黒い画集 あるサラリーマンの証言の作品情報・感想・評価・動画配信

「黒い画集 あるサラリーマンの証言」に投稿された感想・評価

自らの不倫を隠すためについた嘘に追いつめられていく中年男性を描いた堀川弘通監督作品。「嘘ついたら針千本飲ます」を体現したような完全に自業自得の悲劇。ひとつの証言からここまでストーリーを膨らませられるとは驚き。映画を利用したアリバイ証明のシーンが面白い。
松本清張の小説は好きで今まで50冊以上読んできたが本作の原作である『証言』が収録された短編集『黒の画集』も学生の頃に読んでいる。彼の小説もそうだが映画も当たり外れが激しく、また傑作、駄作がはっきりとしているように思う。
果たしてこちらは松本清張原作の映画化作品としては傑作の部類に入ると言えよう。

ある会社の課長が会社の同僚を愛人として囲っており、その彼女との密会後の帰途に近所に住む保険の外交員にばったり会い、頭を下げたことにより、証人となり事件に巻き込まれていくというもの。
不倫が露見して会社をクビになり、妻とも別れる羽目になることを恐れる主人公の課長に小林桂樹。これがまたリアルで良かった。平凡な家庭と定年まで勤めれば部長になれるかもしれないというのにやってしまう愚かさ。お金持ちでもルックスが良い訳でもないのに秘密を持ち合わせている。
やはり今も昔も不倫はやがて破局が来て誰も得をしない。
小林桂樹と刑事役の西村晃の対峙。追い詰められた男の惨めさ。
最後の男のつぶやきが切ない。
このポンコツ課長に対する同情の念は毛頭ないし、杉山さんの方の真犯人はどこいったんでしょうか。
脚本は橋本忍で期待が持てたが、いまひとつ演出に冴えがなく面白みにかける作品だった。そんなに悪くもない平々凡々な男がひょんな事から、嘘をつき破滅する話。破滅するのも平凡なのも紙一重といった映画だった。

このレビューはネタバレを含みます

https://umemomoliwu.com/kuroi-gashu-aru-sarariman-no-shogen
h

hの感想・評価

4.5
コロナ禍で『コンテイジョン』がバズったのと同様に、
不倫問題が世間を賑わす今こそ、バズるべき映画。
傑作!
うまくやっていたはずの人生がひとつのきっかけで揺らぎ絡めとられていく流れが秀逸。
人がどれだけ胡散臭くて残酷で滑稽かをきちんと映画の文法で語っていて好感度高し。
小林桂樹が取調室で映画の粗筋を語るところ『青の稲妻』のラストっぽくてウオオーッってなった。ここで終幕ありやなって観ながら思ってたけど、いやいやラストの余韻の深いロングショットの方が素晴らしかったわ。参りました。
絵に描いたような因果応報。自分のアリバイを立証するため、観た映画のあらすじを必死に刑事に語る小林桂樹がキモくていい。@Amazon
社内不倫の発覚を恐れ、愛人宅からの帰り道たまたま通り掛かって挨拶した自宅近所の保険外交員が殺人事件の容疑者となったが、自らの保身を考え会わなかったと偽証する大会社管財課長。
愛人とのトラブルが巡り巡って自身に別の殺人容疑として刃が向かってくる。エゴイズムが災禍を拡大させる皮肉な顛末が恐怖を増幅させる如何にも松本清張らしい原作発想と付け足した橋本忍の脚本の勝利でした。彼が観た映画『夜ごとの美女』『お嬢さんお手やわらかに』は共に女性とのハーレムを堪能する話がこれまた皮肉。
墜ちる墜ちる、とんとん拍子で⁈転がり墜ちる中年男の真っ逆さま人生
二流企業の中間管理職サラリーマンだが、美人で奔放な部下を愛人として囲ってるくらいだから、なかなか甲斐性がある
ある晩、彼女の元を訪れた帰り道で、偶然自宅近くに住む保険屋の男とすれ違う
ところが翌日、その保険屋の男は殺人容疑で逮捕される
保険屋の男は殺害時刻の頃に現場から遠く離れた別の場所で彼とすれ違った、よって犯行は無理だったと主張するが、愛人の存在を隠匿する為、サラリーマンはすれ違った事実はないと偽証
途中で一旦証言を翻すが、その途端マスコミに実名で報道され、会社からはクビを宣告される
60年前、プライバシーなど無かったんですね
追い詰められたサラリーマンは再度証言を翻し、結果保険屋は有罪に
60年前、こんな証言ひとつで有罪か無罪か決められていたんですね
平穏を取り戻したかに見えたサラリーマンですが、一度坂道を転がり始めると止める事は出来ない
後半には偽証により冤罪を引き起こした男が、今度は冤罪を被りそうになる皮肉な展開が待っている
60年前、もしかして冤罪だらけだったんとちゃう?
そんな観点からも今観ると怖いお話
転落リーマンを演じた小林桂樹は40代の割に老けてるけど、当時はこんなモンだったかと
奔放な愛人役原知佐子はメチャかわいい
(あの実相寺昭雄夫人、今年84歳で亡くなられたそうです、ご冥福をお祈りします)
オープニングのタイプによるタイトルバックは斬新
嫌な話ですが、引き込まれる様な魅力を持つ毒薬です