モスキート・コーストの作品情報・感想・評価

「モスキート・コースト」に投稿された感想・評価

なお

なおの感想・評価

2.5
なんてコメントの難しい映画なんだ、、
理想を追求することは忘れちゃいけないけど、それをど正面から追求していく方法によっては幸せになるかどうかは疑問なんだな、と思った。
子供の心情が複雑。
pier

pierの感想・評価

3.5
ハリソン・フォード演じる天才だが変人の父親とその家族の冒険物語。
息子にとってこの父親は反発すべき存在であり、憧れの存在だったと思う。
CTB

CTBの感想・評価

5.0
ハリソン・フォードが仏の手の上で遊ばされて終わる。開拓精神て何かねって事か。「神へのドアは開いているが、そのドアは私だ、そのドアをバタンと閉めるな!」だっけ?ブルージーンズ聖書ひどい笑
123

123の感想・評価

-
ハリソン・フォードとジョージ・クルーニーごっちゃになってたわ自分
ヤバいお父さんハリソン・フォード。冷蔵の塔が爆発するシーンはまるで「ウィッカーマン」。双子の妹が可愛すぎる。そしてシティガール(文明の最先端)の象徴マーサ・プリンプトン。
nico

nicoの感想・評価

3.2

このレビューはネタバレを含みます

最初から父親と噛み合ってない感じだったので、なんか悪い事起きそうだと思った。
リバーフェニックス若い‼️
chihiro

chihiroの感想・評価

3.0
リバー・フェニックス目当てで鑑賞しました。おそらく彼の黄金期の時期だったのであまりに顔が整いすぎて息が止まるかと思いました。ハンサムな俳優さんはたくさんいるけれど、彼ほど魅力的でほんの少しの影があって雰囲気のある美青年は今後出ないと思います。それにしても美少年過ぎました。しんどいです。映画のストーリーの方はと言いますと、独善的で支配的な父親の悲惨な末路を描いているという点でとてもヒューマンな仕上がりになっており、考えさせる内容となっていますが、見る人によっては終始腹の立つ父親でむしゃくしゃするかもしれません。ハリソン・フォードがあのような役を演じるのは珍しいなと思いました。最後にもう一度言いますが、これは美少年リバー・フェニックスを愛でる映画です。
Hawkwind

Hawkwindの感想・評価

2.0
父ちゃんが桁外れの変人のために苦労させられる家族の話。
アメリカが嫌になったからアフリカへ移住だ!というのはともかく、人殺しや盗みを正当化するのはどうもなぁ。過去の自分の母親の自殺幇助を笑い話みたいに喋る辺り、少々狂っているとしか思えない。
一番酷い目にあうヘレン・ミレン演じる母親は役名さえない。
封建的な父親絶対主義のアメリカ人の嫌な部分を見せられている感じで途中から嫌になるが、ハリソン・フォードが宣教師に撃たれた時はザマミロと一瞬思ってしまったw
現代文明を否定して田舎で暮らす家族 みたいな話。そもそも興味が持てない。共感や同情ができない。役者さんの若い頃が見られて良かったかな。リバー・フェニックス、ヘレン・ミレン。
ピナコ

ピナコの感想・評価

3.6
ハリソン・フォードとリヴァー・フェニックスが共演
私が観ないわけありません。
再鑑賞

とはいえ映画に余り良いイメージがなかった。
近年活躍(私的にも)のヘレン・ミレンがマザー役(役名も同じ)変だよね名前なしなんですか?この映画には必要ないってこと?

リヴァーが主人公で話は進んで行く。
そうなんです、子供が父を越えていく映画なんです。
発明家の父を自慢でもあり尊敬していた。
父の言うことを信じて付いてきた
父親の強引な考えで家族を巻き込んでいく、
"正しいのはいつも自分"
そんな父に少しずつ疑問を抱く
父は家族のことを考えていてくれているのか?
『殺したい』と思う弟をたしなめるが分からなくもない自分がいる。

便利が当たり前で暮らした者に大自然の中のサバイバル生活は私も含め無理だろう。
またそれがいつまでも続くとなるとどんな気持ちだろう。

ラストに語る言葉が全て。

リヴァー❗️
>|