トカレフの作品情報・感想・評価

トカレフ1994年製作の映画)

TOKAPEB

製作国:

上映時間:103分

ジャンル:

3.6

「トカレフ」に投稿された感想・評価

ILC

ILCの感想・評価

3.6
ありえないほど報われない。こんなにもめちゃくちゃにされる主人公って他にいる?
mtmg

mtmgの感想・評価

4.2
最初の家族で過ごしてるシーンから何かが起きそうな気がして嫌な不穏さが感じられるし、説明が無いまま進むような作り方で映画全体に狂気が漂ってる。
靄がかかったような画面も良かったし佐藤浩市の存在感が凄かった。あと主演の大和武士の演技が良い意味で俳優ぽくないなと思って観てたけど後で調べたら元プロボクサーだったみたいで何となく納得。
DON

DONの感想・評価

5.0
我々はただカウントされるだけの人間なのかということ。応援撮影に芦沢明子。
ドント

ドントの感想・評価

4.2
1994年。いやぁ……いいものを観た……。「トカレフ」はロシア産の(粗雑なコピー品も多い)拳銃のこと。どことなく鬱屈した生活を送る男と、平和な家庭を営む男。彼らの関わる悲劇とその復讐劇。
説明、というか背景をゴリゴリ削っているが、これ観たらそんなもんは要らんやろ?と言わんばかりの映像と演技の説得力に満ち満ちている。間違いなく日本でありながら決定的に日本ではないように見える、あるいは匂いの違う風景の切り取り方と色味。そこに潜んでいるのは何らかの感情ではなく、ただただ破滅への予感と虚無感である。
ファーストカットからしてフェティッシュでビリビリきてしまうし、暗く悲しくも湿り気のないドラマの前半、わざと間延びさせるような後半、急転直下の終盤とどこもかしこもウ、ウゥーンと唸っちゃうようなすごさしかない。ある意味乱暴で、まったく丁寧ではないので人を選ぶ作品だが、決して珍味ではない。いいものを観たなぁ。
自分の子どもを誘拐殺人され「トカレフ」という銃で復讐する話。
武正晴監督の「銃」公開の為のオールナイト上映イベントとして、25年ぶりに新宿テアトルに戻って上映された。阪本順次監督のトークでは25年前に公開された時はそれほど評判にならなかったと謙遜されていらしたが、観てみるとわかるが、私も含め、この映画につい引き込まれてしまう。
25年前の公開当時は邦画より洋画人気という事もあるでしょうし、同時期にアメリカに住んでいた私にはこんな邦画があった事を全く知らなかった。25年たって映画館で再上映されたものでも観れてラッキーだった。
SHINDY

SHINDYの感想・評価

-
ストーリーが凄い
悲しいけど
否定出来ない恐ろしさがある
ピピン

ピピンの感想・評価

2.8
熱烈なファンを持つ作品で、それは理解できるが個人的にはそれ程でもない。

究極の自己満足作品でこういう作品を作れた事自体が素晴らしいと思う。

しかし、惹かれ合う男同士の戦いでホモセクシャルなのは理解出来るが、嫁を描かない事で無理やり成立させているのが残念だ。
猫

猫の感想・評価

4.0
かなり面白い。結局、佐藤浩市が何なのかよく分からないのがとてもいい。上方からの俯瞰ロングが多いんだけど悉く効いている。
Tyga

Tygaの感想・評価

4.0
ハードボイルドな復讐劇。めっちゃカッコいい。

あらぬところに人生の転機というのがあって、死は不意に訪れる。
大和武士の声、佐藤浩市の沈黙。そして、交錯する視線。

死ぬほど警察が無能。
NOOO000ooo

NOOO000oooの感想・評価

4.0
とんでもない日本映画だ!予告程度のあらすじは、幼稚園バスの運転手をしている主人公は、自分が運転するバスから息子を誘拐され、犯人は身代金を奪ったあげく息子を殺害し遺棄する。。。という息子と妻を失った男の復讐を描くバイオレンス。
個人的には「太陽を盗んだ男」なんかも同様で過剰と思えるバンバン撃ち合うアクション映画は苦手で(好きな人にはそこが満点なのだと思うが)そこは穏便な話し合いでケリをつけてもらえれば満点と言えるほど冷たくクレイジー。だって「トカレフ」だもの。
>|