クリーン、シェーブンに投稿された感想・評価 - 5ページ目

「クリーン、シェーブン」に投稿された感想・評価

考え中

考え中の感想・評価

3.6
頭の中は混乱の極みで傍目にも不審すぎ。路上駐車や図書館でこんな人物がいたらそりゃ通報されるだろう。
それと同時に、この病を患うことの不幸を思った。この人だって望んで病んだわけじゃなく、苦しかったろうな。
寂れた家並みに狭苦しいダイニングに母親の想いが悲しくなる。
同系の「アングスト」を観たときはただキモくてこうは思わなかった。
マグロ

マグロの感想・評価

3.9
いわゆる「信頼できない語り部」的手法を用いた統合失調症映画。

自分の頭に受信機が埋め込まれていると信じている男が主人公。
統合失調症なので挙動不審だし支離滅裂。
それでも自分の娘に会いに行く。

一方街では幼女殺人事件が起きていて、主人公の車にはちょうどいいサイズの新聞紙で包まれた謎の塊が。
犯人は誰なのか、娘には会えるのかそもそもこいつの言動はどこまで正しいのか。ぐちゃぐちゃになって楽しい。

母親との不和や牛乳のシーンの気持ち悪さと言ったらない。謎にアートな雰囲気で最高。
mellow

mellowの感想・評価

3.5
統合失調症の混乱だったり不安定さがモロに出てるので、キツい上に不快感がハンパない。
ストーリーを考察するとこっちまで混乱してきた。余韻がすごいわ。
curvedair

curvedairの感想・評価

3.4
良い作品ではあったけども、話がツラい。。観るのがツラい。。何とも言えん気持ちになり、元気な時に観ても多分しんどくなる。サンドイッチ作るシーンは絶妙な不快感があったな。。
adeam

adeamの感想・評価

2.5
施設を出たばかりの精神を病んだ男の娘を探す旅と少女誘拐殺人事件の捜査が交錯する心理スリラー。
受信機のように外界からの刺激を過敏に受け取ってしまい、混迷を極めていく精神の表現が秀逸で、音や言葉、人の仕草や目線といった要素が実在の有無を問わずに襲いかかってくる様は恐ろしかったです。
事件の真相を終盤まで明かさないことで、男の危うい心理への観客の不安感を煽ることに成功しており、それゆえに結末のやるせなさも際立っています。
ただ物語に二つの軸を作ったことで、病んだ心を追体験しきれるほどの没入感は得られず、一方で狙ったはずのサスペンス的な盛り上がりは終盤になっても今ひとつなのが残念で、いっそ主人公の視点だけに絞って見せてほしかったと感じてしまいました。
うるさい
これが毎日…うーん、地獄

I am Samのバッドエンド版みたい
HiroshiOku

HiroshiOkuの感想・評価

3.8
気の滅入る映像。劇中に全く笑顔がありません。
統合失調症の主人公目線で描かれていますが、その不安定な精神を独特なカメラワークやノイズを効果的に使用したサウンドで助長します。主人公の息遣い、足音、虫の音等々。
この悲劇的で息苦しい作品、好き嫌いを激しく分ける映画です。
けん

けんの感想・評価

3.8
統合失調症の主人公は、里親に出した娘を探してる内に、ある殺人容疑にかけられてしまうが….

効果音やカット割が良いので没入感が凄い✌️映画館で観たら頭が変になっちゃいそうです笑
爪を剥がすシーンはリアルすぎて思わず感心してしまうグロさ🥴笑
一体誰が悪い人なのか…もし自分がこんな病気になってしまったら…と色々考えさせられました😂

主人公役のピーターグリーンさん見た事あるなと思ったらパルプフィクションの変態警官でした👮‍♀️!
filmout

filmoutの感想・評価

4.2
『アングスト』にも見られたようなサイコサスペンスの構図の美しさはなんなんだろうな。
均整が取れる、もしくは均衡が崩れるという部分に何かひんやりとした構図の妙を見ることが出来、映像のより冷徹な属性を見出すことができる。
K

Kの感想・評価

3.5

面白かったと言っていいのか分からないけど
面白かった

自分は統失になった人は
どっかで人間じゃなくなったって
思ってたんやなぁって気づいた
人間だった。

あなたにおすすめの記事