追想の作品情報・感想・評価

追想1975年製作の映画)

THE OLD GUN

上映日:2017年09月09日

製作国:

上映時間:101分

ジャンル:

3.8

あらすじ

1944年、ドイツ兵たちによる陰湿なパルチザン狩りが続く占領下フランスの小都市モントーバンで、外科医のジュリアンは、美しい妻クララ、一人娘のフロランスと3人で幸せな家庭生活を送っていた。ジュリアンは妻と娘を田舎へと疎開させるが、後日、疎開先を訪ねた彼はドイツ兵たちに惨殺された家族の無残な姿を目にすることになる。復讐を誓い、古いショットガンひとつで一人また一人とドイツ兵たちを殺害していく彼の脳裏に…

1944年、ドイツ兵たちによる陰湿なパルチザン狩りが続く占領下フランスの小都市モントーバンで、外科医のジュリアンは、美しい妻クララ、一人娘のフロランスと3人で幸せな家庭生活を送っていた。ジュリアンは妻と娘を田舎へと疎開させるが、後日、疎開先を訪ねた彼はドイツ兵たちに惨殺された家族の無残な姿を目にすることになる。復讐を誓い、古いショットガンひとつで一人また一人とドイツ兵たちを殺害していく彼の脳裏に、家族と過ごした甘く幸福な日々の記憶が次々と去来する……。

「追想」に投稿された感想・評価

第二次大戦中を舞台に、妻と娘をナチスに惨殺された主人公が復讐を挑む戦争映画。

フィリップ・ノワレが「ニュー・シネマ・パラダイス」のアルフレードのイメージとは正反対の復讐の鬼として、ナチスの兵隊を血祭りにあげていく姿に驚き。

普通なら悪を倒していく主人公に盛り上がり、スッキリしていくはずですが、この映画ではあまりそういう感情が湧いてこない…

やはり妻と娘を無惨に殺されているだけに、敵を倒してもどこか物悲しさがあるし爽快感は皆無。

このような悲劇を生んだ戦争の無意味さ、悲惨さを後押しするかのようなラストシーンも印象的でした。
この『追想』と言う邦題とポスターヴィジュアルが何かフランス文芸大作みたいで損してると思う。
タランティーノの『イングロリアス・バスターズ』の元ネタで、『ダイ・ハード』及びその元ネタの『大陸横断超特急』等など「外部と隔絶状態の限定された空間でたった一人で武装集団に挑む」をかなり最初の方でやった作品で更にはナチスに無残に殺された妻子の復讐に立ち上がるおっさんMAD MAX。
そしてそれだけではなく主人公の医師(フィリップ・ノワレ)の繰り返されるフラッシュバックや記憶の混乱と混濁は単なる復讐劇を超えて物語に幻想的な色彩を帯びさせている。
無残に殺される妻と娘のくだりは医師の妄想(!)だし、もしかして妻と娘なんて本当は存在しない(又は事故か何かでとっくに死んでるとか)のでは?とも思わせる狂気を感じさせて、ラストも復讐を終えた医師が妻と娘がいる幻想の世界に旅立ってしまったのかと思わせる、復讐はいい悪い、単純な善悪論に落とし込まず何とも言えない余韻を残して終わるのも良いと思いました。
フク

フクの感想・評価

4.0
壮絶。
純粋なカタルシスと、切なく訪れるエンディングに、本当に映画に必要なものはタイトルと俳優の顔だけなんじゃないかと思えるぐらいシンプルな作品。
第二次大戦末期、温厚な医師が、自分の古城に疎開させた妻子をナチに惨殺されたことを知り、狼藉された城の中で復讐を果たしていく戦争映画。ブチ切れたフィリップ・ノワレが教会のキリスト像とマリア像をぶっ壊す仰天展開。復讐劇の合間に挟まれる美しすぎる妻の面影が、凄惨な最後との激しいギャップとなり、もう本当に、許せねぇ…許せねぇ~!!!と見ている方は目の前が真っ暗になり大憤慨するのだが、当の本人は完全にいっちゃってて、やけに冷静沈着なのが怖い。この辺はビジランテ物が好きであればたまらないテイスト。また、ロベール・アンリコらしい、胸キュンで小粋な音楽が、重すぎる展開の中でキラキラと鳴って切ない余韻になっている。
2018.3.25 シネフィルWOWOW(録画)(字幕)
hiroki

hirokiの感想・評価

3.2
娘が射殺され妻が焼き殺される場面が何と主人公ジュリアンの想像!復讐をしながら家族との思い出をフラッシュバックさせながら主人公の少年時代に父親から猟銃の扱い方を教わる場面まで出てくる。記憶の混乱。ついに彼は妻がいなくなってしまったことも・・
peche

pecheの感想・評価

3.6
ドイツ占領下フランスでの残虐行為
古城での頭脳戦で復讐
切ないけどおもしろかった
イングロリアスバスターズ見直そう。
「ニューシネマパラダイス」のフィリップ・ノワレ主演ということで観た。
若い!!
ナチスに家族を惨たらしく殺された医者の男が、ショットガン片手に復讐するバイオレンスムービー。

ただの復讐アクションではなく、現在と幸せだった過去が交互に挿入されるため、なんとも言えない切なさが募る。
精悍なドイツ兵vs太っちょノワレおじさんなのだが、一見ふつうのおじさんが殺しまくるのが復讐に燃える男の狂気を引き立てていて良い。
えひ

えひの感想・評価

3.9
物語:0.7
演技:0.8
音楽:0.8
映像:0.8
美術:0.8
小森

小森の感想・評価

-
ナチに家族を焼き殺された男が古城に篭ってナチを皆殺しにしようとする!火炎放射器で奴らを地獄の業火に包み込め!
隠し通路等を使って殺すんだけど、復讐と家族との思い出が交互に語られるので、テンポは悪いけどかなり悲しくなる。
ジュリアンの淋しさしかない復讐する様は切なさしかないねー
そこが太めのおじさんの復讐劇でも燃える部分なのかもしれないけど
勿論歴史背景もだけど
>|