台風クラブの作品情報・感想・評価・動画配信

「台風クラブ」に投稿された感想・評価

言動、行動全て分からない
狂気的だけどそれがどこからきたものなのか分からなすぎて怖い
見た後、変な感覚になる
k16

k16の感想・評価

3.8
2022.89
日本版breakfast clubと言いたいところだけど、、、
tsychiba

tsychibaの感想・評価

5.0
とにかくギラギラしている
俺は先生のことだらしないなんて一度も思わなかったよ
ティム

ティムの感想・評価

3.3
話がどうとか、気になる点とか
そこを気にする映画ではない
大人になってから見返すと意味がわかる そんな映画でも無い
この[意味の分からなさ]が、この映画の見どころ。
鑑賞後は、他の映画とは違う、なかなか味わえないような感情になる。
ただいま台風接近中なので鑑賞。映画と嵐の音が混ざって気持ちよい〜。台風クラブの世界観に潜れた。
これは大学のころとかに見てたらめっちゃ刺さったかも。
三上みたいに頭でっかちだったし、
あのマジメさや柔軟性のなさにシンパシーを感じるし、
勝手に絶望して早まるのも憧れがあった。

各家庭の事情は詳しくは描かれないけれど、
少なくともエリやケンの家庭には問題があり、
三上は父親の精神論に失望してる。
ケンの「ただいま、おかえり」の反復や、
エリの母の布団での抱擁を求めるような仕草など、
姿の見えない親たちとの断絶は、
子どもたちだけで校舎に閉じ込められるというユートピア現出の必要要素であり、
三浦友和はその中間にいてチャンスがありながらも、
自ら「おまえも15年経てばこうなる」と言い放ち、
自分が完全に大人側の人間だと認めてしまう。

恋愛感情も親への怒りも、
ここにいたくない、従属したくない、
自分で未来を切り拓きたいけれど
どうしていいかわからないという思いが、
過剰な暴力と性的な解放と踊りとなって
巨大な力に包まれていくのだけど、
観ている我々は知ってしまっている。
台風は過ぎ去り、朝は来るのだと。

あーたしかにこうだったという懐かしさと、
とんでもない映画だなというドキドキが忘れ難い一本。
中学生って、セリフや物などの時代による差異はあれど
本質的には今も昔も変わんないんだなーって思った。

ストーリーを楽しむのではなく 
映像や演出などの雰囲気を楽しむ映画
性と衝動 台風の一夜

過去を切り取った映画な気がする。
 

このレビューはネタバレを含みます

キャラが良くて喋り方好き
すげー時代を感じる
急にサイコスリラーになって泣いた
レイプ未遂のあと普通に接してて笑う
みどりちゃんかわいい、
台風はみんなをあんなふうにしちゃうのか、!?!?おいっ!、
ヒロ

ヒロの感想・評価

3.0
ただいま
おかえり
おかえりなさい
ダンス
オカリナ
机の積み木
犬神家

台風が人をハイにする感じは少しわかる気がする。
抑圧の形が今と昔では違うから爆発の仕方も違うのかな
よくわからない部分が多いけど釘付けにされる映画だった
moran

moranの感想・評価

3.5
痺れるショットがいくつもあった。
それにしてもおかえりただいまのシーン、怖かった……………。
ふかい

ふかいの感想・評価

3.2
「セーラー服と機関銃」と同じタイプの、いかにも男性的な暴力的視点が前景化した嫌いなタイプの相米作品だった。オカリナ吹いてる二人組は唯一良い。
>|

あなたにおすすめの記事