選挙の作品情報・感想・評価

選挙2006年製作の映画)

CAMPAIGN

製作国:

上映時間:120分

3.6

「選挙」に投稿された感想・評価

もへあ

もへあの感想・評価

3.0
なんてアホらしい村社会。候補者目線で選挙の様子を垣間見ることができる、貴重な作品。
なかなか見応えある映画だった。政治家も人間なんだなあ、と。ポンコツな人でもあるが憎めなくもある。ありのままというわけでたどたどしい会話なんかもダイレクトに見せられて辛い。選挙の馬鹿馬鹿しさと村社会的な性質、ファックでしかない。この先、路上演説や選挙活動を見るたびにこの哀愁と不合理を思い出すだろう。助手席開けたまま駐車するシーン好き。
けんし

けんしの感想・評価

3.9
想田監督の観察映画。
とある市議会議員の選挙活動を観察する。
やはり面白い。
ちょっとした零れ落ちる言葉や、佇まいが雄弁であることに気付かされる。
なんか選挙活動をドキュメンタリータッチで、鋭く観察しながら撮影している。
選挙の事はよくわからないけど、主人公である山内さんが、初めての立候補という事で、先輩達のお小言やら、顔を売るためおじいちゃん、おばあちゃんと一緒にラジオ体操したりこっけいさが笑えるのだけど、だんだん見るにつれ選挙活動はなんか日本の一種の儀式みたいに思えてきた。選挙発表の日、当選して多くの支援者を待たせて自宅にに帰っている山内氏をひにくめいた言葉が乱発。
やっと到着した山内ちゃん。シャワーを浴びてきたようなさっぱりしていた顔は
ニヤリとしてしまいました。
選挙2も楽しみです。
kadoma24

kadoma24の感想・評価

4.0
想田監督の話を聞いてると、元気になるタイプの人で
素敵だなあ、と思いました。知性的な元気な素敵な人ですね。
他の作品も見るぞ~。

「選挙」を見ていて、
自民党の公認だと
ボランティアさんがたくさんいるのですが、
その人達もボランティアすることで
パワーへのアクセスになるそうです。
見返りがあるそうです。

自民党のボランティアは地主や個人事業主が多いそうです。
(世の中はそうなってるんだなあ・・・)と思いました。
そして、「選挙」にかかわっている人達は年よりばかり・・・。
溜息がでそうな現実。。。

映画「選挙①」は組織はあるけど政策はなく、
映画「選挙②」は組織はないけど政策がある、
そうです。

「牡蠣工場」は近代、
「港町」は前近代、だそうです。

想田監督は自分の作品は200年後、資料的価値が上がると思ってるそうです。たしかに、です。

面白かったのは、奥さんが
「市議会議員位で仕事辞められるか。あの人達、お金持ちだから
分からないんだ。総理大臣位だったら辞めてやる。」て言ってたのが
ツボ。
ヤマちゃんは可愛い人だなーと思いました。アハハwww
かなり視点が好き


満員電車。


大人たちの体操。


山口さん 全身全霊。


街宣車。ウグイス嬢。


郵便。

電車でにやける若者。


日本の選挙は怖い。
gu

guの感想・評価

4.2
ドキュメンタリーとしての観察がそのままブラックコメディになってしまっていることの恐ろしさ。ナレーションも加工もない、「素材そのまま」と言えそうな映像にもかかわらず、語り手の意地悪な目線を強烈に感じさせるところが面白い。
K子

K子の感想・評価

3.8
映像も見慣れた日本の風景で、映画としては退屈であったけど日本の選挙システム、民主主義について考えることが出来た。社会派も社会派、社会への問題提起的な映画として完成度が高かった。

地方選が国政の代理選挙化、引いては形骸化していることについて考えることが出来たし、それの象徴的なこの候補者に着眼したのは鋭い視点だと思った。
何気なく見始めると、次第に起こっている事の異様さに気づいて、空恐ろしい感覚に襲われる。

映画の中では説明は一切されない。
その土地に思い入れも何もない政治の素人が、あれよあれよと言う間に川崎市宮前区の市議会議員補欠選挙で当選を果たす様をカメラに収めているだけ。
それなのに、裏側に根深い政治システムと有権者の政治への興味度が浮き彫りにされていく展開はフィクション以上にスリリングだった。
一体何と戦っているのか。何に向けて叫んでいるのか。カメラが深部に向かえば向かうほど、政党の実態が露わになり、逆に政治家個人の顔が消え去っていくようで、山さん(山内和彦)の奮闘振りが滑稽に映る。しかし改めて一票を投じてしまう事の重みを思い知る。

ずっと見たかったドキュメンタリー。
日本映画チャンネルの特集に感謝。
堂ノ本

堂ノ本の感想・評価

3.5
ドブ板選挙のあるがままの姿を切り取った作品。こいつダメだなって顔と、仕方なく手伝う後援者、当確直前の焦燥感など、魅力的だった。

濱口竜介が言うところの「近さ」ってのは、それほど感じられなかった。むしろ想田和弘の存在は見せず、ただ記録するという印象。
>|