選挙の作品情報・感想・評価・動画配信

「選挙」に投稿された感想・評価

AKIRA

AKIRAの感想・評価

-
2005年、川崎市議会議員補欠選挙に出馬した山内和彦さんに密着したドキュメンタリー。
名前の連呼、体育会系な政党組織(自民党に限らないと思うが)、直に握手を求める。名前を覚えてもらうことと、自民党の看板を背負うための先輩方の機嫌取り、人の集まる運動会などへの顔出し。かなりマッチョな戦略だ。さすがバックに自民党がついてるだけある。
政治の中身より、どの政党に入れるかしか一般人には興味がないのが、出馬した視点側のカメラからでもビンビンに伝わってくる(過半数で可決しなければ法案は通らないのだから人より政党を優先させるのは当たり前だが)。
ま、妻を家内と言わなきゃだめだったり、愚痴を言われたりと、選挙における政治家は人間関係やしきたりが大変ですねー。
テロリ

テロリの感想・評価

4.5
とんでもなくヤバいドキュメンタリー。撮られたのは10年以上前とはいえ、よくこんなものが世に出たよなぁと思う。え、これネットで配信してていいの?大丈夫?みたいな。

内容はタイトルそのまんまですが、選挙のドキュメンタリーです。小泉政権下、自民党の落下傘候補が、川崎市議の補欠選挙に臨んだ数日間を描きます。

主人公の山内氏は元切手コイン商で、政治はズブズブの素人。「政策なんかいいからとにかく名前を連呼しろ」「電柱にも頭を下げろ」って話が出てきて、うわぁマジでドブ板選挙ってこんな感じなの…と釘付けでした。

候補者の妻が車内でブチ切れ愚痴るシーンは特に必見ですね。というか今なら議員辞職モノじゃねえの、っていうセクハラなセリフがバンバン飛び交ってます。

本作の特に良かったところは、岸田現政権で初入閣した、山際大志郎氏が頻繁に出てくるところ。若き日の山際氏が落下傘候補につきっきりなところが生々しく、作品全体の信憑性を増している気がしました。お見事。
純粋にみてみたくなり鑑賞。

最悪なセクハラの典型例がここにある。
子作りの話なんて、誰も聞きに来てねえよ。

「なぜ君は〜」とは違ってナレーションがない分、ストーリーテリングがないな、とは思ったが、「観察映画」を自称する通り、しっかりと定点的に彼の姿を追い続けている。

正直選挙のライバルたちはいまいちわからなかった。

名前を連呼するばかりで具体的な公約はないんじゃないかと思った。何が改革なんだか。

ビッグネームにペコペコして一緒に写真撮って、言葉遣いを正して、名前を売って、握手しまくって、そうすればイメージがなんか良くて当選する。

これでいいのかよー。と思ったが、これは立候補者というよりは有権者の責任なのか。

他にもモラハラもかなりあったなぁ。あと「先生方」のユーモアが全般的につまらなかった。
自己の意見もなく、先祖代々自民党ってのは怖すぎ。民主主義、というか、意見って血縁で継がれていって強くなるものなの?

自民党最強!!って感じは「はりぼて」でも「香川1区」でも感じたのと一緒。

まぁ今日はどうなってるかわかんないけどねー。
ユキ

ユキの感想・評価

-
Visual anthropology の授業で視聴

選挙の勝利には公約の中身や実現可能性を主張するより市民との接点を増やすことの方が遥かに重要みたい🥲
そのためには党内からの多大な社会的金銭的支援が必要不可欠で、候補者は四六時中、四方八方に頭を下げ続けるしかないし、それが当選への最短路なんだね😇
しかも本人にも議員当選後の展望など更々無く、勝利だけを空元気に夢見て、他人からの批判にも暖簾に腕押し状態。
絶対に政治家なりたくないって思った‼️
2005年川崎市議会議員補欠選挙の候補者を追ったドキュメンタリー。

監督は日本の選挙を俯瞰で見た様で、日本人から見たら慣れてしまって当たり前だけど、世界の人から見たらオカシナ点がボロッボロ露呈しています。

選挙の黒さ、権力の黒さも見え隠れしているこの作品、見事に現代日本を切り取っていると思います。

政治家の出発点がこの状態では、日本は駄目になるはずだわ。
自民党の落下傘候補を追ったドキュメンタリー。

選挙について考えさせられる。
oukayuka

oukayukaの感想・評価

4.1
日本の選挙の様子をそのまま映像化。『なぜ君は総理大臣になれないのか』を見たときの違和感が3倍くらいに濃縮されてる。
アイドルの人気投票を「選挙」と称するのは民主主義への冒涜じゃないかと思ってたけど、この国において選挙とはそんなもんだと実感させられた。
panc

pancの感想・評価

3.8
選挙素人の山さんが百戦錬磨の先輩達に揉まれながらどぶ板選挙に挑む姿をとらえた観察映画。面白いのは山さんのキャラクターで、よく言えば柔軟、悪く言えば軽薄で、偉い人に叱られながらも糠に釘というか、風に吹かれる柳のように周囲に波風を立てずに自民党が築いたどぶ板スタイルの選挙を乗りこなしている。

「香川一区」との対比で見てみるのも面白い。
ろく

ろくの感想・評価

3.8
もう主役の山内和彦の作り笑いがとれないのよ。いやこれが一番怖い。誰にもいつも笑っているけど目は笑ってないんだ。これはホラーですよ。

ドキュメンタリーなんだけど追っかけるのは自民党の落下傘候補。川崎市の市議会補欠選挙を追っていく。うん、候補の山内自身が「なんで立候補したのかよくわからない」のよ。それでも立候補しなければいけない。でもそこにあるのは「選挙で勝つ」ことだけ。市民のため?みんなのため?そんなことは全くないのよ。

また彼のサポートも川崎をよくしようなんてことよりもただ「選挙で勝つ」ことだけしか考えてない。うん、体育会的で、頭の下げ方、握手の仕方、演説の仕方。もうさ、こんなコントな選挙ばかりやっているんだもん。日本って……

それは候補の山内だってわかっている。映画の中でも語っているくらいだもん。でも歯車は回っている。彼に出来ることは大声で「頑張ります」「よろしくお願いします!」こればかり。これが日本の現実なんだろうな。

同じ選挙の映画として「なぜ君は総理大臣になれないか」や「香川一区」があるけれど、大きな違いは「日本をよくしよう」なんてことを欠片も考えてないってことなんだ。もう自分たちの団体=自民党を守るだけでしかないの。そのための選挙。うすら寒い。

「選挙だから妻と呼ばないで家内と呼びなさい」「奥さんが仕事なんかしちゃダメだ。仕事は辞めるように」周りの声はとんでもなくマチズム。ああ、自民党とマチズムは同根だと思うとなにかすっきりしたのよ。マチズムはある種の年齢を重ねた人にはリアルなものであるんだよ。そしてそこには人権思想なんかあるわけもないんだよ。

ちょっと怖い話。実はうちのおじきが町会議員選挙に立候補して落選したんだけど、なぜかなって聞いたときおじきが言った言葉がほんといや。

「敵の党は各家庭の前に車を止めて投票所まで送ったんだよ。あと出るとき握手して1000円渡していたんだ」それを聞いて目が点。でもその後言ったおじきの言葉が……「おれもやるべきだったなぁ。1000円だろ」田舎はこんなことが起きていたんです。いや都会だって起きていたんじゃないの。これで民主主義なんてちゃんちゃらおかしいんですよ。
PAR

PARの感想・評価

4.8
これがガチのリアルなので、何よりもエグい

石崎徹の超パワハラも、豊田真由子の「違うだろハゲ」も、ソンタック塚田の忖度発言も、全て納得できてしまう環境のエグさ

めちゃくちゃにエグい!!
>|

あなたにおすすめの記事