追想の作品情報・感想・評価

追想1975年製作の映画)

THE OLD GUN

上映日:2017年09月09日

製作国:

上映時間:101分

ジャンル:

3.8

あらすじ

1944年、ドイツ兵たちによる陰湿なパルチザン狩りが続く占領下フランスの小都市モントーバンで、外科医のジュリアンは、美しい妻クララ、一人娘のフロランスと3人で幸せな家庭生活を送っていた。ジュリアンは妻と娘を田舎へと疎開させるが、後日、疎開先を訪ねた彼はドイツ兵たちに惨殺された家族の無残な姿を目にすることになる。復讐を誓い、古いショットガンひとつで一人また一人とドイツ兵たちを殺害していく彼の脳裏に…

1944年、ドイツ兵たちによる陰湿なパルチザン狩りが続く占領下フランスの小都市モントーバンで、外科医のジュリアンは、美しい妻クララ、一人娘のフロランスと3人で幸せな家庭生活を送っていた。ジュリアンは妻と娘を田舎へと疎開させるが、後日、疎開先を訪ねた彼はドイツ兵たちに惨殺された家族の無残な姿を目にすることになる。復讐を誓い、古いショットガンひとつで一人また一人とドイツ兵たちを殺害していく彼の脳裏に、家族と過ごした甘く幸福な日々の記憶が次々と去来する……。

「追想」に投稿された感想・評価

いおん

いおんの感想・評価

3.5
イングロリアスバスターズに影響与えたってことで観た
殺されるシーンが良かった
幸せな追想が物悲しい
奈緒子

奈緒子の感想・評価

3.9

このレビューはネタバレを含みます

武装したドイツ兵12人 vs 1人の優しい小太りおっさんの復讐劇

無茶だろ!と思うけど、
復讐に取り憑かれた彼は、静かに、淡々と敵に刑を執行していく。
(ドイツ兵の将校が「くそっ!ゲリラに囲まれちまった!」ってがなるけど
実際には冴えないおっさん1人しかいないのはちょっと笑える。)
この復讐に、追想によって彼の人生が込められていく。その過程も映画的で素晴らしい。

しかしすべてが終わり、
車内でクララの死をハッと受け入れてやっと我にかえり
人の心を取り戻したように涙するシーンは
..ずるいよね。
想い出はもう復讐の糧ではなく、彼を微笑ませる..

劇中、音楽は家族3人が幸せそうに自転車を漕ぐシーンと、田舎をドライブして妻子に会いに行くシーンの明るい音楽だけなので、
その陽気なメロディだけが耳に残り、それがまた切ない。。

妻クララ役のロミー・シュナイダーがめちゃくちゃ魅力的でした...
娘のお薦めです!
大好きなロミー シュナイダーが哀しいほど美しい💕
復讐劇とは思えない素敵な映画🎞でした。
明日ではなく今日、今、家族を愛し大切にしなくちゃ💖と思いました。
愛するダーリン様いつもありがとうござます😊目の前にある幸せに感謝して‼︎
紹介してくれた娘にも感謝❣️
plaski

plaskiの感想・評価

3.5
DVDにて。前から見ようと思いつつ、1年以上たってしまった。復讐の物語はこれまでにもたくさん見ているが、この映画の雰囲気は独特で、印象に残る。
tomomi

tomomiの感想・評価

3.8
目には目を歯には歯を。
愛する家族を奪われた男の復讐劇。
医師である男が、人の命を奪わなくてはいけない迄に追いつめられる。フィリップ・ノワレの冷静な目が余計に恐ろしかった。追想シーンの家族は、幻かのようにとても幸せそうでした。
ずっと観たいと思っていた作品です.戦争とは、何気ない毎日の些細な悩み事が吹き飛びます…戦争で家族を失い、今までの出来事が走馬灯の様に回想されます.ロミーは序盤と回想で登場します.
McQ

McQの感想・評価

3.5
爽やかな冒頭から一変、地獄へと切り替わる。

ナチスドイツ占領下のフランスで、、
ってもう書き飽きたと言いたくなるほど書いたような(^^;
このネタが尽きる事はないのでしょう。

医師のジュリアンは戦争の不安から家族を疎開させる事を決意するが、疎開から5日経っても妻クララからの連絡が無い。

心配になったジュリアンは疎開先である故郷の古城へ向かうが、、

音楽や演出に注目してしまうと時代を感じさせるところはあるけれど、幸せなひと時と不幸な現実とを交互に見せるストーリー構成はこの時代とは思えない程、斬新なものを感じました。

冴えないおっちゃんと思いきや、一人で火炎放射器に立ち向かって行く様は素直にカッコいい。
男の中の男!

全体的にシンプルなのはとても良いのだけど、回想シーンは少し単調な感じがしたので、もうちょい深みのあるドラマが欲しいところ。。

娘ちゃんの幼い姿が別人過ぎて違和感、、ちょっと笑ってしまった^ (^^;
31monks

31monksの感想・評価

3.7
こんな面白いことをこんなにあっさり!というシーンがいくつもあって、かっこいい映画だなと思った。
Sari

Sariの感想・評価

-
2018/06/12 シネフィルWOWOW

幸せそうな最初のシーン。
ラストにつながっているが
中盤はかなり悲惨な映画。
美しいロミー・シュナイダーのジャケット写真からとても想像付かない。
主人公の医師が、戦争中ナチス軍に妻と子を惨殺され、妻が燃えていくのを目の当たりにするシーンはトラウマになりそう。
所々、妻子が生きている幸せな頃の思い出が医師の脳裏に蘇り、追想として差し込まれるシーンがとても切なかった。
映画史上最も悲惨な話。医者の妻子が戦争中の疎開先でナチスに惨殺される。それをショットガン一丁で医者が一人一人と復讐していく。戦争の悲惨さがテーマなのに、単にアクション映画っぽくなってしまってるので悲しみが薄らいでしまう。唐突に妻子が惨殺されてるのは映画として陰惨過ぎる。冒険者たち、ラムの大通りのロベールアンリコ監督だからアクションシーン(それも古城なのは共通)はうまいけど、恋愛に至る妻との回想シーンが足りない気がする。ナチスの件もご都合主義だし。太っててメガネのおっさんがよたよたしながら多数のナチス兵に復讐するんだけど、あんな動き鈍くて大丈夫?って感じ。撮影でイノシシ殺してるのもエグイな。フィリップノワレの狂気がもっと見たかった。ロミーシュナイダーは最高に美しい!
>|