レインボウの作品情報・感想・評価

『レインボウ』に投稿された感想・評価

このレビューはネタバレを含みます

1989年イングランド。

原作はD. H. ロレンスの1915年の同名小説。

ヴィクトリア朝の影響がまだ色濃く残るイングランドが舞台。アーシュラという女性の性の解放や、職を持ち実家から出て精神的…

>>続きを読む

幼きころ虹を見ては走り出すような、いたって平凡な女の子がおとなになり個人の尊厳を求め積極的に行動していく。性別にかかわらず自由に恋愛し、女性だからと満足に働かせてもらえない環境に憤り、結婚で自らの可…

>>続きを読む
西東京

西東京の感想・評価

4.0

現代的で自由奔放な女性をケン・ラッセルが描くとモラルから数歩分はみ出してしまう。性と宗教と家族と戦争、それを包括する時代が彼女を悩ませつつ、虹を掴みに家を飛び出すロマンチシズム。変だしズレてるけど魅…

>>続きを読む

私はD.H.ローレンスの本は読んだ事がないのですが、
この映画も原作通りなのでしょうか?

主人公のアーシュラは、当時の女性にしては、かなり天真爛漫、自由奔放です。
最近の女性の考え方と比べても大差…

>>続きを読む

掘出し物!と叫びたくなる変映画。しかしテーマは深い。「国がなくなっても私は私だ!」裸多めでもブレる事なく個人の自立自由を訴える。女性蔑視が極まってた時代に唯我独尊爆走暴走。主人公の赤毛のアン的な魅力…

>>続きを読む
imano

imanoの感想・評価

3.8

虹を掴みたい

ビクトリア朝時代の閉鎖的な田舎の家に生まれながら、自立を求めて生きる少女の成長をケン・ラッセル監督が描いた作品

監督の他作品の様な強いインパクトは無く、穏やかでドリーミーな映像が心…

>>続きを読む
ヴィクトリア時代の舞台設定とドリーミーな映像がとても心地よい。
学校でのシーンが好き。
ミリ

ミリの感想・評価

-

時間経過の描写が雑過ぎて草。
ヴィクトリア朝時代の進んだキャラクターたちがよかったけど、徹底して’虹’をつかむような話。
流石ケンラッセル、真面目にやっても絶対妙なことになってる。妙すぎて夢にも出た…

>>続きを読む
すず

すずの感想・評価

3.0


幼い頃に、アーシュラは虹に向かって走っていた。彼女は空に掛かる虹をつかめると信じていた。

古い固定観念を否定するような(原作の時代背景を鑑みるとかなり前進的な)、自立した、自由奔放な女性像が瑞々…

>>続きを読む
犬

犬の感想・評価

3.3
天使

ビクトリア時代を舞台に、自由な魂を求めて成長してゆく奔放な女性の姿を描く

冒頭から虹

世界観
完成度は悪くなかったです

家族
結婚について

官能
思春期の揺れる心

時代を感じる
雰囲気ありました
>|

あなたにおすすめの記事