太陽に灼かれての作品情報・感想・評価

『太陽に灼かれて』に投稿された感想・評価

Yuki

Yukiの感想・評価

4.0

レンタルビデオ屋さんでジャケ買いみたいに借りたら良かった作品。誰にでも当たるのかはわからないけれど、社会に翻弄される人間のの葛藤と、映像の綺麗さに目を奪われる。所々皮肉な感じが散りばめられててそれが…

>>続きを読む
Shaw

Shawの感想・評価

3.9

まあダルいペーシングで、物事がはっきりするまでが少し集中しづらいけど良かった。勝手に重厚でスローでメランコリックな作風を想像してたら実はめちゃクストリッツァを彷彿とさせるスタイルだった。終わり方が良…

>>続きを読む
わたし

わたしの感想・評価

4.3

最初がコメディっぽく
始まったからぼーっと
観てたけど最後らへん😞
時代の荒波に飲まれるって
こういうこと
自分が何者か見失うという
よりは何者であるか決めないと
生きていけないという世の中
ナージ…

>>続きを読む
yomogi318

yomogi318の感想・評価

3.8
良かった。のどかで活き活きとした人々の営みの中に忍び寄る不穏な影の恐ろしさ。恋愛ドラマの形に落とし込んた見易い反戦映画になっていると思う。
スターリン主義共産党の陰湿さ、残虐さの描き方が弱い。個人の資質によるところが大きいと誤解するおそれがある。

ミハルコフは、地獄への道は善意で敷きつめられているという格言をかみしめるべきだった。

あの時代は、誰しもが偶像崇拝という病的な太陽に灼かれていたということなんだろうけど、プーチンに強く肩入れをするニキータ・ミハルコフが撮っても説得力がまるでないというか、なんなら現在進行形で新しい病的…

>>続きを読む
vodka

vodkaの感想・評価

4.0
怪しく登場したおじさんはやはり怪しかった。太陽?のCGっぽいのは余計。
あらすじを頭に入れてから観た方が良かったやつ 前半驚くほど何もない ナージャに自身をモデルにしたストーリーを語りかけた時のあのウィスパーボイス、マジで睡眠導入剤
Omizu

Omizuの感想・評価

3.1

【第67回アカデミー賞 外国語映画賞受賞】
『黒い瞳』ニキータ・ミハルコフ監督作品。カンヌ映画祭で審査員グランプリを受賞、アカデミー賞ではロシア代表として出品され外国語映画賞を受賞した。

初ミハル…

>>続きを読む
hoka

hokaの感想・評価

3.1

ナージャ可愛い。
こりゃ監督41歳の時の子だから、可愛くてしょうがなかったでしょう?

‘94の映画なのに、わざとかも知れないが映画の風合いは’60年代を思わせる。

自分を故郷から追い出し、恋人を…

>>続きを読む

あなたにおすすめの記事