新世紀、パリ・オペラ座の作品情報・感想・評価

新世紀、パリ・オペラ座2017年製作の映画)

L'Opéra/The Paris Opera

上映日:2017年12月09日

製作国:

上映時間:110分

3.7

あらすじ

ミルピエ退任を受けてのオレリー・デュポンの芸術監督就任、オペラ公演2日前の主要キャスト降板、フランスが誇るパリオペラ座の舞台裏は波乱に満ちていた。そんな中行われたオーディションに綺羅星のごとく現れたロシア人青年歌手ミハイル。規格外の音域と奇跡の声を放つ若き天才――。

「新世紀、パリ・オペラ座」に投稿された感想・評価

「オペラ座」って「ガルニエ宮」と「オペラ・バスティーユ」の2箇所を指すんですね、ということを今知った門外漢ですが、公演ではなく裏方事情だけなので、興味深く見れました。

余計な説明がないので、逆に知りたくなるパターン。

‪後半ダレるけど、すべてのクラシック好きと裏方好きは見とけ!口笛吹きながら帰ってきて、マンションのまえの雪はねサクッとする程度には気分良くなります。新人テノール歌手ミーシャのファン‬
Yumi

Yumiの感想・評価

3.5

このレビューはネタバレを含みます

あえて大きな事件を大きく扱わず、オペラ座で働く人々の日常にフォーカスしたドキュメンタリー。
子供たちのコンサートで号泣でした。
あの事件の裏側、みたいなものを期待する人には合わないかもしれないけど、オペラ座という場所で働く人の定点観測と考えれば、とても素敵な映画。
erigio73

erigio73の感想・評価

3.8
ドキュメンタリーは普段は苦手だが、この映画は臨場感や緊迫感があり飽きずに見ていられた。合唱団が隣の声が聞こえすぎて歌いにくいと文句を言い、隣の声が聞こえて歌えないと言うのは合唱芸術の否定だと返されるところ。マイスタージンガーの舞台進行係の裏方さんがステージの声に合わせてノリノリで歌うところ。それから新人のミーシャのドイツ語、英語、わずかなフランス語および彼の声と歌う時の演技。に特にワクワクした。
Kaaanaaa

Kaaanaaaの感想・評価

3.5
パリ・オペラ座の裏の裏の仕事を見たって感じ!けっこうマニアックなところまで映ってるんじゃないかな。
音楽は素晴らしいけど、ドキュメンタリーとしては今ひとつだった
ベト7の2楽章聴きたくなった
オペラ座の経営とオペラのリハーサル風景。オペラじゃなくバレエならもっとテンション上がるけど、楽しく鑑賞できました。
Audrey

Audreyの感想・評価

1.5
単なるオペラ座の紹介ビデオ
いらないエピソード多いし、誰か一人に焦点絞って欲しかった。
何にも分からなかった。
Chif

Chifの感想・評価

2.5
パリ・オペラ座、舞台裏のドキュメンタリー。淡々と記録映像風に描かれる中でも、一番印象的だったのはオペラ界の新星ミーシャ君。舞台上で華々しく歌うベテランの姿を、目を輝かせながら袖に齧りついて聞く素顔が何とも良かった。こうやってオペラ座は新しい才能に受け継がれていくんですねぇ。

ただ、個人的にはバレエ映画好きなので、自身ダンサーでもあった芸術監督のミルピエの葛藤や、デュポンがそれを受け継ぐところ、彼らの姿も描いて欲しかったなぁ。
Naoya

Naoyaの感想・評価

2.3
フランスが誇る芸術の殿堂パリ・オペラ座を題材にしたドキュメンタリー作。パリ・オペラ座公式プロデュース作品。題材なりの、高レベルのバレエダンサーやオペラ歌手のパフォーマンスだけでなく、裏方ともなる経営陣や衣装係、清掃係など、支える人たちが描かれた内容。素敵なパフォーマンスもありつつ、支える人たちのドラマもある、ドキュメンタリーらしい内容。華やかさだけではないことを改めて実感させられる。ドキュメンタリーらしく淡々と描かれた場面もあるので、面白みに欠ける内容もあるが、しっかりパリ・オペラ座の魅力もあるので、見応えもあります。
>|