ダークナイトの作品情報・感想・評価

ダークナイト2008年製作の映画)

The Dark Knight

上映日:2008年08月09日

製作国:

上映時間:152分

4.2

あらすじ

「ダークナイト」に投稿された感想・評価

YU

YUの感想・評価

4.0
バットマン
DC

評価点高いだけあってストーリー性というかジョーカーがすごい
サイコパス高いと思う笑
MARVELと違ってアクションシーンは少ない

このレビューはネタバレを含みます

'JOKER' を観たので、ジャック・ニコルソンのジョーカーと、ヒース・レジャーのジョーカーをおさらい。

いやー、私が思うところの「ジョーカー」像は、ジャック・ニコルソンが一番近いと思うんですが、一番キレてるのはヒース・レジャーのジョーカーだよね。「狂犬」って言われてたけど、まさにその呼び名がピッタリ。

なんかいっつも濡れてて、くちゃくちゃプルプル、忙しなく動いてバットマンにじゃれて。キレてそうでキレてなくて。意外と常に冷静。「勝てない」感満載。

'Hit me!!' 'Hit me!!' 連呼してバットポッドの前に仁王立ちするあたり、ジャック・ニコルソンのジョーカーと共通だけど、やっぱりクレイジーです。自分の死すら恐れない人に勝てないでしょ。

でもジャック・ニコルソンに比べたらすごーくすごーくシリアス。
時たま、ジャガイモむきとか、ナース姿への扮装とか、笑わしてくるとこあるけど、基本どシリアス。
ドクター姿でも良かったはずなのにね(笑)

お金を燃やすエピソードとか、ジョーカーと二人きりになった警察官がまんまと罠にハマって人質になってしまったのも、ジョーカーが「ただの悪党には理解できないキレ者」であることがわかるエピソードで、効果絶大だった。

もう散々言われてるだろうけど、ヒロインがマギー・ジレンホールになっちゃったことで色々と番狂わせ感もありますが (なんかレイチェル死んだのにあんまり悲しくない。アレ?)。
これ私、お恥ずかしながらキルステン・ダンストだと思っておりまして。
「何でスパイダーマンと同じになってんの?」とか思ってしまってました。

「'ジレンホール' なんて珍しい苗字、滅多にいないからジェイク・ジレンホールと関係あるのか!?」と思ったら、まさかのお姉ちゃんなんですね。似てるような、似てないような。

ジョーカーの紫の服は、この色が一番いいですな。アルフレッドもマイケル・ケインだし、モーガン・フリーマン出てくるし。マイケル・キートンはほうれい線気になりすぎるから、配役はノーランが監督したシリーズが一番好き。何よりメガネ & ヒゲのゲイリー・オールドマン最高。

好き (イメージ通り) なのは、ジャック・ニコルソンのジョーカー。
最高だと思うのは、ヒース・レジャーのジョーカー。
ジョーカーとしては違和感あるけど、素晴らしい泣き笑いのホアキン・フェニックス。

ジョーカーって最後どーなったんですかね? 死なせるにはもったいなさすぎる悪役ですから、また (監督が) 使うつもりで殺さなかったと思ってるんですが。
アーカム送り?

でも当のヒース・レジャーが亡くなってるからねぇ… いつか彼を超える人で再対決するんかな。アーカム送りになったら多少人相やキャラ変わってても成り立ちそうだけど。

途中、ジョーカーが過去の話をする時になぜか現在形で話していることに気づき、(顔の傷エピソードも 3 つくらいあるし)「過去と未来を混同してる (くらい精神異常) のかな?」 と思ったら、「史的現在」というものらしい。

眠いからまた明日 (historic present)
ティ

ティの感想・評価

4.5
ジョーカー観ると観たくなりますよね
ヒース・レジャーのジョーカーの方が予測不能で怖い
Kyon

Kyonの感想・評価

4.4
狂気じみたジョーカー、最初は恐ろしかったが途中からクセになった。
今までの常識から逸脱した『悪』に魅了されて最後の最後まで映画の世界に引き込まれた。これぞ名作。
こちらのジョーカー、めちゃくちゃ好き・・・・・・・1mmも容赦なくて最高です・・・・・
Miyuki

Miyukiの感想・評価

4.0
前半のマフィア云々の展開は少し退屈さを感じてしまったけど、バットマンとジョーカーと対峙したあたりから後半〜ラストまでのスピード感と展開には引き込まれた。
ダークナイトって、ジョーカーのことを指してるものと思ってたけど、本当の意味はそこにあったのね…。
ゆう

ゆうの感想・評価

4.5
いろんなジョーカーがいるが、個人的にはヒース・レジャーのジョーカーが1番好き。
バッドマンとジョーカーが表裏一体、お互いがいないと存在意義が証明できないというジョーカーの主張するシーンは目が離せない。

ハービーデントがトゥーフェイスとなってしまうシーンも、正義が歪んでいくのを止められないバッドマンの気持ちを考えるとなんとも言えない。
ジョーカーに気をとられがちだけど、やっぱりバットマンの物語なんだなと実感。
ヒース・レジャーも凄いけど、ジョーカーの狂気を味わいたいならジョーカーを観ればいい。

シケた面してるといいことはないね。
あとレイチェル老けた?
このシリーズ、好きな人は大好きなんだろうなというのは分かる。でも自分は、そうではない。
公開当時間違いなく劇場に観に行ったのだか、「ジョーカー」熱の熱い内に…と今回見返しても、まるで「観たことある!」がない。
いちばんアガったポイントも、オープニングシーンでチョイ役で出ているのがプリズン・ブレイクの人!っていう。
長くてちょっと飽きてしまう。あと、ヒロインの顔が好みじゃない。新キャラは、何でもコインで決めすぎ。
だけど今作でも2人の爺やに支えられて暗躍する金持ち坊や、それなりには面白かったです。
MARQ

MARQの感想・評価

3.1
ジョーカーの予習に。
うーんけっこう最後まで観るのが辛かった。長い。ヒース・レジャーの演技はすごいけど、ジョーカーというキャラクターにそこまで惹かれず。
どちらかを活躍させるためにどちらかがバカな行動をするのは仕方ないことだけど、繰り返されるとやっぱり冷めてくる。
>|