶という、不確かで個人の不安を描いた物語だ。人の知覚レベルでは、絶対に正しいことも、絶対に確かなものもない。

流れる音楽がオーディオと連動していて、ヘッドフォンを外したり、スイッチを切ると止まるのが唯一自分でコントロールできることだったのかと思った。
認知症視点で撮られてるから、認知症の人がどんだけこんがらがるかが分かる!いい経験した気分
Peterpan

Peterpanの感想・評価

4.0
認知症側からの視点ですごかった!!アンソニーホプキンスの演技がすごい!
す

すの感想・評価

4.0
ジャケットでよくある家族愛の話かと思いきやゾッとするようなホラーだった!!!
アンソニーホプキンスがちゃんと認知症のおじいちゃん
UAENA

UAENAの感想・評価

4.0
なるほど、「体験」ってこういうことか。
最初からずーっと訳がわからずもやもやしてた。どういうこと?ってちょっとパニックだった。

アンソニー目線で描かれていて、認知症で訳がわからなくなっていく状況を見ている側に味わわせる、これまでにない新しい見せ方。

怖いね......ほんとにただただ、訳がわからんくて頭抱えた。
自分がいつかなりうる状況やし、先に親のこの状況を目の当たりにするかもしれない。
自分はその時耐えられるのだろうか......?
Jane

Janeの感想・評価

4.5
認知症の父視点で作られていた。
混乱、恐怖、不安、寂しさ、苛立ちが伝わってきた。当事者でないと本当のところは、わからないだろうけど…

アンソニー・ホプキンスの演技力はやっぱり凄い。

家族の葛藤。
自分の父が、父でなくなってしまうような寂しさ、恐怖。

誰にでも起こり得る、自分にも。
その時がきたらどうする?
家族は?
色々考えさせられた作品でした。
laban

labanの感想・評価

3.7
祖父母の認知症を経験してきてるが、リアルで当時を思い出した。認知症の進行をまざまざと感じるとなんとも言えない気持ちになると同時に自分がなった時の事も考えてしまう。。
兎にも角にも演技が素晴らしかった。
みずき

みずきの感想・評価

3.8
認知症患者が主人公ということから、信頼できない語り手で過去の記憶を見てるような感じなのかと思って観てた。

認知症がどのような症状で、どういうふうに感じるのかわかった気がする。
アンソニーホプキンスの演技がすごい良かった。
「葉を失ってゆく」という表現があったがそういう表せ方が痛いほど伝わった。

家族内での介護は良くなく大事に思うほどプロに任せろって論を頻繁に見る理由が理解できた。

あなたにおすすめの記事