ドラゴンボールZ 神と神の作品情報・感想・評価・動画配信

ドラゴンボールZ 神と神2013年製作の映画)

上映日:2013年03月30日

製作国:

上映時間:85分

3.0

「ドラゴンボールZ 神と神」に投稿された感想・評価

りすん

りすんの感想・評価

1.0
友達以上恋人未満の子にデートで誘われて観に行った思い出。
映画に誘われたからルンルンで行ったらコレで心底ガッカリ。
でも食わず嫌いかもしれない。
見たら意外と面白いかも!と思って気を取り直したけど

(爆発ドーン)
悟「(フラッ…)ふへへ、さっすが…アンタつえーな。」
敵「フン」
悟「おら、実力の3割使っちまったゼ」
敵「な…なにぃ〜!?!?まだ実力の3割だとぉ!?!?」
↑的なやりとり

アホくさーーー!!!ズコーーーーー!!
ってなった。

しかも帰りのエレベーターでチケット代請求された。
チケ代奢ってくれたんだと思ってポップコーン奢ったけどそうじゃなかったみたい。
しかも無駄にiMAXでちょっと割高。
電車止まるぐらいの悪天候の中行ったけど、家に着くなり向こうからメール来て身を案じる内容かと思いきや「やっぱりマイの声優変わってなかったよ!」
「やっぱり」って何や!
「マイの声変わった」なんてマイナーな話してたんか!?

後半の私的な思い出差し引いても、すごく型通りで何の意外性もない子供騙しな内容だったな、と思う。
面白いのはファンだけ。
ふと童心に返り予告を見て鑑賞。
界王様の声は聞いててとても落ち着く。

幾度と地球を救ってきた悟空達。
今作では破壊の神が地球に訪れる。
破壊神から地球を守るために、悟空達は限界を超える。

ドラゴンボール超は対象年齢がガクッと下がった気がしてならないが、無視できずに全部観ました。笑
コメディなシーンが多いが戦闘シーンは本当にスケールが違う。
ビジュアル神。
一番の見所はベジータかもしれない。笑
kotatu3

kotatu3の感想・評価

3.0
ベジータのキャラ崩壊シーンは、見るのがつらい笑。旧テレビシリーズを見た者として、このコミカル度が高いドラゴンボールは少し受け付けないかな笑。けど、ブルマがぶたれて、ベジータがキレるシーンはかっこよかった。
あらい

あらいの感想・評価

3.2
前半のコメディ感が強いのと意外と戦闘シーンが迫力なかったかなあ。
メタ壱

メタ壱の感想・評価

3.1
17年ぶりに公開された劇場版ドラゴンボールシリーズ第18作目!

魔人ブウ戦の割とすぐ後。
破壊神・ビルスが“超サイヤ人ゴッド”との戦いを求めて地球へやってくるお話。

今作の劇場版から原作者の鳥山明氏が脚本等に参加している為、これまでの劇場版シリーズと違い正史と呼べるものになっていて、ドラゴンボール超への布石のような要素が見てとれる。

コミカルな展開が多く、これまでの様な緊張感や絶望感はないものの、孫悟空という人物の性格がよく現れている。

今回のベジータの姿を、若い頃のベジータに見せたらどんな反応をするか試してみたい!
きっと元気玉より大きなダメージを受けるに違いない!
202005085
ベジータがプライドを捨てるシーンは笑える😁

フリーザが出てこないだけでも違った気分で楽しめました😅
パワーインフレに関しては仕方なしとして諦めてます💦
ドラゴンボール超途中で諦めてこっちに乗り換えて良かった。

2020年43本目
本作と復活のFで、アニメのドラゴンボールスーパーの途中までを網羅することができます。

DB特有の中だるみが全カットされ、テンポ良く進んでいることが特徴。見やすくてよかった。

アニメの内容を網羅しているとはいえ、気を溜めるシーン以外もちょこちょこカットされています。
uru

uruの感想・評価

3.0
久し振りにドラゴンボールの新作が観れたというだけで満足でした。
超サイヤ人ゴッドのネーミングはどうかと思いましたが…
OUMA

OUMAの感想・評価

5.0
苦労人ベジータ大活躍!!
ピラフ様とその一味もいる!!最高!!!!
初期DBファンもチートだいすち人間も大満足の一品!!!!!!!!!
愛してるぜドラゴンボール
>|

似ている作品