草原の実験の作品情報・感想・評価

「草原の実験」に投稿された感想・評価

nknskoki

nknskokiの感想・評価

4.5
なんという尻上がり映画!
映像の美しさに見とれて最初ストーリーが全く頭に入ってこなかったけど、途中から自分の中で評価がグングンうなぎ上りに

ここはドラゴンボールの世界かよ
圧倒的な映像美でネイチャーチャンネルやアースチャンネルみたいに作業しながらチラチラ流し見したい
これがほんとの作業用BGM(ovie)
なんちゃって☆🤪(ベロを出すな)

壮大で清澄で美麗な世界観なのに、なぜかとても不安になってくる
昔足尾銅山に行った時これと同じような感覚に陥ったな

人間の目はこの映画にも出てくる馬やラクダのように横についていないのでこういう動物と比べると左右の視野角が狭い

この映画のアスペクト比は異常に横長なので僕たちの目が普段見てる視野域からするととても新鮮
だからこそ一層映像が美しいと感じたかもしれないし、そして何よりこのアスペクト比を活かした構図が本当に素晴らしい🌅

主人公の女の子が美しすぎる
根が秋元康なのでこの女の子をセンターにしたアイドルグループ作るわ
曲名はこの映画をモジって「草原の奇跡」とかどう?(AKBヲタクにしか伝わらない俺の2019年渾身の小ボケ)
シナチQ

シナチQの感想・評価

5.0
必要最小限の台詞くらいならあってもいいんではと思いながら観てたが、この最後なら無くて良かったのかな…干してある彼のシャツの袖が、風で少女のワンピースを抱きしめる風になる場面が堪らんよ。
buyotoko

buyotokoの感想・評価

5.0
ゆっくり流れていく時間の経過を
台詞を全てなくすこと、絵画的・写真的な構図、役者のひとつひとつの動作が繊細なことで表現されている。
最後への持っていき方は衝撃的で、でも最初の「日常」みたいなものをちゃんと捉えているからこそ、成り立っているような気がする。
銀幕短評 (#188)

「草原の実験」
2014年、ロシア。 1時間 36分。

総合評価 96点。

ハイ、来ました 待ってましたー。

原題は “試み”。
ロシアの映画を観るのは初めてかもしれない。しかし、辺境の草原地帯の物語りなので、登場するのはモンゴル人、あるいは北方ロシア人との混血のように見える。

要らないものを、すべて削ぎ落としている。そのぶんカメラがとことんものがたりを語る。単調な草原の景色や生活でも、アングルを工夫することで、生き生きとつやつやしく描かれる。登場人物とセリフ、さらに音楽が 極端に抑制されていて、うつくしい画像に没入できる。

ことばがなくとも指で会話するということはできるわけだ。
セリフが全く無く、映像、音のみの映画ですがとても強く心を打たれました!
描写がとても美しい!
映画JP

映画JPの感想・評価

3.0
実話に基づく。序盤から台詞がないからまあそういう演出なんだろうなと思ったら、最後まで台詞がないのは驚いた。斬新な映画。水。ジャケットはカッコいい。美少女。
CHK

CHKの感想・評価

4.9
台詞の一切ない映画。
どこのシーンをカットしても写真のような映像美で鮮明に頭に刻まれる。
全体的に穏やかに進んでいくこの映画の突然すぎるラスト。しかし、美しかった...それまでもが美しかった。この監督の意図は分かりやすかった。だがラストをそんなにも美しく描いてしまって良かったのか。美しさが核心を薄めてしまったようにも感じとれた。
繊細かつ計算された美、全神経持ってかれるとはこういうことか。ある意味衝撃な作品に出会ってしまったよ...

無声映画 2015年最も美しい映画とも言われた作品 これに関しては間違いないと思う。

しかしこれは好きと言えないなー
これ好きって言えるの中々の映画通じゃないと無理だなー

ただ観て損は無いと思います。

写真集にできるくらいカットの美しさ
めちゃくちゃこだわりを感じる

この作品から四年経ってる訳だけど
新作かなりの期待

反核作品としては最高傑作
coro

coroの感想・評価

3.9
道なき道を駆け抜け家路を急ぐひとりの男。どこまでも広がる大平原にぽつりと佇む藁ぶき屋根の小さな家。風にたゆたうカーテンの隙間からおさげ髪の少女が顔をのぞかせる。何の会話がなくても分かり合えるふたりだけの静穏な空間が心地いい。やがて眠りについた父を気遣い優しく介抱する健気な娘。
そんな父と娘の慎ましやかで穏やかな日々の様子を、ゆったりと流れる極光のように、光で影ができるのではなく影の中を光が生きているような感覚で描かれる、誇張されたものを一切排除した静閑な無声映画。






以下ネタバレ

自由を奪われた羊の背後に広がる青い空。そこに浮かんだ雲がまるで自由に駆け巡る羊たちのように見えるオープニングシーンとは裏腹なエンディングの雲を見て、登りかけていた朝陽も夢見心地な笑顔も姿を隠す。
metamegane

metameganeの感想・評価

3.7
ポツンと一軒家
とてつもなくセンスの良いカメラマンの写真をずっと見ているような作品でした。
>|