追想の作品情報・感想・評価

追想1975年製作の映画)

THE OLD GUN

上映日:2017年09月09日

製作国:

上映時間:101分

ジャンル:

あらすじ

1944年、ドイツ兵たちによる陰湿なパルチザン狩りが続く占領下フランスの小都市モントーバンで、外科医のジュリアンは、美しい妻クララ、一人娘のフロランスと3人で幸せな家庭生活を送っていた。ジュリアンは妻と娘を田舎へと疎開させるが、後日、疎開先を訪ねた彼はドイツ兵たちに惨殺された家族の無残な姿を目にすることになる。復讐を誓い、古いショットガンひとつで一人また一人とドイツ兵たちを殺害していく彼の脳裏に…

1944年、ドイツ兵たちによる陰湿なパルチザン狩りが続く占領下フランスの小都市モントーバンで、外科医のジュリアンは、美しい妻クララ、一人娘のフロランスと3人で幸せな家庭生活を送っていた。ジュリアンは妻と娘を田舎へと疎開させるが、後日、疎開先を訪ねた彼はドイツ兵たちに惨殺された家族の無残な姿を目にすることになる。復讐を誓い、古いショットガンひとつで一人また一人とドイツ兵たちを殺害していく彼の脳裏に、家族と過ごした甘く幸福な日々の記憶が次々と去来する……。

「追想」に投稿された感想・評価

2017.9.24@新宿シネマカリテ
ロベールアンリコの名作、デジタルリマスター再上映で初鑑賞。
ナチス統治下のフランスで、新婚の妻が悲劇にあう。そこから復讐の鬼と化した主人公が自分だけのレジスタンスをはじめる。復讐していく鬼気迫る姿と同時に、過去の美しい思い出がオーバーラップする。映画ならではの手法で浮かび上がる哀しみが辛い。


ナチス統治下とはいえ、最早撤退戦でまもなく解放というタイミング。ナチス側ももう終わりだという自覚を持って戦い、時には脱走しようとする兵も現れる状況。ナチスをこういう描き方をしているのを見たのははじめてでその点も新鮮だった。
1944年、ナチスドイツ占領下にあるフランスの小都市モントーバン。

フランス人外科医のジュリアンは、田舎に疎開させていた妻クララと娘フロランスをドイツ兵たちに惨殺されてしまう。

ジュリアンは憎きドイツ兵たちに復讐するべく立ち上がり、古いショットガン1つでドイツ兵たちを殺害していく。

そんな彼の脳裏に、家族と過ごした幸せな日々の記憶が次々とよみがえり……

まさに追想でした。

この映画の最初のシーンと最後のシーンが同じ自転車に家族で乗る場面なんですけど、観終わってからのそれは悲しすぎる…

家族の死体を見つけた時のジュリアンの気持ちを考えたら、自分も吐き気を感じました。


今、映画館で見れるらしくて調べたら田舎ではやってませんでした(笑)ディスカスで借りました。

多少グロシーンあります。
Iri17

Iri17の感想・評価

2.5
イングロリアス・バスターズとパニッシャーを思い出した。でも音楽のせいかものすごく眠くなってしまった。
学校帰りに観て寝過ぎました。
すず

すずの感想・評価

3.6
家族に手を出した奴は皆殺し!

舞台は第二次世界大戦真っ只中のフランス。
医者のジュリアンは、家族で幸せに暮らしていた。
そんなフランスも遂にドイツ軍の侵略が始まり、ジュリアンは妻子を自分の故郷へ疎開させることにした。
毎日負傷者の手当てに当たるジュリアン。
周りの勧めもあり、久しぶりに妻子に会いに行くことにした。
2人に会うのを楽しみにしていたジュリアン。
しかし故郷で目にしたのは、惨殺された村人、そして妻子の姿だった…

イングロリアス・バスターズの元ネタだそうです\(◡̈)/
家族を殺された男が、ドイツ軍に復讐する話!
真面目な医者のジュリアン、猟銃持つと強い!
家族との楽しかった思い出を振り返りながら、家族の敵討ちをするジュリアン。
無表情のままドイツ軍を追い詰め続けるのが、すごく切ない(´•ω•`)
起伏がないのと、すごく淡々と猟銃ぶっ放し続けるから、途中でちょっと飽きちゃう。
最初と最後のシーン、同じシーンなのに、内容見る前と後じゃ全然違うんだよ〜。
哀愁漂う、悲しき男の復讐劇(´•ω•`)
よしみ

よしみの感想・評価

3.0

このレビューはネタバレを含みます

40年以上前の作品の
デジタルリマスター版

安全な場所なんてなかった

家族の最後があまりにも惨い
ここから復讐は始まっていた

地の利を活かした復讐はみごと

その復讐と家族との記憶を
交差させる演出がハマってる

冒頭とラストが同じシーン

何かが違うと考えながら
悲しさが大きくなってくる

追記
この邦題は素晴らしい
ナチに妻子を殺された男の復讐劇。面白かったのですが、医者であるはずの主人公がなぜここまで強いのかについてはちょっと気になってしまいました。主人公が油断して銃を置き顔を洗っているところで敵に後ろを取られる場面、どうなるものかとハラハラしましたが…笑ってしまいました。
みや

みやの感想・評価

3.8
幸せだった日々を追想するたびに切なくなってしまう。
復讐したところで元には戻らないのだから、ひたすら虚しい。あぁでも目には目をして然るべき。

ロミーシュナイダーが妖艶で美しすぎる。

2017年劇場鑑賞70本目
100点!ロミー・シュナイダーの色気も100点!ダンケルクは0点
Kaito

Kaitoの感想・評価

3.5
親衛隊の蛮行描写もアレですが、主人公の自らの手で皆殺しを計る狂いっぷりも見事で、ストレートな復讐譚ですが爽快感の無いフランス映画らしい大人向けの内容でした。(同時期に「戦争のはらわた」を上映する映画館のセンスに感心しました)
>|