潜水艦イ-57降伏せずの作品情報・感想・評価・動画配信

「潜水艦イ-57降伏せず」に投稿された感想・評価

Fisherman

Fishermanの感想・評価

4.4
日本の潜水艦映画もいい。59年にこんな映画があったとは驚き。
池部良の憂いを含んだ男前さと真面目さがかえって日本の軍人らしさ、潔さを際立たせている。
「日本潜水艦イの57は降伏せず、戦闘を開始する。」フィクションだとしても悲しい終わり方だが、日本海軍の魂、漢の汗を見せてくれた。
結構、特撮、ミニチュア、実物と迫力のある潜水艦のシーンが観れる。ただ某国の外交官父娘を中立国であるスペイン領カナリー諸島まで輸送する任務で大本営の秘密工作という点が何か無理やり。松林 宗惠監督は、僧侶でもあるのでお経を上げるシーンが出てくるのかなと勝手にかんぐる。戦争特撮映画としては名作だと思いますね。

このレビューはネタバレを含みます

https://umemomoliwu.com/submarine-e-57-never-surrenders
TATSUYA

TATSUYAの感想・評価

3.0
和平工作?耳を疑う屈辱的な任務のために、外国人を、艦内に入れなければならないという設定が面白い。
mz5150

mz5150の感想・評価

3.6
三橋達也の国際秘密警察が見たかったのだがレンタルされてなく代わりに見つけた作品、タイトルに見覚えがあり試しにレンタルす。

池部良演ずる潜水艦艦長は密命を受けポツダムに和平の使者を送る任務を受ける。三橋達也は下士官のまとめ役で部下と艦長の橋渡し役、任務に納得しない下士官をまとめながら艦長命令を守る良き補佐官であった。8月5日ラストの浮上しての魚雷戦の前に軍装を整える辺りからの盛り上がりと悲しき運命を受け入れ帝国海軍の矜持を見せた乗組員達は涙なしには見られない。

アイデアはやはり眼下の敵からかな?公開年が2年遅い本作の円谷英二の特撮と駆逐艦の機雷のシーンは眼下の敵を相当意識したはず。機雷や魚雷の爆発音が円谷プロの音がして懐かしい。
池部良が軍隊経験者なのは知っていたが、出演している映画を観てもそんな風に見えたことは一度も無かった。
やくざ映画に出ている時でさえ暴力の臭いが無く、知的でスマートだった。
ただ、この映画を観た時、初めてそう見えた。
黒羊

黒羊の感想・評価

3.9
潜水艦イ-57降伏せず

昭和20年。日本は大東亜戦争で敗戦濃厚に。有利に終戦工作を進める為、連合国側の外交官親子を乗せてスペイン領カナリー諸島まで届ける極秘任務を負った。将校以外は外交官親子の正体、任務の内容を知らされていなかった。

ご近所さんとの挨拶でも言いたい言葉、
「あっこんにちは!最近寒いですけど今日も潜水艦映画に駄作なしですね〜」

ご近所さん「お、おぉ…」

我が国の潜水艦映画もいいですね!

1959年公開。池部良、三橋達也、平田昭彦出演。
池部良演じる艦長がかっこええねぇ〜
平田さんも変わらずシュッとしてる!

冒頭から特攻兵器の、人間が魚雷の中に入って敵艦に突っ込む「回天」の描写が。もちろん敵艦に当たれば中の人は死ぬ。

戦友を送り出す通信とか…外画の潜水艦映画と違って、日本の戦争映画、潜水艦映画は悲壮感が凄いな。

潜水艦内の生活はまぁリアル!冷房が効かなくなって艦内激アツでみんな汗だくだくで働いてたり。
乗組員の個性や、はしゃぎっぷりなどは昔の邦画のノリですね。昔の映画なのでセリフは聞こえにくい。でも字幕があるから安心でした!やったねDVD!

戦闘シーンは我らが円谷プロ!
昔の映画なのでチャチいとか考えずに観てました。合成とかも綺麗じゃないけどね。でも潜水艦内のセットはリアル。

潜水艦は当時、実際に自衛隊が運用していた潜水艦を使っての撮影。モノホンは迫力ありますわ。

葛藤の中でも戦い続ける帝国軍人の気合いも凄い。古い邦画の良さがある潜水艦映画でした。
池部良主演。

連戦連勝の潜水艦イ-57は、戦局もいよいよになり、本部より和平交渉の為にある国の外交官を秘密裏に護送する命を。
艦長と、副艦長と数人しか知らない任務で、一般人と女性が乗艦したことにクルーが動揺して。
その道中も、敵に襲われて大変な状況で。
そして、作戦も終わりになり、外交官を送り届ける地点に到着するが・・。

日本の潜水艦作品としては、最高峰だと思います。
この作品を観ると、「ローレライ」とか「真夏のオリオン」なんかにも影響が見えますね。

特撮も円谷監督で、水の中の潜水艦のシーンとか、リアルで細かいトコまで緻密な所が素晴らしいです。

この系統の作品特有の艦内での「猜疑心」も大事なドラマのキーで。

特にラストの盛り上がりは手に汗握る圧倒感!
ハテナ

ハテナの感想・評価

3.0
観た日:神保町シアターのイベント時に鑑賞(2013/7/14?)
購入したDVDで鑑賞。

【あらすじ】
大戦末期、和平交渉のために某国外交官輸送の任務負った潜水艦イ-57が出航する…。

「潜水艦映画にハズレなし」
終戦の日なので戦争映画を鑑賞。フォロワーさんの企画に乗っかろうかと思ったが、今回は保留。
日本の戦争映画には珍しいフィクション作品だが、物語の舞台となる潜水艦イ-57は1942年に建造が予定(翌年中止)された幻の潜水艦伊号第57潜水艦が、某国外交官ペルジェは戦争の早期終結に尽力したカミーユ・ゴルジェ(スイス公使)がモデルと思われる。
戦争映画の問題点でもある「戦争の結果を知っているので話に入り込めない」という欠点を、戦後感覚を持った人物(ペルジェとミレーヌ嬢)を登場させることで上手く解決している。最初は勝利を確信する日本兵を見下していた二人だが、日本兵との交流を通じていくうちに「日本は戦争には負けたが彼らだけでも助けてあげたい」と思う二人の願いが胸に刺さる。
また、特撮シーンは丁寧であり、白黒作品であるにも関わらずカラーフィルムを使用することで非常に綺麗な映像になっている。監督が海軍出身なのでリアルさを追求した艦内描写も素晴らしい。
改めて戦争を考えるのに相応しい戦中、戦後の人々の思いが詰まった素晴らしい映画だった。
>|