BLUE ブルーの作品情報・感想・評価

『BLUE ブルー』に投稿された感想・評価

このレビューはネタバレを含みます

死を目前にした人の言葉は一生消えない傷跡になるように肌に食い込んでくる。どうしようもない絶望と、この行き場のない吐露を美しいと思ってしまう。青がこのような色だと初めて知った気がした。
i

iの感想・評価

-
圧倒的な不安
服が裏表反対だよ

デルフィニウム
最後の方のセリフが好きだった
何度も見たい 

少し前に見たけど咀嚼に時間がかかった

仕事がある日の朝、返却日が迫っていて、やっつけで見たのですが、どうせ見るのなら集中しようと思い、じっと見続けてたら、最後の方でピンク色の花びらが画面の左上から左下に向けてぱらぱらと散っていったのが見…

>>続きを読む
本当にずっと画面が真っ青だった。失明怖すぎるだろ。面白いかどうかは置いといて失明体験に最も近い75分だった。怖い。
ひ

ひの感想・評価

3.6

白状するけど、映画体験としては面白かった。それ以上は何もわからない。

でも視力を失う語り手の世界がブルーなのが興味深い。わたしが目をつぶって視界を閉ざしたところで、光は瞼を貫通してオレンジ色の世界…

>>続きを読む
“青”に支配されるしかない圧倒的不安感の中、耳を澄まし想像力が開放されていくなんとも心地よい感覚を知った。
こんなのあり?って戸惑いと感激のアンビバレントな映画体験は一生忘れないだろうなあ。
nnn

nnnの感想・評価

-
沈んでいく感覚、もしくは上がってる

一割も分からない、この映画も他者のこともだ
マサ

マサの感想・評価

3.5

75分間、青一色の映画。そこに監督やキャストのナレーション、現代音楽っぽいスコアが乗る。
冒頭「友人に『服、表裏さかさま』と指摘される」という言葉で、視力が不自由になりつつある監督の恐怖心がぐっと迫…

>>続きを読む
リン

リンの感想・評価

-
小説と映画のあいだのような良い体験、DVDを買ってよかった
相対性理論のblueの歌詞の元ネタはこの映画ですね
ヨーダ

ヨーダの感想・評価

4.0
生命は一瞬の閃光
デルフィニュームを君の墓に捧げる
ふざけた映画だと思ってたけどところどころ思うとこがあった、デレクジャーマンの中でも好きな作品だった
>|

あなたにおすすめの記事