クライモリの作品情報・感想・評価 - 2ページ目

「クライモリ」に投稿された感想・評価

これまたこれまたイイじゃない。


北欧の神秘的かつ芸術性、文学的奥行きで
何度でも深読みや考察を楽しめる傑作
『ミッドサマー』のアメリカン・ジェネリック。


男が全員クソやろうなのはご愛嬌だとしても
ちょっとデティールやアートデザインが
ケチャップ過ぎる。

もっと繊細な展開で人間のドロドロした闇と
「新国家」の対比を観たかったですね。

鹿の頭蓋骨マスクは非常に萌えましたが
そこ以外の衣装はかなりツメが甘くB級全開。

まぁ「なしてそげなこと言うの?
ウチら、そもそもB級予算・スタッフで
やらせてもろてますねん……しゅん」
って話でしたらスミマセン。


その他もアパラチアの富士樹海を凌駕する
絶望的・鬱蒼とした深海のような森林の
地形をあまり活かせてなかったし
キャラクターの設定をもう1つ捻って
伏線なんか仕込んでもらえたら大満足だったのに。

全体的に海外ドラマクオリティです。

やはり強引なパワープレイはU.S.A.スタイルですわ。


まとめるとホラーというよりは

・現地の人とケンカしない。
・観光はルールを守る。
・むやみに人を殺さない。

など「旅行の心構え」を美人ヒロインと一緒に
再認識するお手軽スリラーです。


ちなみにエンドロール入ってすぐ
退席された人がいましたが、
そこから怒涛のラストスパートがありますので
我慢してね約束だよ。

このレビューはネタバレを含みます

えー。
結構オモロいやんか‼️

丸太のシーンが1番好き😘

目潰し👁闇の刑👁絶望
暗闇をうろちょろ うろちょろ
誰か殺してくれぇぇぇ。
あそこでゲイの友達見つけたときは
「うっっっ」ってなったやんかもぉ🥺

殺してあげるのが優しさ、のシーン🥲
この前観たエスターの
鳩のシーンを思い出した。
韓国映画でもよくあるよね。

にしても、
新国家に連れて行かれた3人。
主役の女子には服、着せて。
なぜに下着姿にするかな🤔
sasha2021

sasha2021の感想・評価

3.7
クライモリシリーズ大好きでリブート作品だからあまり期待していなかったけど結構面白かったです!✨人喰い族は継承、お色気を薄めてカルト拷問色を強めた感じ!最後は不意打ちでした😱丸太のシーンはスリルやばかった!舞台が北欧のどこかの森みたいに綺麗でした。ゴアは本家より抑えめだけど、致命的な罠仕掛けるところとか、あらゆる逃亡の手段と可能性を排除するところとか、ハラハラ感とか、スピード感は全然引けを取らないと思いました。闇の投獄が残酷で怖かった、目をやたら攻撃したがる習性やめてほしい。。強いて言えば人喰い族の風貌が全然気持ち悪くない。(本家の怪物みたいな風貌で都会人を全力で敵視する感じのスタンス好きだったのに)普通のカルト集団みたいな感じでした。
hyr

hyrの感想・評価

-

このレビューはネタバレを含みます

全然スプラッターじゃなくて残念!
ぬるい感じの終わり方かなって思ったけど、そっから一転二転するのは良かった
でも個人的には胸糞悪いバッドエンドオチが大好きだからちょっと物足りない
でもスカッとするような終わり方だから好きな人には刺さる終わり方かな〜
みき

みきの感想・評価

3.0

このレビューはネタバレを含みます

Filmarksさんのオンライン試写会で、「クライモリ」を初鑑賞です💡

思ったよりグロくなくてちょっとホッとしました
でも…暗闇の刑は…あれは怖い…いっそ殺してくれ…って思うかも😨

途中までは主人公のジェンに対して、なんか余計なことしてる💦💦と思ってたけど、でも結果的にジェンの機転のおかげで生き延びれたから余計なことじゃなかった( ⁎ᵕᴗᵕ⁎ )

街の人たち、絶対怪しい!と思ってたけど、味方ばっかりだったのね…😢

ラストで、ジェンが家の中に入った時にあいつがいた瞬間、びっくり&ハラハラした…
そして素直に村に帰ろうとするジェン…
え…?!え…?!ほんとにいいの…?!せっかく帰ってこれたのに…!って思ったけど、エンドロールですっきり💡
ゆう

ゆうの感想・評価

2.8
ふっとんでる感じが面白い映画でした😊


スローテンポなので時間枠取れる時に見るのをお勧めします
Chihiro

Chihiroの感想・評価

3.6
ぶっとび具合でいうと過去作のがすき!
助かった〜からの最後スパーーン!て感じとか
でてくる敵がとにかくやばい

そもそもの設定がぜんっぜんちがうから、物足りない人には物足りないやろな〜てかんじ

でもリブートってことで過去の作品にとらわれず新しい作品やとおもってみたので個人的にこれはこれでなかなかたのしめた!!

グロさ自体は控えめやけどバイオ製作陣だけあっめ丸太のシーンのインパクトw

わらっちゃうシーンも結構あったな〜
この手の作品にしては長い😖
なんか説教臭いし、グロも控えめでテンポがスローモー。
山の民のおっしゃってることは矛盾だらけだし、なんで訳わからん言葉で話しんだか?
田舎ながらも町に降りて来てらっしゃる方々もいるのに。

エンドロール中もお話しが進んでるのは久しぶりに観て好きな演出だけど、、、
なのになんで長いんだ?

マシュー・モディン出演してるの知らなかったから驚いたw
太らない人だねww
国土が広いと謎なことをする人もいるかも。
これはやり過ぎ。
アパラチア版ザハントと言ったところか。
↑この映画に関する私のイメージ
2021年40本目の劇場鑑賞。
令和122本目の劇場鑑賞。

2003年に1作目が公開されて以来、
10年以上にわたって全6作が作られる人気シリーズとなった「クライモリ」をリメイクしたスプラッタ・ホラー。

森で道に迷った若者たちを待ち受ける戦慄の恐怖を描く。

バージニア州の小さな町レンウッドにやってきたジェンと5人の若者たちが、
好奇心から森の奥に足を踏み入れて迷子になる。
6人の若者たちは、
白人女性と黒人男性のカップルや、
男性同士のカップルなど、
多様性を意識した3組のカップル。
本作は若者たちが何者かの襲撃をされる点だけを踏襲し、
これまでのシリーズとはかなり方向性を変えているので、
完全に違う作品なのでクライモリではない。
山奥で迷子になる若者たちと、
消息を絶ったジェンを探す父のスコットの2つの視点で描かれる。
スコット演じるのがマシュー・モディーンだったのは驚き。
白髪でめっちゃおじいちゃんに見える。
こんなおじいちゃんで娘を助け出せるのか心配だった。
森に潜む敵の正体が大きく異なりすぎるのは残念である。
見たかったクライモリの敵ではなかった。
上映時間が109分と長いので、
最初の犠牲者が出るまでが待たされすぎた。

あなたにおすすめの記事