天城越えの作品情報・感想・評価

「天城越え」に投稿された感想・評価

kadocks

kadocksの感想・評価

4.5
初見はロードショウ。
何十年ぶりに松本清張映画シリーズ。

この映画の欠点はたった2つ。

渡瀬恒彦の老人姿の異様さと菅野さんの酷い音楽。

田中裕子のヒロインは公開当時も話題であり、彼女の芝居の天才性が映画マニアの間では語り草だった。
放尿シーンとさようならのあの菩薩顔は日本映画史に残るだろう。
まあそれにしても巧いんですよ、あなた。
本当の天才ですよ。
なす

なすの感想・評価

4.5
下田に6年程住んでいたことがあり、遠くへ出かける時はいつも車で天城峠を超えていた。美しくも畏怖の念を抱くほどの豊かな自然と人間のじっとりとした愛憎が折り重なった映像に、あの時感じていた、鬱蒼とした木々に囲まれる中での自分の心許なさが記憶の底から呼び起こされるようだった。
カリー

カリーの感想・評価

3.8
田中裕子の母性と妖艶さが想像以上に美しかった!
少年が崖から転がり落ちながら土工を追い詰めて殺すシーンは圧巻。
そして渡瀬恒彦のおじいちゃん役も想像以上におかしかった!
wancoman

wancomanの感想・評価

3.6
田中裕子さんがおしんとまた違って色っぽかったです。
柄本明さんや加藤剛さんなど好きな俳優さんが出てきて嬉しかったです。
渡瀬恒彦さんの老年の刑事役が始終浮いていたのが残念でした。
マスク小さ過ぎ笑

天城トンネルは有名な心霊スポットです。
うみ

うみの感想・評価

3.9
このすれっからしで儚い色気の田中裕子を見れただけで満足

思春期に感じる性的なものに対する興味と嫌悪感・憎しみをこの少年が見事に演じきっているのに感心した
林の中を徐々に進んでいって例の行為を見せるカットと、ポケットの中で凶器をおっ勃てるカットが印象的でした。
田中裕子じゃなかったら成り立たなかったのではないかと思う作品。表情の演技でセリフいらないのもわかる。
MegmiTanak

MegmiTanakの感想・評価

3.9
田中裕子の放つ強烈な母性。そりゃあ14歳の青年は狂わされるわ。
一つ一つの仕草、話し方のテンポや具合、目線のそらし方、すべて計算済みなのだろうか。演技とは思えない演技に見入ってしまう。聖母のような姿から一転、娼婦の本性を現したシーンの獲物を捉えたハイエナのような表情。そして土工との情事の直後、一瞬する高笑い。長い取り調べの末、完敗を悟った屈辱の一粒の涙。ハナ、忘れられない映画のヒロインの一人となった。

犯人が殺しを犯すに十分納得のいくトリガーの描き方。嫌悪感・憎悪・衝撃を静かながら確実に煽る。これもまた素晴らしい。
どくお、どくおって何のことかと思って調べたら、土工(どこう)でした

もうわかったよっていうとこをしつこく描く感じ
土工さんがMVP

田中裕子素晴らしかったな

いやな話だが、、、
景色と、田中裕子の役は残るなあ、、

じめっとした汗臭さの中に

ラストカットまでどうぞ

あと前半いっぱい知ってる人がでてます
松本清張原作のミステリードラマ、原作は未読で鑑賞
見る前はそんなに期待してなかったんですが良かったです、80年代の映画って変な古さを感じちゃうんだけど劇中の主な時代設定が戦時中になっているからかそれも感じない

とにかく誰よりも田中裕子が印象的な映画
中盤、渡瀬恒彦と向かい合って取調べを受けるシーンが特に強烈、見終わったあとそこのシーンだけもう一回見ちゃったくらい凄かった

劇中では犯行の動機について語られることなく想像するしかないんだけど、その美しさ優しさしか知らない少年にとって、その人が汚されるような気がして許せなかった的なこと?

劇中少年だけに見せるある種の神々しさと、取調室での毒づきや激しさ、どっちの田中裕子も美しく強烈で凄い印象に残りました
>|