異人たちとの夏の作品情報・感想・評価

「異人たちとの夏」に投稿された感想・評価

ソウゴ

ソウゴの感想・評価

3.5
家族に会いたくなる作品
邦画は全く見ないタイプですが、凄く引き込まれた。
カメラの動きとかは正直酷かった。
けど風間杜夫の演技が良かったり、“異人”たちという表現やそうした人々との、古臭いながらも温まる交流も良かった。
個人的に「流星ワゴン」を凄く思い出した。
kazu1961

kazu1961の感想・評価

3.8
「異人たちとの夏」
1988/9/15公開 日本作品 2018-178
再鑑賞

何故かいつもお盆の時期に鑑賞したくなる作品ですね(笑)真夏の情景、亡くなった両親との再会、テーマ的にやはりお盆ですよねー。
風間杜夫演じる主人公の描き方、世の中との折り合いを上手くつけられず、不器用に生きざるをえない人という人物造形は、まさに山田太一の真骨頂ですね。そして、音楽と浅草の街並みを見事に魅力的に映し出して、郷愁的な空気とノスタルジーを描き出した大林監督とのペアがたまりません!
チャキチャキな下町の男(父親)を演じてる片岡鶴太郎の存在感も素晴らしいです。
そして、ラスト近くの今半でのシーンは印象に残るシーンです。すき焼きの湯気越しに、子息子に対して生きてほしいという願いと、今まで感じることができなかった親から子への無償の愛を感じることのできる素晴らしいシーンです。
ラストは少し、オカルトっぽくなったのは個人的には残念ですが、それでも温かさの残る素晴らしい作品ですね。

原作は「ふぞろいの林檎たち」の脚本家として知られる、山田太一の同名小説。監督は「時をかける少女」や「ねらわれた学園」で知られる大林宣彦。壮年のシナリオライターが邂逅する、白昼夢のような奇妙な日々を描く。出演は風間杜夫、片岡鶴太郎、秋吉久美子、名取裕子、永島敏行など。
大林監督で一番に挙げたいのはこれかなぁ。牡丹灯籠とか極端に言えば浦島太郎なんかと同じで狐につままれる話、昔からみんな好きだよね。それにしても秋吉久美子がまぁエロい。
いみ

いみの感想・評価

3.3

このレビューはネタバレを含みます

両親だけでなく名取裕子も幽霊だった。
幽霊設定がいまいちぼんやり(料理屋に出かけて姿が見えるとか、でも、写真にはうつらないとか…)だったけどまぁ気にならない。
後半ホラーになるけど全然怖くなかった、ホラー苦手だけど平気でした。
大林監督の映画はファンタジーで観やすい。

ラスト
異人たち(幽霊)と会うにつれてげっそりしてしまう主人公が両親と名取裕子の幽霊とお別れして力強く生きることを選択。
実家のあった更地に助けてくれた永島さんと線香をあげて終わり
山

山の感想・評価

-
お盆の時期の不思議な愛と優しさの物語
大林節炸裂で悶え悶え、汗を拭ってもらいたい、こんな暑い日にぴったりの素敵な作品でした。
お盆にでも観てはいかがでしょうか。親に想いを馳せ、うるうるする事必至。
幼い頃に亡くなった両親と過ごす夏。昭和、下町、懐かしくあたたかい世界。鶴ちゃんにはランニングが似合うし、秋吉さんは…最高。

ところが後半は「えっ…なぜ…ホラー?」の展開。現世に引き戻されましたよ…
異人達と過ごしたある夏の物語。両親と過ごすエピソードが忘れ難い。
子供の頃見て強烈に覚えている映画。
この映画も夏になると見たくなる。

夏は自分にとって、思い出と向き合いながら色々と整理をする季節だ。

この映画もそんな映画だと思う。
何かと向き合い、それを整理をしなければならない時が必ずくる。

最後はいらなかったかなー。
すっごくノスタルジックで、ジャパニーズホラーにハマったきっかけの映画。
Abu

Abuの感想・評価

3.8
夏のお盆の時期のお話。
知ってました?東京のお盆は7月なんですよ。初めて聞かされた時ビックリしました!
前から観たかった映画です。
予想していた物とは大分違いました。
怖いんだか何だか分からないし、何をどう解釈したら良いのか分からない。
釈然としないけど魅惑的ホラー、そんな話でした。
切身

切身の感想・評価

3.5
鶴太郎〜〜!秋吉久美子〜〜!!
片岡鶴太郎がヨギーじゃないのちょっとウケる笑。
ヤバ、、みんな総じて若い。
そして、昭和懐かしい。電話、駅、家の内装…。

リメンバーミー的な。
お盆の時期、死んだはずの両親と再会し、また交流を重ねるようになる話。

パッと見、感動の親子モノの体裁をしているが、正直ものすごく怖い。しっかりホラーだ。両親は自分たちが死んでることに気づいてるのに、全く普通の生活を送ってるし、自分たちの死んだ歳を追い越した息子を、当たり前のように歓迎する。この些細な違和感は次第に薄ら寒さへと変わっていく。

それらと並行して、主人公がマンションで出会って仲良くなる女(名取裕子)も、一体どこから降ってわいたのかわからないようなヤツで、たまらなく不気味だし、もうワケがわからない。

クライマックスでは、信頼していた人の裏側を垣間見てゾクッとするような感覚に襲われる。「鶴の恩返し」や「雪女」にも似た切なさも。良いジャパニーズホラーは切ないんだ。「仄暗い水の底から」然り。

ということで片岡鶴太郎はヨガ芸人なんてやめろ。役者をやってくれよ。なに油を売ってんだ。
>|