コメディ・フランセーズ/演じられた愛の作品情報・感想・評価・動画配信

「コメディ・フランセーズ/演じられた愛」に投稿された感想・評価

タノ

タノの感想・評価

3.2
長かった。
演劇をする舞台場を演じる側と資金で悩む人たち側で分かれてて、維持をする事、演じる事の両方を行う事が如何に大変なのかを感じさせる。
みんなが同じ気持ちでいないと、公演が行えないからトップたちは大変なんだと。胃が痛くなるなー。
演劇は重い題材かと、思いきやコメディ要素もありなかなか興味深かった。
ただ、やっぱり長いよー。
Benito

Benitoの感想・評価

3.5
【 3時間43分の国立劇団観察日記 】

コメディといっても、フランス語のComédieは演劇を意味するもの。

パリにある国立劇団〈コメディ・フランセーズ〉を1994〜5年に舞台裏を密着取材したワイズマン得意の長尺ドキュメンタリー。まさに体験、観察する映画。

そして、時折映るパリの街角の風景。劇場の周囲。セーヌ河岸(雨や季節の影響で道路に水が溢れていたりしてたけど)などが印象的。

コメディ・フランセーズ(仏: Comédie-Française)とは :
・1680年に結成されたフランス国立劇団
・場所はルーブル美術館北側、パリ1区
・座席数約900席、以前は2,000席あった
・別名<テアトル・フランセ>、<モリエールの家>
・演目は古典含めて3,000以上、
 ヴォルテール、ボーマルシェ、ユーゴー等
・ヴュー・コロンビエという現代劇を
 上演する第2劇場がパリ6区にある  
・責任者、支配人も演劇監督兼役者。
 撮影時はジャン・ピエール・ミケル

このドキュメンタリーで印象的だった事 :
・演目の舞台稽古、議論が存分に見れる
・劇団の運営法を関係者が会議するところ
・劇団の年金制度について議論するところ
・大道具倉庫、小道具製作現場が見れる
・劇場のことをメゾン(家)と呼ぶところ
・観客席から結構笑い声も聞こえたりする
・舞台袖や楽屋の様子がリアルに見れる
・パリの風景が時折インサートされる
・100歳の元女優を祝う劇団関係者たち
・フランス国歌ラ・マルセイエーズが締め

ちなみに作品中にリハや本番で使われた演劇はラシーヌ「ラ・テバイット」、モリエール「ドン・ジュアン」、マリヴォー「二重の不実」、フェドー「アメリーを頼む」の4作品。


<コメディ・フランセーズのいま>
https://www.comedie-francaise.fr/

コメディ・フランセーズはwebサイトもあって、2022年はモリエール生誕400年イベントがあって「人間嫌い」「タルチュフ」「守銭奴」「病は気から」「ドン・ジュアン」など、上演される盛り上がり。
歴史と伝統の「コメディ・フランセーズ」に密着したドキュメンタリー。

とにかくひたすら被写体を映すことに徹しており(場面のの取捨選択はあるだろうが)撮り手の思想だとか色眼鏡だとかが一切省かれたような作風はドキュメンタリーとして観ていてとても興味深かった。

ただ、これ以降のワイズマンの同系列作に比べて会話、というかひたすら喋ってる場面が十数分続いたりすることが多すぎ?とも思えるので、ちょっとかったるくなってしまう。

ただし話の内容自体は面白い。
フレドリック・ワイズマン監督が、モリエールの時代から300年以上もの歴史と伝統を誇るフランスの国立劇団〈コメディ・フランセーズ〉の舞台裏に迫ったドキュメンタリー。
撮影期間は1994年12月から1995年2月までで、四つの演目の舞台稽古や劇団の円滑な運営方法をめぐる経営陣の会議の様子などが写し出される。
原題La Comedie-Fran aise ou L'amour Joue (1996)

~4つの芝居~
・マリヴォーの『二重の不実』演出 ジャン・ピエール・ミケル
・フェドー『アメリーを頼む』演出 ロジェ・プランション
・モリエール『ドン・ジュアン』演出 ジャック・ラサール、
・ラシーヌの『ラ・テバイッド』演出 ヤニス・ココス

上映時間が3時間43分と長いのが難点。
久しぶりのワイズマン
フランスの国立劇場コメディ・フランセーズのドキュメンタリー
演劇苦手やからアレやけどワイズマンが撮った他の後期の作品に似た感じ。
リハ、打合せ、資金繰り、客、スト、本番、その後(撮影期間は割と短かったけど)

MVPは一人4枚までなのに窓口でごねまくる市議会のおばさん
WOWOW.

フランスの国立劇場の舞台裏を追いかけた3時間半のドキュメンタリー映画。演劇には興味ないが、そこそこ見応えありました。伝統を守りながら経営も考えなくてはいけない苦労が伝わった。経営と管理の難しさがよく分かるドキュメンタリーでした。
予備知識がないととっつきにくい、ワイズマン安定の観察ドキュメンタリー。歴史ある国立劇団、パリ中心地に建つ劇場、郊外の舞台美術工房、堂々たる国の芸術文化を見せつけられて羨ましい限り。座員俳優や演出家、裏方スタッフも公務員なんだろうか。もちろん予算や賃金をめぐる会議、ストライキ交渉もある。年寄りに冷たすぎる!と怒りの陳述場面が印象的だったが、引退した座員のための養老ホームまであるのはさすがフランス…。
この中で上演される演目はモリエールの喜劇からギリシャ悲劇まで、本番舞台も稽古や準備の様子もたっぷりと。演技演出というより戯曲解釈や言葉の発声を大事にしているように見受けられた。たぶんこの一座に加入することが選ばれし名誉なんだろうけど、バレエのオペラ座に近いものがあるのかな。でも芸術創作面より団体組織としての存在意義が強かったので、ワイズマン作品としては『ナショナル・ギャラリー 英国の至宝』に近い印象。知られざる舞台裏は『パリ・オペラ座のすべて』の方が面白かった。
最後はやはりカーテンコール。ですよね。そしてラ・マルセイエーズに「国立」の意気が。
長いけど、ドラマが無いぶん説明を理解する必要が少ないので、割と気楽に眺めていると、最後の最後に100歳の誕生日を迎えた劇団の功労者が出てきて、その歴史=長い時間に感動し、続くラストシークエンスのカーテンコールの瞬間性との対比にやられる。ステージの照明というのを美しく写し、ちゃんと特別な感じがするのがいい。
あとワイズマンは会議や議論が好きね。
Jasminne

Jasminneの感想・評価

3.5
長い。舞台演劇の舞台裏は見たいと言っても見られないのだから監督様々。
メイクアップやカツラの技術もすごいけど、給与に悩まされたり職業とキャリアと芸術の現実を見せてくれて夢ばかりではできないとコロナ禍の今だからちょっと考えさせられた。

97
mie

mieの感想・評価

3.5
「赤字のほうが儲かる」が印象的。
パトロンいないと芸術ってやってられない。
衣装合わせのところおもしろ!
>|

あなたにおすすめの記事