『恋』に投稿された感想・評価

moo

mooの感想・評価

4.0

このレビューはネタバレを含みます

まいった。さすがジョセフ・ロージー。
孤高の天才ながら、きめ細やかな演出により無駄の一才を省くような職人技まで見せてくる。

華やかなブルジョワ生活の陰で辺境に追いやられる男女の悲哀。
その悲劇の物…

>>続きを読む

屋敷,ハンモック,ベラドンナ,街買い出し,夏服誕生日プレゼント,レストラン,プティング,馬競売,鹿群れ,グリーン服,川,小作人,鍵付き本,黒魔術書,藁降り,膝斧当たり,温度計,メッセンジャー役目,手…

>>続きを読む

カンヌ・パルムドール受賞作。監督は「召使」(1963)「銃殺」(1964)のジョセフ・ロージー。思春期を迎えた少年の初恋悲話を描く。原題は「go-between(伝言人)」。音楽はミシェル・ルグラン…

>>続きを読む
アノ

アノの感想・評価

3.8

ほろ苦い少年の初恋の破れる様というおねショタあるあるな話をこんなにも禍々しく撮ってしまうロージー。誕生日会に現れない娘を探すマーガレット・レイトンの形相たるや!怖い怖い。
フッと放り込まれる未来の描…

>>続きを読む

このレビューはネタバレを含みます

恋の使者として弄ばれた少年の夏

 13歳の少年レオはブルジョワの友人マーカスの家で夏休みを過ごす。レオはマーカスの姉マリオンと買い物に出かけ、グリーンの服を贈られる。マリオンと親しくなったレオは彼…

>>続きを読む

やー最高。内容はわかっていても、時間軸の運びたまらなく興奮する。ベラドンナに魔術にハンカチについたウサギの血やら、藁の滑り台のゾワッとする恐ろしさ。不吉なモノが陳列しまくっている。13才のアイツはま…

>>続きを読む

ジョセフ・ロージー監督×ジュリー・クリスティー主演。
もうすぐ13歳になるレオは、上流階級の友人マーカスの屋敷でひと夏を過ごすことになり、マーカスの姉マリアンの清楚な美しさに淡い恋心を抱く。マリアン…

>>続きを読む
一人旅

一人旅の感想・評価

5.0

第24回カンヌ国際映画祭パルムドール。
ジョセフ・ロージー監督作。

英国人作家:L・P・ハートレーが実体験に着想を得て執筆、1953年に刊行された小説「The Go-Between(邦題:恋を覗く…

>>続きを読む
純朴な少年が性格の悪すぎる一家とその小作人に振り回されて世界の約束を知る話

構成は面白いし景色も綺麗だけど、頻繁に流れる不穏なテーマ曲がダサすぎていちいち萎える
Baad

Baadの感想・評価

4.3

70年代前半は、イギリス映画がとりわけ素晴らしかった時代だったような記憶がある。当時評判だったらしいこの作品をつい一年ほど前に見たが、映像のすばらしさは予想以上。

コスチュームプレイなのにシルエッ…

>>続きを読む
>|

あなたにおすすめの記事