ザ・リバーの作品情報・感想・評価

「ザ・リバー」に投稿された感想・評価

hideharu

hideharuの感想・評価

3.3
2018.6.23 DVDで鑑賞。
シシーのファンでありながら当時は農家物を映画館で見る気になれずDVDが出てからの鑑賞になりました。
今回久しぶりに見てみましたが内容は大したことないですが撮影がとても良かったと思いました。

頑固な農場主が先祖の土地に固執するとか都会育ちの自分にはあまり理解できませんでした。
雨季になると氾濫する川辺の土地なんて最悪で農場を維持するために家族を犠牲にして、更には借金して出稼ぎまでして守り通すとかチョッとエゴかと。
メルギブソンにはそんな役が合っているかもしれない。彼の脱アクションの出演ですがシシーの理解ある妻の演技と子供達に助けられている感じです。

シシーはこれでアカデミー賞の主演女優賞にノミネート、この年は農家物が流行りで残念ながら同じ農家物の「プレイスインザハート」のサリーフィールドに賞は持っていかれました。
黙々と父親を助ける長男、可愛らしい長女はなかなかイイのですがその後は映画に出ていないようです。もったいない。

そう言えば音楽がジョンウィリアムスですが全然印象に残っていない。

スコアはありがちな展開ではありますがそれなりに引き込まれましたし、シシーの絶頂期の映画ということで高めにしました。
柊

柊の感想・評価

3.6
今はなき、新宿のシネマスクエアで鑑賞。メル・ギブソンが暴力もアクションも無しで、アメリカの農民を骨太に演じたかなり社会派の映画です。奥さん役のシシー・スペイセクも凄く良い。
dramatsu

dramatsuの感想・評価

3.0
1995年1月26日レンタル

大雨の洪水が多い農村地帯で農民たちが強欲な資本家と対立しながら力強く生きていく様を描いた社会派ドラマ。

メルギブソンなのにアクションなし殺し合いなしの地味な作品ですが、アメリカの農村の実情が問題提起されており、人間ドラマもしっかり描かれています。

シシースペイセクが素晴らしい演技してます。
マックスとは、また違うメル シシスペイセクもキャリーとは当然違う

このレビューはネタバレを含みます

①1984年公開(日本では1986年)

メルギブ( 28才 )出演の地味な作品の中でも好きな映画のひとつ。

アメリカの小さな農場の現状と厳しさを知る。
その貧しい農場一家の夫婦〈メルギブ&シシー・スペイクス〉の物語で、そこに絡んでくるのが、夫婦とはワケありでその辺りの土地を買い占め開発計画を立てている大企業の男〈スコット・グレン〉

先祖から受け継いだ土地を頑なに守ろうとするメルギブだけど、売らない理由は三角関係が原因でもあるところが映画らしい。

②さすが『 ローズ 』『 黄昏 』の監督。人間ドラマとして良質で、ラストも盛り上げて胸のすく終わり方なので気持ちが良い。
但し、ハリウッド映画らしくなんの解決もしていない“取り敢えず”エンディングなんだけどね(苦笑)

③子役ふたりが素晴らしい。
特に妹はほんと可愛い。

音楽はあの巨匠ジョン・ウィリアムズ

2016/6/7 DVD
iceman

icemanの感想・評価

3.5
リーサルウェポンシリーズの3年前につくられたメルギブソン主演の社会派ドラマ。

土地を守ろうとする農民と土地開発に乗り出そうとする大企業との駆け引きを描いたもの。

人にとって土地とは何か?
というテーマを正面から描いている。

そして人とは何か?
演技力を発揮した作品。