ドラゴンボールZ 神と神の作品情報・感想・評価

ドラゴンボールZ 神と神2013年製作の映画)

上映日:2013年03月30日

製作国:

上映時間:85分

3.0

「ドラゴンボールZ 神と神」に投稿された感想・評価

【あらすじ】
宇宙の運命を賭けた魔人ブウとの壮絶な戦いから数年後。全宇宙のバランスを保つ“破壊を司る神”ビルスが長い眠りから覚め、再び地球に危機が訪れる。さっそくフリーザを倒したサイヤ人の噂を聞きつけたビルスは、謎の男ウイスと共に界王星にいる悟空のもとへやって来る。界王の忠告を無視して戦いを挑む悟空だったが…。
【感想】
ドラゴンボールらしいパワーインフレ
宇宙が12個もあるとかオラワクワクすっぞ
ビルス様レギュラー化するとは笑
5000

5000の感想・評価

3.4

だいぶわちゃわちゃやってて
ドン引きするシーン多いけど
最後の盛り上がりとか見てて楽しいし
ビルスとウィスが可愛い
悪くないけど、実はこんな最強キャラがずっといたけど宇宙での戦いなんかどうでもいいよね的な全能キャラって正直興醒めよな
地上波にて。放送される事を知らなかったので、「これ、いつ公開されてたの?」という驚きがあった。ドラゴンボール、懐かしい。「Z」の続きで「GT」より前の世界なのですね。オムニバスというか、みんなが一話に集まっていて、そういう意味では面白いけど、ドラゴンボールのストーリーとしては物足りない。まぁ、足りてしまったら長い長い続きが必要になってしまうのだろうけど。
masaki7

masaki7の感想・評価

3.7
アニメ、超の発表の前にこの神と神が上映される事になって鳥山明脚本のドラゴンボールが返ってきてくれたのがまず嬉しかった。

劇場版ドラゴンボールは、この神と神から鳥山明脚本になっているので正史扱い。
昔の劇場版は脚本が原作者でないのでパラレルワールド扱い。

GTや旧劇場版では見られなかった、鳥山明を感じるギャク感が海王様の仕草や悟空のオス!から笑と一緒に感じた笑

ただゴッドはカッコ悪いと思ったが、後にブルーになって価値を付けられたのでよし。

ビルスやウィスも魅力があって違和感なく入り込めたのも良かったし、ラストの旧劇場版ではありえなかった、悟空が負けるというのも新鮮で良い。
くくれ

くくれの感想・評価

4.0
楽しいビンゴ。

ドラゴンボールを真面目に観たのは殆ど初めてではあるけれど、鳥山明節が強いって意味はこれだけでも何となく分かった気がする。

想像を絶する強敵の前に悟空が敗れ去ってしまうというのは映画ならではのストーリーで良かったと思うんだけど、その後のスーパーサイヤ人ゴッドになるまでのギャグパートが正直かなり人を選ぶだろうなとは思った。

特にあのチビ3人のくだりは正直グダったと言わざるを得ないけど、ベジータの楽しいビンゴが全部俺の中で持って行ってしまった。つーかコイツ昔のブロリーの時もゲストのブロリーにビビりまくってたし、映画だとそういうキャラなの?

縦横無尽に駆け抜けるバトルはまさしくドラゴンボール。ここだけでも1つ見所ではあると思う。そういえば昔マン・オブ・スティールを観た時にドラゴンボールみたいなバトルって言われてたのを思い出した。

皆でツッコミながら観るのが楽しい映画って感じかな?
広いんだから狭いんだからわからんところでの最強対決。
普通に楽しんだけど深みは無いかな。
ドラゴンボールの映画をリアルタイムでみれる日が来るとは、、感動!

ということで鑑賞。
ふつうに面白いが、危機感の欠如。
これに尽きる。
るい

るいの感想・評価

2.5
久しぶりにグレートサイヤマンが見れたのは嬉しかったけど、ビーデルさん怪我させるレベルでふざけるのはあかんでしょ…。
この映画以降悟飯がかませが加速してるのが悲しい…。
もう悟空の強さはインフレしすぎだな笑
ベジータのキャラ崩壊とビルス様とウィスの掛け合いは面白かった。
ものすごく鳥山明って感じだった(?)

界王様に頼られるベジータを見た時は「おおっ…!」と少し嬉しくなり、ビンゴするベジータを見た時は「公式は王子をどうしたいのや…」といたたまれなくなった。

それと、バランス的に仕方ないのかもしれないが、悟飯をヘタレにするのはやめてほしいとも思った。
>|