陸軍の作品情報・感想・評価・動画配信

「陸軍」に投稿された感想・評価

もた

もたの感想・評価

-
国立映画アーカイブの展示にこの作品の企画書か何かがあってすごく感動した。

このレビューはネタバレを含みます

終戦を翌年に控え軍国主義の真っ只中にある1944年制作、名匠木下恵介がプロパガンダを装いつつ揺るぎない反戦意志を取り入れた伝説の作品。

作品の舞台となるのは幕末攘夷戦争から日清・露戦争を経て満洲・上海事件に至る近代日本60年。基本的にはゴリゴリ軍国主義一族三世代の視点から各時代の日本を勇ましく描いているが、笠智衆演じる父親の滑稽さや田中絹代が飾るラストは無益な死やその美化を明らかに批判している。
これを見た陸軍省は当然大激怒。以降終戦まで彼に国威発揚映画製作を依頼することはなかったそうだ。

テーマや背景、その意義は別としてカメラワークの躍動感というか浮遊感というか、画面内における空間の奥行きや突発的な演出のバランスが凄い。
息子の喪失に耐えきれずうつろな目で軍人勅諭を呟き続ける田中絹代のシーンは完全に周囲の時が止まっている。観ているこちら側まで思考が止まっているような恐ろしい体験だった。
確かに後半は反戦的かも。。

戦争映画ってどうしても悲しくなりませんか?
先入観ですかね。
木下惠介が手掛けた戦意高揚映画。ストーリーも三国干渉など日本が「やられた」出来事を取り上げて「いつか見返すんだ」という流れである。また友助と櫻木が元寇で言い争いになる場面では、友助(日本は強い、神風が吹かなくても必ず勝っていたはず)は和服で櫻木(神風吹いてなかったら日本は負けてたかも)は洋服などの対立が見られる。そして、日本を見くびっていた櫻木は息子を戦地で失うという「罰」が下されるが、友助の息子は大勢の人から見守られる中での出兵という「名誉」的な描かれ方をしている。こう見せることで自然と「日本は凄い」みたいな精神を見る側に刷り込ませてるのは考察していて興味深かった。
とはいえ、よく語られるのは最後の母親のシーンだろう。「息子を戦地に送る気丈な母親」ではなく息子との別れに未練を感じるという、戦後の戦争映画に有りがちな描かれ方を戦争真っ只中にしていたというのは、ある意味当時からしても本質を突いていたのだろう。
戦争中の国策映画なのだけれど、そうなっていないところが素晴らしい。木下恵介監督の力量を感じずにはいられない。出征する息子を追う田中絹代の迫真の演技が痛々しい。
忠君愛国の時代。男子は天子(天皇)に捧げるものと教えられ、社会や家族も信じていた(あるいは信じたふりをせざるを得なかった)。

そんな窮屈な世の中でのプロパガンダ映画のはずだが、男たちの硬直した競争意識や単純な美意識はともあれ、母親の我が子に対する愛情が溢れるものだった。息子を戦地に送り出すラストのシーンはほんとうに胸が痛くなる。
efn

efnの感想・評価

3.9
 国家の論理で塗り固められた脚本を俳優演出が悠々と超えていく。いくら笠智衆演じるナショナリストが日清日露戦争を我が事のように思っても、神風の非合理性を信仰し、子を修身の教科書に土下座させようと、我が子を見送る田中絹代と、我が子を戦地に送り現地の武勇伝に涙を流す東野英治郎の前ではすべてが上滑りする。国家と言葉の関係と演技の力を思い出さ
笠智衆は若くても、御前様である。
昭和19年11月の陸軍省後援映画だけに、その後を知ってる未来人としてはなんとも複雑。

田中絹代さんがすてき。
刺さった。陸軍から依頼されプロパンガンダ映画になるはずだった戦時中の作品。
それを見事な流れで反戦映画に昇華している。木下恵介はこれで情報局に睨まれ、松竹に辞表を出したそう。
盲信的でガチガチの軍国主義である笠智衆と、その周囲の人柄をあぶり出す構成にすでに客観的な皮肉の視線を感じる。それは親子三代に渡って植え付けられ、田中絹代演じる母親もお国のために喜んで息子を戦争に送り出す。彼女メインの映画はまだあまり観ていないが名女優たる所以がよく分かった。立ち振る舞いや首の傾げ方など仕草が天才的で、「1つ、軍人は…」と唱える虚ろな顔の表現は本当に背筋が伸びた。
そしてあの逆走する彼女と並走する長回しのカメラ。遠景から捉えてフレームアウトするとこなどすごい。あの言葉にできない感情が凝縮されたラストは多分ずっと忘れられない。戦時中にこの映画を撮りきった監督を尊敬します。

‪日本家屋の情緒があふれてて、回り込むカメラワークが良すぎた。
ほとんどの戦争映画は戦後に撮られたものなので「この戦争は負ける」と知っている立場から撮られるのだが、この映画は(敗戦必至の1944年に撮られたとはいえ)そういう前提がなく、ロケ地や出演者も戦時中のまさにそのものなので、当時の空気感がそのまま収められているような感じがした。この映画は生得的な家族に対する愛と人工的な国家に対する愛のジレンマを扱っており、総力戦という当時の政治的要請を背景に、後者の愛が前者に勝る形で溶接されることが「建前」になっている(男の子は天子様からの授かりもの、立派な兵隊にして天子様にお返しするのが何より)。だがラスト、母親(田中絹代)が軍人勅諭を虚ろに呟いてから福岡市内を駆け抜け、パレード中の息子を見送るシークエンスでそれが本当に「建前」にすぎないことがあらわになる。人々の奔流に逆らってまで息子を探そうとする母親の愛が何よりも称揚されているのは明らかだと思う。このシーンで誇らしさと悲しさの混じった母親の表情と、その後自分を待ち受けるであろう地獄について知る由もない屈託のない息子の笑顔が本当に感動的で、涙なしには観れなかった。
>|