5月の花嫁学校の作品情報・感想・評価 - 2ページ目

「5月の花嫁学校」に投稿された感想・評価

タ

タの感想・評価

3.2
アメリカン・ユートピアに行きたかったけど、この日は上映のタイミングが合わず、こちらに…
食後ということもあり、前半早々から寝てます…
学校長が亡くなるあたりから、物語の展開が出てきて起きました。
『完璧な主婦を育成』…男性側からしても、何か嫌ですね💦
60年代って途中までは女性にとって、とても窮屈な時代だったんですね。
mii

miiの感想・評価

3.0
ファッションがカラフルで素敵。
自由って楽しくて怖くて泣きそう。
teahiro

teahiroの感想・評価

3.6
予想外の展開とは聞いていたけど、なるほど!そう来たか!と思ったし、清々しかった。
ビノシュは歳を重ねてもキュート❤️
茶子

茶子の感想・評価

3.0

このレビューはネタバレを含みます

突然ミュージカル始まって笑った🤣
良くも悪くもザ・フランス映画でサイコ〜😂❣️
mh

mhの感想・評価

3.6
オンライン試写会で鑑賞


まだ封建的なフランスで、お堅い花嫁学校の先生だった主人公が、夫が亡くなったことにより、ズボンを穿くようになったり変わっていく姿が爽快で痛快でした。

特に後半からのミュージカル調の演出が楽しくてステキなコメディでした。

特に女性の方におすすめします。
m

mの感想・評価

-

このレビューはネタバレを含みます

映像がとても可愛かった、あの世界にはいってみたい!
校長の考えが少しずつ変わっていくところも面白かったし、メインの生徒4人も個性があってよかった。女性は強いのだ!!!
Shiraki

Shirakiの感想・評価

3.3
まるで夫の奴隷になれと言っているようなゾッとする教育。時代は1967年。
家政学校の校長ポーレットは自分がしているそんな教育におそらく多少の疑問を持っていただろうけど、夫の死以降起きる出来事たちにより、自身の教育に耐えられなくなる。

自立させられないことや、人生を委ねてしまうことの危うさを分かりやすく伝えてるけど、
イマイチ革命との繋がりが中途半端だったり、色んな恋愛要素があったり、最後唐突に歌い始めたり…
他にもなんか色々詰め込まれてた気がするし散らかった印象。

コメディ要素もあってテンポ良くサクッと見やすかったけど。


それにしても、30年ぶりに再開した恋人が素敵で理想すぎるでしょ笑

最後できればパリの景色も見たかったな。
家政学校の壁紙や窓や家具がとっても素敵だった。
samiam

samiamの感想・評価

3.0
けったいな映画だった。😁
特にエンディング。。。
ミュージカル💃に行っちゃったのね。。。😂

鑑賞後にFilmaサイトの「あらすじ」読んだけど。。。
これ書いた人、ホントに本作観て書いたのかな?
床

床の感想・評価

3.0
・先生と生徒が解き放たれて自由になるシーンが意外と最後の最後で尺が短くて唐突だった
・女性の権利を守るためにこれまでに頑張ってきた女性たちの努力を無駄にしてはいけないなと思った
・女性と4人が楽しんでる姿めっちゃかわいい混ざりたい
・バスに乗っているみんなの服装がかわいい
・でもあの状態でパリに向かうのはさすがに危険w
・夫に甘えたくなったときに気を引き締めるために観たい映画
リコ

リコの感想・評価

3.0
ピンクのスカート履いたまま、フェミニストになってもええんやで。

フェミニズム入門映画としては及第だけど、現代の視点から60年代フェミニズムを批評する描き方もできたんじゃないか。
唐突な『新学期・操行ゼロ』あるいは『神学校の女生徒』オマージュからの、階段キスはきゅんとした。けど、演出が淡白だったので残念。