この庭に死すの作品情報・感想・評価・動画配信

「この庭に死す」に投稿された感想・評価

墜落した旅客機の荷物の中からドレスや宝石を取り出して身綺麗になるシーンがよかった。
U

Uの感想・評価

-
2021.11.5 u-next #140

シモーヌ・シニョレの体当たりの演技。
mayuko

mayukoの感想・評価

3.5
ブニュエルならではの絶対に脱出できないシリーズ!
皆殺しの天使やブルジョワジーのryに比べてこの人たちにはどうか脱出できてほしいと願ってしまいました

ただブニュエルにしては初期作品だからか宗教批判への皮肉ぷりが物足りなく寂しい

若干の退屈さはあるもののピコリンの10円ハゲを見てれば大丈夫だと思います
Momoka

Momokaの感想・評価

3.0
前半と後半違う映画みたい
そういうラストなのか〜〜〜おもしろい
Ricola

Ricolaの感想・評価

3.6
カオスにカオスが重なったような状況。
とは言え、たっぷりとお膳立てをしたあとに文明社会への皮肉を突きつける、その姿勢はさすがの容赦のなさである。

鉱山近くの街を舞台に群像劇が前半には繰り広げられるが、後半では無人島サバイバルが描かれる。

暴力的で野蛮な男シャーク、神父様、耳が聞こえない少女マリアとその父でマルセイユでレストラン開業を夢見るカスタン、そしてカスタンが好意を寄せるジン…。
全くバラバラな彼らであったが、サバイバル生活を余儀なくされるのだ。


この作品において、まず火の明かりが印象的である。
彼らのサバイバル生活の前から、ろうそくなど照明としての火は何度も登場している。
暗い部屋の中での明かり、人が他の人を識別したり道を行くために火を使う。
そしてサバイバルが始まると、火は命綱のような存在へと変化する。
人間を温め、団結させる。しかしその光である火も、もちろんだが自然の摂理には抗うことができないのだ。

それからシャークという人物。
彼はすぐに手を出し、気に入らないと人を叩くし、支配しようとする。
彼の行き過ぎた行動に誰も口出しできないようだが、神父様だけは彼を少しは制止できるようだ。
しかし、サバイバル生活では彼のこの強気な態度を皆必要とするのだ。
雨の中濡れながら眠りにつかねばなならないシーンで、シャークの両膝にそれぞれ二人の女性が頭を置いて眠る。
マリアは父の近くで寝ていたが、途中で隣のシャークに身を委ねる。
こうやって、シャークは無人島において信頼を得ていくのだ。

「神は見放した」
「罪人もそうでない者も死ぬんだ」と、カスタンは言う。それに対して生きることを諦めないシャーク。彼は神がどうこうという理由で生きようとしているわけではない。
このように、宗教的要素はやはりこの作品でも散りばめられている。
サバイバル生活中に神父様はおもむろに聖書を開くが、ページを一枚破り、それをまた元に戻してしまう。
宗教や神様だって、こんな状況では無意味なのかもしれない、と。

やはり神の不在を突きつけてバカにするのかと思いきや、過酷な状況での「奇跡」と限界状態の人間を対峙させる。
その宗教的文脈でブニュエルが最終的に揶揄したかったのは、欲まみれの人間だったのだろう。

少々強引な展開があったのは否めないが、ブニュエルらしい宗教的皮肉と登場人物たちに嘲笑を浴びせるような視線はさすがだった。
ひば

ひばの感想・評価

4.6
わたしこれすき!パーティーを紹介するぜ!罪を被せられた余所者ならず者、金がほしいだけなのに巻き込まれた娼婦の姉ちゃん、姉ちゃんと結婚したいだけなのに罪を被せられた良いじいちゃん、喋れないけど逞しいじいちゃんの娘、彼らを庇った神父様。深い森で先にねをあげるのは誰かな!ほんとに面白かった。なんだこのメンバーは?になってからのツイストがすごい面白い。前半での会話劇から理解する境遇や負傷度、どんな人生を送ってきたかで運命が決まる。血縁が一組だけいるのもきいてる。後半は音楽なし、森の静けさしかない。皆疲れて話せなくなる分どんな些細な行動も見逃せなくなる。蛇や聖書のシーンはもちろん、前半でとんとんと道に従って階段を降りてくる火もかわいくてよかった。
あれじゃんポンジュノ大先生が言ってたお手本みたいな映画。「明らかな悪党も天使もいない映画で、みんな適度に悪く、適度に善良で、適度に卑怯で、適度に正直な人々がもつれて破局に至ります。私たちがニュースを見るとき、結果だけ見ます。それは誕生日パーティーの芝生の上で起きた結果だけです。でもそこには私たちが簡単に察知できない長い脈絡があるんです。映画はそんな結果に達した微妙な段階を2時間にわたって追っていける、それが映画の力ではないかと思う」
なすび

なすびの感想・評価

4.0
前半は軍事政権vs民衆の争いをけっこうまじめに描いていて軍事政権って最悪だな、、、と思う内容。後半は船での逃亡劇だったり密林でのサバイバルがたのしい。そして最後、だれも予想できなかったような斜め方向のラストで後味がわるい。なんだか三度美味しいような見応えがある。

ブニュエルの映画久しぶりに見れて嬉しかった〜こういう掘り出し映画U-NEXTもだし他の配信サービスでもバンバン配信してほしい!

この前ヴァルダの『百一夜』を見たあとだったのでミシェリピコリが(若い!)出てるだけでテンション上がる。しかも牧師の役、いつも悪役とか特にブニュエルの映画だと変態の役とかの方が印象的だから変なかんじ。でも、この人の魅力がすこしわかった気がする。卵の話をしはじめるところ好き。

シャークって名前(苗字?)の人ってほんとにおるんや…?🦈
eMa

eMaの感想・評価

3.6
ブニュエルって、
いろんな映画撮れるんだなー。
あとシモーヌ・シニョレがすてき。
それからもうひとつ、イメージとして残ったのが、破られた凱旋門の写真。
Tatsu

Tatsuの感想・評価

-
サバイバルまでがやたら長くて、けっこう冗長に感じる。後半の方が好き。撮影とオープニングの音楽が良かった。
落伍者

落伍者の感想・評価

3.0
エゴがむき出しになって仲間割れするとこは良かったが、もっと露悪的でもいいのにとなる。宝石盗ったり、聖書のページ破って焚き付けにしたりするのって公開当時は今よりもっと反社会的な行為だったんだろうな。
>|

あなたにおすすめの記事