生きてゐる孫六の作品情報・感想・評価

「生きてゐる孫六」に投稿された感想・評価

370年前、徳川軍と武田軍が戦った古戦場三方原
この地の名家小名木の家では男は代々短命とされ、所有するかつての戦場の土地は足を踏み入れるのも憚られると今はススキ野原状態
だが今は戦時、村のためお国のためそのススキ野原を遊ばせては置けない!開墾するべきとの青年団の申し出も小名木家の女将吉川満子は祟りを恐れ退ける
さらには小名木家の家長である青年原保美は病弱、先の短い将来を悲観していた、、、

公開が1943年の11月18日とかなんでまさに戦争真っ只中、なんですがまだそんなに苦境なころでもないのかな
後年の「陸軍」でもそんなに軍事色強くないけど、その一年前のこの作品はさらにのんびり感がする
ですがストーリー、オチは結局軍国主義な国策映画に近い
軍国主義による個人よりもお国のためを優先する考え、その考えが人々を救い万事うまくいったみたいなストーリー

グレた青年原保美は改心して立派な家長になり、その家族たちも古い因習から解放される
軍医の先生は念願の孫六を手に入れさらにはお嫁さんも貰えたし
バスの運転手の青年は結婚を許されて、双方の家族も良かった良かっただし
懸念された原っぱの開墾も許されて村は豊かになったとか

良い事づくめ!なんだけど、、、美談にしてるよねー?当時としては大正義!なんだろうけど現在から見るとちょっと待って、そんなにうまくいかないだろと

軍人さんはみんな死を覚悟してお国のために身を捧げるのだから、たとえ病気で先が短ろうとその一生を意義のあるもの、お国のためになるものにするべきとの説教にグレた青年原保美が改心するのはまあいいとして
370年足を踏み入れるのも憚られた土地を開墾するのはどうなの?関係なくない?そんなにこの辺りは土地不足なのかな
軍医さんと妹がいきなり結婚とかも驚き!考えもしなかったwそんなフラグもなかったのに、、、わからないもんです
タイトルにある「孫六」にしてもそんな簡単に手放していいものじゃないでしょーよ

めでたしめでたしだけど、やっぱり強引
お国のためにならそれも全て納得な世情だったのかなー

冒頭では徳川軍と武田軍の戦いのシーンが挿入されてます
上原謙って現代劇のイメージしかないので鎧をつけて刀を持つ侍姿がなんか新鮮だった

あとはこの映画を見て初めて「三方原の戦い」なるものを知った
三方原はみかたがはらと読んで、現在の静岡にある土地らしい
この戦い自体は徳川軍は負けてるんだけど、舞台となる土地は家康公よりご先祖様が授かった土地であるとか
なかなか勉強になりました
milagros

milagrosの感想・評価

4.0
よくこんなめちゃくちゃな要素で群像劇できるよなって感心する。とってつけたようなプロパガンダ臭は笑える。
世代間での意見の相違、家族のしがらみ、神経衰弱に病む若者と家族からの呪縛などわりと現代的な要素が垣間見えるのには驚いた。
ところどころプラパガンダ的なテーマが垣間見えるのも時代ゆえ、決してマイナスにはならない。
冒頭の殺陣シーンは何度やられても死なない的なドリフを思い出して少し吹いた。
T

Tの感想・評価

3.1
いくら導入のみのシーンとは言え、まともにアクションを監督してくれないと萎える・・・。余りにも殺陣がおざなり過ぎる。国の為に死んだ先祖を敬え系のプロパガンダに近い。「孫六」という数少ない名刀を探し歩く青年と、それを取り巻く人間関係。迷信や家宝、祖先に家名など、古き重荷にのしかかられる人々の生きざま。病気の息子が、時代を正直に象徴していると思った。「どんなに正しいことを言っていても暴力はいかん!」という出征間際の兵士、どんなボケだよ。
独り言

独り言の感想・評価

1.0

このレビューはネタバレを含みます

ユーモアもあるし大円団もあるけれど、破滅の舗装への大円団。其処此処に散りばめられた戦中当時の価値観は理解不能で気味が悪い。
今見ると最早ディストピアもののSF映画に見える。

国策映画は歴史的学問的には価値があっても、普遍的な映画としての価値は全く無い事がよくわかった。
Nally

Nallyの感想・評価

2.3
木下恵介の第二作目。
んーこれは駄作。
ストレートな戦意高揚を避けたからこうなったのか話がよくわからないし細川俊夫は完全にミスキャスト。初期木下特有の終盤にかけての爆発的な盛り上がりもない。
終戦よりも前に作られた映画。
70年以上昔の作品なので表現方法の限界値は御察しの通り。

物語の随所にプロパガンダが感じられた。

音声が少し聞き取りにくい部分はご愛嬌と言う事で。