異人たちとの夏の作品情報・感想・評価・動画配信

「異人たちとの夏」に投稿された感想・評価

Kazuchan

Kazuchanの感想・評価

4.1
以前から(誰だっけ?😁)人に薦められ、ようやく!鑑賞🎬

うるってなってしまった😭✨

世にも奇妙な…のような世界観
でも、映画🎞
ラストの今半のすき焼きシーンなんて、、絵がとても綺麗で…😭✨🎞✨

子供の頃につくられた映画🎞なんだなぁ〜
僕が辛うじて!古き良き猥雑とした浅草を、遺してくれている。。パチンコのネオン、浅草松竹?、、今でも遺るのは、寿司屋横丁の堅焼き煎餅や、浅草演芸ホール、、✨😊✨

風間杜夫さんって、変わらない。。
勿論、お爺ちゃんになった感は否めないけれどイメージが全く!変わらないっ
名優?かどうかはわからないし、同一イメージしかないんだけれど、なんか好き❣️

名取裕子さん…綺麗だったんだなぁ〜✨

片岡鶴太郎さんも秋吉久美子さんも、、皆さん凄い‼️良い雰囲気で、、はじめ、バブル期の…古臭さ満開で心配だったのだけど、、どんどん世界観に引き込まれて、、とても面白かったです😊

そして、
懐かしくて堪らなく良かった😊
(この時代を知らないし境遇も違うのに😁)
また、時々見るだろう🎞

大林宣彦監督って、やっぱり凄いんだなぁ〜✨🎬✨
なんか良い映画だったな。
妖女の時代と観た時期が近くて、鶴太郎さんと名取さんばっか観てる感じになるな...
zhenli13

zhenli13の感想・評価

3.8
薩谷和夫によるアパートの造形が好い。いつもの書き割り感・作り物感や物語全体を覆う人工的な西陽も余韻をもって結実する感動があるのはやはり脚本かな。でもホラーシーンはザ・大林宣彦だよ〜

名取裕子はものすごく色気があり花火越しの秋吉久美子も大変美しい。
全盛期の名取裕子、中学生くらいだった私は池上季実子と同様にあまり好きではなかった。しかし私はわかってなかったのだ。顎や肩腰周りの骨格の弱さとか最高である。もちろん『吉原炎上』最高である。
てぃだ

てぃだの感想・評価

3.3
プッチーニの曲が至る所で流れるのでプッチーニのあの曲聴くとこれからはすぐさまこの写真思い出しそう。名取裕子パワーすげぇw幾つになっても人は誰かの子供のままで、自分に自信なんてなくて、どこか親に褒めてもらったり叱ってもらいたいんだろうなぁという単純思考でこの写真を見てると名取裕子エピソードに取り残されること請負い。その辺りだけ妙に「house」風味。3人で花札する場面が楽しそうだったな(なぜみんな服を脱いでるのかは意味不明だったけど)
mikaho

mikahoの感想・評価

3.5
わりとホラーだよね。
こういうの好きです。
親の若い頃とか見てみたいし。
REIKAZUM

REIKAZUMの感想・評価

4.6
離婚したばかりの中年の脚本家が、まさに異人に会いまくる話。
確か原作では元妻がでてきたはず。
大きな役ではないけれど、元妻が存在していた方が両親と恋人という両極端な異人に、もう少し意味が出たように思えた。
映像は大林信彦監督らしいテイストでよいかも。
ただ最後の心霊撃退シーンにはちょっと笑ってしまった。
郷愁のある作品。山田太一先生はすごい。
ほのぼのした雰囲気もありノスタルジックでもあり、なおかつ幽霊が出たり、ホラーチックなシーンもあったり、
楽しめる。
久しぶりに見た。ストーリーはとてもいい。秋吉久美子も最高。みんないい演技なんだけど、最後の雷と風のシーンはもうちょっとなんとかならんのかな。今ならCGとかでもっといいのかな。でもいい映画だと思うけど。

このレビューはネタバレを含みます

死んだ両親たちと食べるご飯のシーン、そして別れのシーンは、凄く泣ける。鶴太郎、良い。
ラストのホラー展開は不要な気がしたよね。原作小説にもある展開だから、仕方ないと言えば仕方ないのか。思い切ってそこを改変しても良かったのでは。
この頃より全然あとに生まれたはずなのに何故か懐かしいと思うところたくさん。

両親と過ごすシーンはどこもセピアな色合いで綺麗、絵になる。
幽霊が出る映画といっても色んな幽霊いるんだなぁと思った。

私もあのお母さん自家製の甘くないアイスクリーム食べたい。
>|