追想の作品情報・感想・評価

追想1975年製作の映画)

THE OLD GUN

上映日:2017年09月09日

製作国:

上映時間:101分

ジャンル:

3.8

あらすじ

1944年、ドイツ兵たちによる陰湿なパルチザン狩りが続く占領下フランスの小都市モントーバンで、外科医のジュリアンは、美しい妻クララ、一人娘のフロランスと3人で幸せな家庭生活を送っていた。ジュリアンは妻と娘を田舎へと疎開させるが、後日、疎開先を訪ねた彼はドイツ兵たちに惨殺された家族の無残な姿を目にすることになる。復讐を誓い、古いショットガンひとつで一人また一人とドイツ兵たちを殺害していく彼の脳裏に…

1944年、ドイツ兵たちによる陰湿なパルチザン狩りが続く占領下フランスの小都市モントーバンで、外科医のジュリアンは、美しい妻クララ、一人娘のフロランスと3人で幸せな家庭生活を送っていた。ジュリアンは妻と娘を田舎へと疎開させるが、後日、疎開先を訪ねた彼はドイツ兵たちに惨殺された家族の無残な姿を目にすることになる。復讐を誓い、古いショットガンひとつで一人また一人とドイツ兵たちを殺害していく彼の脳裏に、家族と過ごした甘く幸福な日々の記憶が次々と去来する……。

「追想」に投稿された感想・評価

ヒルコ

ヒルコの感想・評価

2.9
主役のおじさんがゴーストバスターズの人に見えた\(^o^)/それはともかく、重たい内容のはずがとても楽しく見られました!おじさんの持つ、後添えへの熱い執着がこれでもかと感じられるため、ナチス軍に対しての憐憫などは一切持たなくて良いから、一方的な目線でみてられるんだろうね。だから見てて楽と言うか素直に楽しめる。嫁の命は束になった軍より重い、個人の主観だったら当たり前のことだもんね。
高校生の時に観たときはひたすらリベンジャーアクション物として震え、大人になって観てみるとタイトルの意味がじわじわ染み入ってくる男女の愛のストーリーなのだと。若き日のフィリップ・ノワレが渋く、ロミー・シュナイダーが美しい。
冒頭、3人の親子がフランスの郊外らしき景色の中をサイクリングしている画面が非常に美しいうえに心地よいおしゃれな音楽が重なり、これからどんな優しいドラマが始まるのかと思ったら、いきなりの地獄絵図…そこから愛する者を奪われた男の復讐劇が始まる

ポイントは、風貌は冴えない部類に入ると思われるフィリップ・ノワレの妻が不釣り合いに美しすぎるロミー・シュナイダーであること、復讐劇の合間に挿入される思い出(追想)の場面の内容と順序、ケルシー地方に主人公が代々保有する古城の複雑な構造、そして城に残っている狩猟用の散弾銃(原題は「古い銃」という意味らしい)

情景や音楽、そして何よりロミー・シュナイダーが非常に美しい一方で、出来事の描写はなかなか容赦なく、そのアンバランスがおもしろい

ロベール・アンリコは「冒険者たち」だけじゃない…



103xx

103xxの感想・評価

4.0
小さな映画館で鑑賞。見終わったあと、「追想」の意味を調べてしまうくらい余韻に残る映画でした。
追想 観ました🔥
ほぼ先入観無しで。
主演の男性は、知りませんでしたが好演でしたね。
シュナイダーは、言う所無く完璧❣️私が観た最高作です。
私は彼女の、ヴィスコンティ作は未見なのです。又ドロンと競演の、
太陽が知っている
が、今ひとつ映画全体に切れ味に欠けた印象があり、シュナイダー作品を殆ど観ていませんでした。
やはり、ロンリコ監督にしか作れない映画だし、今回のド・ルーベの音楽は、映画に沿う形で、それも良しでした。
仏独の時代背景は、自身が根っからの歴史好きもあり、大変分かり易いものでした。(それからすると、同時代イタリア舞台の、
ブーベの恋人
の、チャキリスのアルチザン役は、やや分かり難いです。)
本当に、私が観ておかねばならね作品を、ご紹介頂き感謝致しています。
=紹介頂い方に❣️=
◯公開が70年代半ばと、デジマス版が07年が理由か⁈TSUTAYAさんで低価格で借りられ事実、只々嬉しいです😂
いおん

いおんの感想・評価

3.5
イングロリアスバスターズに影響与えたってことで観た
殺されるシーンが良かった
幸せな追想が物悲しい
奈緒子

奈緒子の感想・評価

3.9

このレビューはネタバレを含みます

武装したドイツ兵12人 vs 1人の優しい小太りおっさんの復讐劇

無茶だろ!と思うけど、
復讐に取り憑かれた彼は、静かに、淡々と敵に刑を執行していく。
(ドイツ兵の将校が「くそっ!ゲリラに囲まれちまった!」ってがなるけど
実際には冴えないおっさん1人しかいないのはちょっと笑える。)
この復讐に、追想によって彼の人生が込められていく。その過程も映画的で素晴らしい。

しかしすべてが終わり、
車内でクララの死をハッと受け入れてやっと我にかえり
人の心を取り戻したように涙するシーンは
..ずるいよね。
想い出はもう復讐の糧ではなく、彼を微笑ませる..

劇中、音楽は家族3人が幸せそうに自転車を漕ぐシーンと、田舎をドライブして妻子に会いに行くシーンの明るい音楽だけなので、
その陽気なメロディだけが耳に残り、それがまた切ない。。

妻クララ役のロミー・シュナイダーがめちゃくちゃ魅力的でした...
娘のお薦めです!
大好きなロミー シュナイダーが哀しいほど美しい💕
復讐劇とは思えない素敵な映画🎞でした。
明日ではなく今日、今、家族を愛し大切にしなくちゃ💖と思いました。
愛するダーリン様いつもありがとうござます😊目の前にある幸せに感謝して‼︎
紹介してくれた娘にも感謝❣️
plaski

plaskiの感想・評価

3.5
DVDにて。前から見ようと思いつつ、1年以上たってしまった。復讐の物語はこれまでにもたくさん見ているが、この映画の雰囲気は独特で、印象に残る。
tomomi

tomomiの感想・評価

3.8
目には目を歯には歯を。
愛する家族を奪われた男の復讐劇。
医師である男が、人の命を奪わなくてはいけない迄に追いつめられる。フィリップ・ノワレの冷静な目が余計に恐ろしかった。追想シーンの家族は、幻かのようにとても幸せそうでした。
>|