死霊魂の作品情報・感想・評価

『死霊魂』に投稿された感想・評価

mh

mhの感想・評価

-

1960年前後の中国の労働改造所(夾辺溝農場、夾辺溝収容所。および、明水と呼ばれた土地の開拓)の過酷な実態についての八時間超えドキュメンタリー。
1956年フルシチョフのスターリン批判からの流れで、…

>>続きを読む
棘

棘の感想・評価

4.5

8時間を超えるカンヌ国際映画祭史上最長ドキュメンタリー。
毛沢東の時代に百家争鳴キャンペーンにより右派とされ、再教育収容所へ送られた人々の話。
収容所の9割が飢餓で亡くなった凄惨な当時の状況を、生存…

>>続きを読む
440

440の感想・評価

4.6

300本目のレビューに到達しました。

昨年始めてから沢山のフォロワーさんの感想を読んで鑑賞した良き作品が沢山ありました。
今までは周りに映画の話を出来る人もおらず、粛々と観続けていた映画ファンでし…

>>続きを読む
mo

moの感想・評価

-


1950年代末、中国共産党が「自由な発言を歓迎する」と主導した運動"百家争鳴"に乗じて党を批判した人々が次々と収容所送りに。
そこに毛沢東の政策による世界的大飢饉が重なり、収容所では大量の餓死者が…

>>続きを読む
ちゃや

ちゃやの感想・評価

5.0

506分の映画。
興味本位で見に行った。
どうやら中国のドキュメンタリー映画らしい、それだけの予備知識。
たったそれだけしか知らない自分も優しく、手厚く受け入れてくれた。

ただひたすらにインタビュ…

>>続きを読む
えつこ

えつこの感想・評価

4.8
9時間一気に映画館で観ることができた。
映画館で観たからこその感動だった。体感するものだった。

ナチスや731部隊にばかりスポットが当たりがちだが、これこそ歴史に語り継いでいかなければならない話。

「何も言わないということは心で反抗していることだ」と理不尽に投獄され、「無言歌」で描かれたよう…

>>続きを読む
decap

decapの感想・評価

4.3

長いカットや膨大な上映時間によって、単なる鑑賞を体験に変える3部構成が見事。隠蔽された信じがたい証言の数々や、荒野に散乱する人骨を写した情景のなか、珍しくワン・ビン監督自身が姿を見せること…

>>続きを読む
サ

サの感想・評価

5.0
495分。途中何度か寝落ちしたけど中国人のワン・ビンがこれを撮った凄さはよく分かった。もちろん中国政府はこの映画をよく思わないだろうし配給はフランスだけど。ワン・ビンが不審死を遂げないことを祈ります。

評価が難しい。観ることの意義と、映画としして引き込まれるかに違いのある作品だから。ことの残酷さや深刻さ以上に、意図されたであろう、夥しい数の人名が登場する点が、語られた内容に真実味を持たせている。一…

>>続きを読む
>|

あなたにおすすめの記事