恐怖の岬/ケープ・フィアーの作品情報・感想・評価

「恐怖の岬/ケープ・フィアー」に投稿された感想・評価

campanule

campanuleの感想・評価

3.8
フォロワーさんのタイムラインで思い出し過去鑑賞
友達に勧められて、多分VHSビデオで見たかな
面白かったです
『ケープ・フィアー』が面白かったので鑑賞。

基本プロットは一緒なんだけど、逆にリメイク → オリジナルという順で見たことで、スコセッシ版が肉付けマシマシのかなり特異な作品だったことに気づく笑

特にデ・ニーロ演じるマックス・ケイディは、賢さも筋肉も、とりわけ行動の気持ち悪さも、オリジナル版より大分パワーアップしていたと思う!!

じゃあ本作はつまらないか?
と言われると、あながちそうではない!

ロバート・ミッチャムのマックス・ケイディは、デ・ニーロほど何か直接的に仕掛けてくるわけではないんだけど、それゆえのリアルな恐怖があった…!
多分この辺の “日常に潜む恐怖” の要素は、『ハロウィン』のマイケルなんかに受け継がれている気がする。

それを象徴するのが、途中挟まれる「マックスに暴行を受けた女性、ダイアンの元にサムたちが駆けつける」というエピソード!
本筋ではないこのシーンは普通に考えれば余計だし、仮に挿れたとしても、マックスの尻尾を掴むためのシーンなんかにすると思う。

それが本作では、暴行を受けたダイアンがショックで口を割れず、しかもそのまま逃げるように街を出て行く、という選択を取ることで単なる蛇足ではなく、マックスの恐怖をさらに醸成させる効果に転嫁している。

この間接的に伝える恐怖の描き方が素晴らしいなと思うし、実際マックスは対面戦闘になっても強いんだから、人気の悪役に選ばれるのも納得death!!!

対する主人公のサムはグレゴリー・ペックということもあってか、きっかけとなる出会い然り、クズ度はかなり減退。しかし、イケメン度に比例して頼りなさも増加、うーん…となる気持ちは相変わらずでした笑
むしろすぐキレて術中にハマるし、金で買収しようとしたり、やることが小者のそれ笑
monaminami

monaminamiの感想・評価

4.7
恨まれたが最後、どこまでも追ってくるし、妻子ともに狙ったりと外道過ぎるロバート・ミッチャム怖すぎる。目には目を、じゃないけど殺すだけではお返ししきれないグレゴリー・ペックのお怒りはごもっとも。
そんなドロドロ劇に反して当時の街並みや車や建物がキチッとそびえ立つ感じの冷たさが際立つ。
otom

otomの感想・評価

4.7
不死身感はスコセッシ版のデ・ニーロの方がある気はするけれど、精神的な怖さは断然こっち。夜どころか日中まで狩人モードな爬虫類系入ってるロバート・ミッチャム。幼女ガン見しながら一直線に向かってくるシーンとかマジ怖い。そして事件の後しか動けない警察と法律の穴の薄い所グイグイ付いてくるいやらしさ。ラストのグレゴリー・ペックの憎しみが完全に無慈悲でダークサイドな同族状態な気もするのは置いといて、素敵ロケーションにドアとノブを中心としたお洒落なカット多数でとても良い。
Sara

Saraの感想・評価

3.7
普通に面白い!
ミッチャムのストーカー感、すごい!笑
G・ペックのいかにもアメリカのお金持ちファミリー感もすごい。

でも、正直ミッチャムは煽っただけで何もしてないのに、気に入らないからなんとしてでも排除する 主人公も なかなか怖かった。

スコセッシverも見たい。
こじま

こじまの感想・評価

3.8
ロバートミッチャムとグレゴリーペックだけで、もうありがとう
リメイク版でも同じ音楽使ってたような
よし

よしの感想・評価

4.0
「それでは簡単すぎる」エサの時間 --- またな先生。ロバート・ミッチャムの背筋の凍るような名演がリードする本作で、正義の人グレゴリー・ペックが追いつめられる!バーナード・ハーマンの手掛けた不安不穏を巧み煽るスコア、迫りくる恐怖の旋律。遂に目覚め解き放たれた獣による執拗なお礼参りは観客をサスペンスの闇に迷いこませる。愛娘に迫る危険。否応なしに高まる緊張感に押し寄せるドキドキハラハラで見応え十分。作品を包み支配するようなテンションの高さやスピード感で飽きさせない。モノクロ白黒ならではの陰影の美学とも言えそうなあちこちに伸びる影。
特にそうした要素が報われる、タイトルに相応しい名優二人の最終決戦・直接対決は圧巻。木の間から覗くところなんて『地獄の黙示録』ばりにインパクトがあったし、ランボーかと思ったよ(実際こっそり近づいて首締める)。闇夜から浮かび上がるように部分部分見える顔が表情も相まって怖すぎる戦慄。名作『狩人の夜』もあるし、当時の親たちはきっと子供が寝ないとか言う事聞かないときとかに「ロバート・ミッチャムが来るよ」と脅していたに違いない(?)。スコセッシ × 毎度ノリノリなデニーロ = 映画史上屈指の名コンビによるリメイクも良かったけど、やはりオリジナルか。

マックス・ケイディ、あんたの最低なところが好き
Nancy, run and hide!
スコセッシデニーロが91年にリメイクした作品のオリジナル。グレゴリーペックとロバートミッチャムという、こちらも超豪華な配役でした。画面が騒がしい!笑

「犯罪阻止の法律はない。犯行後しか行動できん」本作の警察のセリフですが、この映画の恐ろしさを表してますね。法律スレスレの手段で主人公を追い詰めていくサイコパス。

リメイク版では弁護士の方もかなりの曲者(悪者)でしたが、オリジナルの方は弁護士役がアラバマ物語のグレゴリーペックということもあり、純度100%の聖人。リメイク版よりも正義vs悪という単純な構図が際立ってました。

オリジナル版は、異常犯に追い詰められる家族を、あくまで家族の側から描いたスリラー映画。リメイク版は、狡猾なサイコパスの異常性を、サイコパスの立場から見せるサイコホラー映画といった感じ。どちらが優れているかというより、そもそも目線が違う。個人的な好みとしてはリメイク版のほうに軍配ですね。
efn

efnの感想・評価

3.3
 確かにミッチャムの演技は気持ち悪いが、攻防に入る前の罪状は脅迫と犬の毒殺で、娘の一件はパニックからの飛び出しで、彼のせいではない。攻防に入る前は加害と被害のバランスがとれてないし、脚本自体がなんだかなぁ、という印象。
 音もうるさい。感情のざわつきをすべてハーマンの音で表しているせいで、ストーキングより家族の騒々しさが際立っていている。怖ければコントラバスをひっかいて、ホルンやチューバを吹き鳴らせばいいというものではないだろうに。
復讐のデスストーカーマックス・ケイディー!
とにかくロバート・ミッチャムが神出鬼没でグレゴリー・ペック演じる弁護士に粘着ストーキングする話。しかし何かしてるわけではないから逮捕できないという厄介さも持ち合わせている。
ケイディは主人公と家族を殺すことでの復讐ではなく精神的に追い込みまくり恐怖を植え付けることでの後悔を狙っていたところが恐ろしい男だと思った。
ロバート・ミッチャムが体格が良く恐ろしく頭も切れるマックス・ケイディを演じていてバッドなイメージを活かした配役だった。
音楽が恐怖を掻き立てるのに一役買っていてこれぞ映画音楽という感じでだった。
>|